2020年は進歩のある年にしたい

Kenichiro Tsukada
Jan 10 · 2 min read

明けましておめでとうございます。

今年もallout beat がバンコクで開催され、各選手はそれぞれのホームコートに戻っていきました。

湿度の高い最初の3日間から、4日目からバンコクの乾季を感じさせる35℃の快晴が続く中、12日間のキャンプが無事に終了しました。

昨年と同じThana cityで開催されたキャンプだが、環境に慣れたせいか
自分が何かテニスを観る眼が変わったという所。

今までは、コーチである以上、選手の得意なショットを伸ばしたり、不得意な部分を修正したるすることに眼がいきがちでした。
それがいいコーチ、指導者であるみたいな勘違いをしていてかもしれません。

今回はそれ以上に、選手のテニスに対する意欲や価値観などを会話することにより、選手から新たな発見をさせてもらいました。

2020年は小手先の技術だけでなく、自分の経験や失敗を正しく伝え、選手に希望や、夢を与えられる指導者に近ずきたいと思います。

2020年もよろしくお願い申し上げます。

皆様の朗報をバンコクで楽しみにしております。

allout

テニスキャンプやその他の情報を。著名なコーチ陣がエディターです。

More From Medium

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade