APIS マスターノードプラットフォーム#1

今回アピス自体マスターノードの特徴とapisプラットフォームに対する理解出来るようにお手伝い致します。

  • アピスマスターノードと他のコインのマスターノード構築がすべて可能アピスプラットフォーム

APISプラットフォーム上でユーザーはAPIS独自のマスタノードとAPIS Platformに登載された様々なコインのマスターノードを構築できる。

ユーザーは、各コイン別ROIと利子支給時期などを考慮し、本人の投資性向、投資環境に適したマスターノードを選択できる。

また、APIS Teamでは、投資者資産を保護するため、選別的にマスターノードコインを登録する予定。

APIS Platformでは、ユーザーがAPISとAPISチームが選別し登録した様々なコインを使用し、マスターノードを構築できる。

  • 最小構成量の制限なく構成できるAPISプラットフォーム(タコスのマスターノード)

マスターノード投資の参入障壁の一つである最小構成量を低くした点が挙げられる。

例えば、健太郎は安定した投資収益のためにDASHマスターノードを構成したい。

しかし、健太郎が保有DASHは100個しかないため、DASHマスターノードの最小構成量である1,000個を満たしていないので、独自にDASHマスターノードを構成することはできません。

(3/12コインマーケットキャップ基準Dashの価格は約56000円で合計で約5650万円が必要)

しかし、APISプラットフォームを利用すると、選択マスターノードへの投資持分に対し報酬を貰うので、仮想貨幣で決めた最小構成量にとらわれず、小額でも安定した投資収益を得られるマスターノードへの投資が可能である。

APIS Platformでは、ユーザーは、自分が保有した分、構築を希望する仮想貨幣のマスターノードの持分を貰う形式である。

詰り、APIS Platformを活用すれば、100個のDASHコインだけでDASHマスターノードを構成できる。 健太郎は100個のDASHをAPIS Platformに送金後、マスターノードの構築を申請するとDASHマスターノードの1つから出る全体補償の100/1,000(投資した持分の分)を受け取ることになる。

  • 最小構成量が非常に低いAPIS独自のマスタノード

APIS自体マスターノードは小さい資本でもマスターノードを構築できる。

1段階であるジェネラルの場合に限って50,000 APISでマスターノードを構築できる。

(* ICO Public Sale交換比率基準10QTUMの価値)

APISマスターノードは、他のコインのマスターノードとは別の方法で最小構成の量が非常に低く、共有マスターノードの概念を導入していない。

  • 技術的な知識がなくても、マスターノードの構築が可能なAPIS Platform

マスターノードの投資の先ほど申し上げたまた違う参入障壁の一つである、マスターノードの構築と維持に技術的な知識が必要である。基本的に、マスターノードを構築するためには、マスターノードが継続的に動作専用サーバーを構築する必要がある。そして、一定レベル以上のITの知識がない一般投資家がアクセスするには、大きな参入障壁である。例え、専門知識があっても、持続的に該当仮想貨幣が要求とするアップデートなどを継続的に管理しないと、マスターノードの動作が止まったりし、投資収益率に悪影響を与える可能性がある。

しかし、APISプラットフォームを利用する時、投資者は、ITの知識が無くても何回クリックするだけで、構築したいのマスターノードへの投資をすることができ、投資持分に該当するマスターノードの報酬を貰える。

ありがとうございます。

APIS team.