工事も月額費用も不要のホームセキュリティ「Butterfleye」

昔、自宅マンションの1階にあった雑貨屋が夜中空き巣被害に遭い、朝起きたら玄関に立入禁止のテープが貼られていて腰を抜かしたことがある。

空き巣なんてめったに起こるもんじゃないと気にかけたこともなかったが、この一件で急に怖くなり、ホームセキュリティの導入を考えたことがあった。

しかし実際に話を聞いてみると、工事が必要、毎月の費用も安くない。ということで導入は断念した。ホームセキュリティの「導入が大変」「価格が高い」という問題は、その時からほとんど変わっていないように思える。

この問題を解決しようとしているスタートアップが「Butterfleye」だ。ただ防犯用途のみでなく、コミュニケーションにも使えるIoTだ。

同製品は顔や学習型のパターン認識機能を備えており、家族やペット、風に吹かれて動いたカーテンなど不審でないもの、特に異常でないものは映さないアルゴリズムを採用。異常のみを確認しやすく、むだな通知や録画を抑えることができる。また通信機能も備えていて、いたずらしている犬を注意したり、家族間でコミュニケーションを取ることにも使えるのが特長だ。

同製品はクラウドファンディングのIndiegogoで目標金額の10万ドル(約1200万円)と設定したところ、開始半日たらずで30万ドル(約3600万円)を超えるほどの人気ぶりを得、現在は60万ドル(約7200万円)以上集めている。初版6000台はすでに売り切れ、現在は来年5月発売分のオーダーを受けつけているところだ。

誰かのためになるようなものをテクノロジーを使ってつくりたい

創業者はイランの首都テヘラン出身のBen Nader(以下ネーダー)氏。小さなころからテクノロジー好きで、父親との思い出は「LEDライトをつないで遊べるキットを買ってもらったこと」。またおもちゃのモーターやライトなどをいじって遊んでいたという。

そんなネーダー氏は早くに父親を亡くし、高校1年生のときに米国オレゴン州ポートランドに移住することになった。当時は英語もあまり話せなかったため、学校にあまりなじめなかったが、その分英語や数学、科学などの勉強に深く打ち込んだ。そのおかげで多くのことを学ぶことができ、「これで米国で夢を追うことができる」と思えるようになったそうだ。

その後オレゴン州立大学に入学し、このときIntelでのインターンを1年経験。周りの友達はみな4年で卒業するところ、5年かかってしまうのは不安ではあったが、ただ理論を学ぶのでなく、実際にエンジニアや数学を応用する世界を知ることができた。卒業後は半導体メーカー大手のMaximTexas Instrumentsのプロジェクトマネージャーとなり、世界中を渡り歩いた。

こうして実践的な知識を深めていったネーダー氏だったが、とあるきっかけからホームセキュリティシステムに対する不満を持ち、自ら新しい製品をつくることになった。

発端は30歳の時のこと、自宅に泥棒が入り、高価な自転車を盗まれるという事件があった。そこでホームセキュリティシステムを買ってセットすることにしたが、この作業が大変で、カメラやセンサーに詳しい同氏でさえ、セットアップに3日もの時間を要した。

ドリルで穴を開けてワイヤーをつなげ、ルーターのセッティングに追われる作業にうんざりしたネーダー氏は、もっと簡単な手間でできる製品にすべきだと考えた。

念のため、周りの人たちにも話を聞いていると、毎月お金を支払ってホームセキュリティサービスを利用している人はほとんどいなかったが、わずかに見つかった「自分は使っている」という友達も、アラームをセットするのが煩わしいんだ、と手間の煩雑さに対する不満を持っているようだった。

これらのことから、ホームセキュリティに対して新しい商品を作る余地はある、と考えたネーダー氏は、試行錯誤のうえ、より簡単に扱えるホームセキュリティカメラ「Butterfleye」を開発することになったのである。

「受動的でない」ホームセキュリティカメラ

Butterfleyeは初版6000台をすでに売り切り、現在はプレオーダーのみを受け付けているところで、価格は220ドル(約2万6000円)だ。1つ予約すると50ドル(約6000円)の割引、2つなら150ドル(1万8000円)、3つオーダーすれば243ドル(約2万9000円)の割引をプレオーダー特典として受けられる。

同製品の1つ目の特長は、設置やセットアップの準備が非常に簡単なことにある。端末はWi-Fiでスマートフォンアプリと接続可能で、1回充電すれば2週間ほど持つバッテリを備えているため、普段はコード類を接続する必要がなく場所を問わず設置することができるし、セットアップは2分で完了するそうだ。

2つ目の特長は、かなり高度な認識技術が用いられており、動いている対象が人間なのか、どの人物か、どういう行動パターンを持っているかまでも学習する点だ。たとえばペットを飼っている家で、そのペットが普段から家の周りをうろうろしているのであれば、それが普段の行動パターンだと認識するのだという。

そして住人やペットの普段の行動パターンや、カーテンが風に吹かれている程度の動作については自動的に「不審ではない」と判断し、録画を行わない。これにより利用者も本当に必要なときだけ通知を受けられるし、録画にかかる電力が抑えられ、バッテリーを長く持たせることにもつながる。

また、スマートフォンを通してリアルタイムのチェックや通話が可能であることも大きな機能だ。たとえば飼い犬がリビングのカーペットを引き裂こうとしているとカメラが作動し利用者のスマートフォンに通知するので、「カーペットを噛むのをやめさない」と叱ることもできる。

なおデフォルトの設定では、利用者のスマートフォンが敷地内にあればButterfleyeは利用者が家にいると認識して撮影を行わないが、設定も変更できるのこと。また複数台のスマートフォンと接続することも可能で、ただセキュリティチェックに使うだけでなく、ペットやベビーモニターとしても使ったりライブチャットで家族と話す用途で使えるなど、実際に生活に役立つ機能が満載となっている。

またネーダー氏にはButterfleyeの高い認識力を活用して、さらに役立つ製品に仕立てていくプランもあるという。

”イメージ認識力が改良されるにつれて可能性は無限大になると思う。窓が開きっぱなし、あるいはコーヒーポットの電源が入ったままだったら知らせる、というふうにね。”
 — ネーダー氏

その他にもサーモスタットや電球などと連動し、帰宅前に先んじて電気をつけたりできるようにするプランもある。現在のところは「簡単に使用できる監視カメラ」程度だが、これははじまりにすぎず、スマートハウスの中核を担うような製品に育てていくことを目指しているとのことだ。

Like what you read? Give Tomo Amaguchi a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.