APIS拡張性の3番である”Address Masking”

こんにちは。APISサーポトの皆さん。
今日はAPISの拡張性の3番であるAddress Maskingについて調べて見ます。

仮想貨幣を利用するにあたり、個人キー(Private Key)から派生した公開キー、そして公開キー(Public Key)から派生したアドレスは、セキュリティ面で非常に優れている。しかし、複雑な文字の種類により、コピー、貼り付けまたはQRコードスキャンのようにプログラムの支援を受けずにはユーザー間の伝達が難しく、アドレスの記憶も難しいので、利便性に優れているとは限らない。メールや電話番号を日常生活の中で利用するように仮想貨幣のアドレスも日常生活で使用されるにはこれらの複雑なアドレスの形式は、改善される必要がある。APISは簡単なアドレスの使用が可能なAddress Maskingコンセプトを具現しようとする。

ユーザーは、APISコアプログラムを介して誰でも簡単にアドレスを登録できる。簡単なアドレスはJohn@ meのように名前の部分(John)とセパレータ(@)、ドメイン(me)で構成

されている。これらの簡単なアドレス体系を使用し、所有者が誰であるか、より容易に認識し、アドレスを伝達する際に発生する問題を解決する予定である。但し、ドメインの場合、企業、商店、団体などに帰属され、任意のユーザーにより、アドレスが生成されるのを制限する場合が発生する可能性がある。(アドレス詐称による被害を防止するために)そのため誰でも自由に利用できるドメインと承認が必要になるドメインとの区分しようとする。誰でも使用可能なオープンドメインは、以下の通りに、ユーザーの要求介して、より多くの人に拡散できる。

Open Domain:me(個人の財布)、edu(教育機関)、com ( 企業)、org(機関、団体)

ドメインの所有者は、そのドメインのアドレスの割り当て(Masking)権限を持ち、所有者の証明介し、他人に権利を譲渡することができる。また、マスキングアドレスの所有者は、個人キーを使用した所有者の証明としてマスキングされたアドレスに接続された財布アドレスを変更できる。マ ス キ ン グ ア ド レ ス ま た は ド メ イ ン の 紛 争 発 生時 に 国 単 位 の 紛 争 調 整 機 構 に よ る 決 定 に 沿 っ て 所有 権 限 が 変 更 さ れ た り 剥 奪 さ れ る 恐 れ が あ る 。

マスキングアドレスの無分別な生成を防止するために、マスキングの際に一定の手数料が発生する

ありがとうございます。

APIS team