APIS拡張性の2番であるSmart Contract on Canvas

こんにちは。APISサーポトの皆さん。
今日はAPISの拡張性の2番であるSmart Contract on Canvasについて調べて見ます。

ビットコインのビットコインスクリプトがイサリアムのスマートコントラクトに拡張され、スマートコントラクトプログラムは、現在、ICO募金活動とトークンの発行、身元照会、分散

型ファイルストレージなど、様々なアプリケーションに利用されてブロックチェーンベースマネーの応用分野を広げている。しかし、スマートコントラクトを構成することにより、開発

者中心の機能の具現に焦点を合わせている場合が多く、ユーザーのUIが考慮されず配布されているスマートコントラクトがほとんどである。また、ユーザーがスマートコントラクトを

利用する際に、各仮想貨幣に提供するコアプログラムやWebベースの応用プログラムで独自的に提供するUIをそのまま利用する必要があるため、同じスマートコントラクトでも利用

方法にばらつきが発生し、ユーザに混乱する可能性がある。これにより、ユーザーは、スマートコントラクトを利用するために、別途の案内を提供して貰ったり経験者の助けが必要

になる場合が発生する。そのため、スマートコントラクトが大衆的に普及難しいのが現実である。したがって、仮想貨幣が実生活でより密接に通用し、底辺を拡大するためには、ス

マートコントラクトのUIに対する改善が必要な実情である。そのためにAPISは「スマートコントラクトオンキャンバス」機能を具現し先に述べた問題点を改善しようとする。

開発者は、スマートコントラクトをブロックチェーンに配置する際、HTMLコードで作成されたUI要素(キャンバス)を一緒に登録することができる。キャンバスは、一つのHTMLファ

イルとして行われる、内部にCSS、Javascript、画像を含むことができる。Javascriptコードは難読化(Obfuscation)して含めることができる。しかし、スマートコントラクトがユーザーにデータ処理過程を公開するために、難読化は使用しない。画像ファイルは、Base64エンコーディングを使用してドキュメントに登録する。キャンバスでJavascriptで具現されたSmartContractに対象を呼び出し、スマートコントラクト具現されたメソッドを利用できる。キャンバスを具現したHTMLファイルは、ブロックチェーンに保存されないため、開発者は、キャンバスファイルをWebア

ドレスにアクセス可能な環境を提供する必要がある。スマートコントラクトにCanvasLocation変数を作成し、このアドレスを割り当てることができる。また、スマートコントラクトでキャンバスの内緒の変更(ユーザーに告知していないアップデート)を防止するために、キャンバスのコード全体をSHA-256ハッシュ化して、スマートコントラクト内のCanvasHash変数に

保存する必要がある。これにより、応用プログラムでは、スマートコントラクトのキャンバス存在を判断し、GUIを構成して、キャンバスの無結成を検証できる

ありがとうございます。

APIS team