APIS — Mainnet countdown(Token Swap), Platform open Beta

こんにちは、APIS Teamです。

多くのサポーターの方々がお待ち頂いたAPIS Mainnetランチング日程をお知らせします。

2018年12月29日13:00(UTC + 8)Mainnetが発表されます。

ジェネシスブロックが生成された後、APISブロックチェーンの基盤をなすコントラクトを(ミネラルシステム、アドレスマスキングなど)を設定する時間が必要であり、ブロックチェーンの安定性のために、約1時間の間(450 Block内外)APIS TeamでPOS採掘を進めてこの時生成されたAPISはすべて焼却されています。

また、APIS Platformオープンベータとの両方向スワップシステムが進行されます。

追加で両方向スワップの際に混乱を防ぐために[ERC-20 APIS Token]と[APIS Mainnet Coin / APIS]に区分され使用されます。

該当事項は以下の理解がしやすいように詳細に説明頂します。


1. APIS Platform Open Beta

APIS Platformオープンベータを開始します。これにより、以下のようなサービスを利用することができます。

1.マスターノードに参加ができます。

1) 入金されたAPISを利用して、APISマスターノードとDASH、PIVX、SYSのマスターノードに参加できます。

2) 現在、他のマスターノードの最小参加数12,500 APISで今後変動する予定です。

3) 他のマスターノード中途解約時のキャンセル料は約3%であり、Mainnetローンチ後、今後変更する予定です。

4)「APISを除いた他のコイン」の出金は円滑な両方向スワップシステム安着のために、しばらく保留されます。

5) APIS PlatformでAPISマスターノードの参加時に各段階ことに50,000 / 200,000 / 500,000 APIS以上があっても参加が可能です。 (自分のアカウントに正確な量以上があっても参加可能)

2. 両方向スワップをサポートします。

両方向スワップはAPIS Platformを介してのみ利用できます。両方向スワップは、メインネット切り替え時に発生する不便と混乱を減らすために設計された両方向の間のトークン交換システムです。

※詳しいご案内は、下部の注意事項で確認してください。

3. APISコインの入金と出金をサポートします。

APIS入金はAPIS Platformのオープンベータ開始と同時に可能です。

APIS出金は2018年12月29日から可能であり、最初の入金後72時間後から可能です。 APIS Platformと初期のメインチェーンの安定化のために、一定期間の自動出金と手動確認が並行される予定です。徐々に自動出金の割合を広げて行くよう努力します。

プラットフォームとメインチェーンの過負荷をモニタリングのための引き出し限度と時間制限があります。これにより、出金可能時間と制限をお知らせします。

[最小入金による手数料]

5,000 APIS未満:500 APIS手数料が発生
 — 少額入金による過度のトランザクションに悪意のあるサーバーへの攻撃を防ぐために小額入金時、基準以下のコイン入金したら振込手数料がかかります

最初の入金後72時間後に出金が可能であり、出金手数料は1,000APIS /回です。

[出金限度]

1日出金限度:1,000,000APIS以下

自動出金限度:200,000APIS以下

[出金可能時間]

200,000APIS以下:制限なく、自動引き落とし

200,000APIS超え〜1,000,000APIS以下:平日09:00〜17:00(UTC + 8)管理者の承認後出金。

  • 時間が調整される可能性があることをご了承お願い致します。

※必読!オープンベータ利用上の注意。

プラットフォーム利用前に、下記の注意事項を必ず確認してください。

  1. オープンベータ期間中に一時的に入出金サービスはAPISのみ、サポートします。
  2. 入出金サービスを利用する前に、両方向スワップシステム案内を必ず確認してください。
  3. APISの出金は、プラットフォームとメインチェーンの安定化のために、一定期間、手動確認の方法を並行する予定です。
  4. APISの出金は、最初の入金後72時間後から可能です。
  5. APISの出金は2018年12月29日[14:00 UTC + 8]から開始します。
  6. APISを除いた他のコインの出金は円滑な両方向スワップシステム安着のために、今後サポートされる予定です。
  7. OTP紛失時、復旧が不可能です。 OTPを登録した方は、回復キーを必ず安全な場所に保管してください。
  8. 両方向スワップはAPIS Platformを介してのみ利用できます。
  9. APIS Platform利用する際、ユーザー本人の不注意により発生した損害の責任は、ユーザー本人にあります。

2. 両方向スワップ案内

既存のコインがメインネット切り替え時に進行していた手順についてサポーターの方々の不便や混乱を減らすためにAPIS Platform(https://apis.mn/)を利用したAPISだけ独自技術である両方向スワップシステムを導入しました。

両方向スワップシステムを利用すれば、ジェネシスブロック生成後のスナップショットやトークンの移動制限など不便や混乱を効果的に減少させることができます。

サポーターの皆さんはAPIS Platformを介して、別のスマートコントラクト作成やスナップショット手順なしで簡単にトークンスワップを完了できます。

[既存のコインのメインネット切替時]

既存のコインの場合、メインネット切り替え前の個人の財布の利用者は、別に指定された取引所や、スワップをサポート指示に従ってトークンを送信する必要と、その後取引所の入出金停止とスナップショットが行われ、スワップの期間中、メインネットサービス利用が不可能な不便がありました。

【APIS Mainnet切り替え時]

APISの場合、メインネット切り替え前と後に関係なく、取引所の入出金サービスを利用ができ、APIS Platformを使用して、スワップ進行した後、メインネットサービスをすぐに利用できます。これにより、既存のコインに発生した不便や混乱を解決して便利にAPISメインネットを利用するできます。

1. 両方向スワップシステムとは?

両方向スワップのする際、[ERC-20 APIS Token]と[APIS Mainnet Coin / APIS]の混同に注意してください! 【ERC-20 APIS Token]と[APIS Mainnet Coin / APIS]は、トークンとコインで完全に別のものです。

両方向スワップは、ユーザーの必要に応じて[ERC-20 APIS Token]をメインネットコインの[APIS Mainnet Coin / APIS]で、[APIS Mainnet Coin / APIS]を[ERC-20 APIS Token]に切り替えることができる両方向スワップシステムです。

【ERC-20 APIS Token]と[APIS Mainnet Coin / APIS]の違いは、下の図を参考にしてください。

【ERC-20 APIS Token]

ERC-20 APIS Tokenはイーサネットリウムベースのトークンとして取引所とイーサネットリウム系財布で使用することができますが、APIS CoreまたはAPIS系財布では使用できません。

【APIS Mainnet Coin / APIS]

APIS Coinは、メインネットコインでAPIS CoreまたはAPIS系列財布で使用できますが、取引所とイサリウム系財布では使用できません。

但し、APIS Platform(https://apis.mn/)は、[ERC-20 APIS Token]と[APIS Mainnet Coin / APIS]全て入金が可能です。

両方向スワップシステムはAPIS Platform(https://apis.mn/)を介してのみ利用できます。

※注意事項※

  1. 両方向スワップはAPIS Platform(https://apis.mn/)のみご利用頂けます。
  2. APIS Platformを経ていない両方向スワップをしようとする行為、またはユーザー本人の出入金錯誤により足発生する全ての損害の責任は、ユーザー本人にあります。
  3. 絶対に取引所から直接APIS Coreまたは[APIS Mainnet Coin / APIS]系財布に[ERC-20 APIS Token]を送信しないでください。逆順も送信しないように注意してください。

※必読!使用上の注意事項
  1. 両方向スワップはAPIS Platform(https://apis.mn/)を介してのみ利用できます。
  2. APIS Platformを経ずに、両スワップをご利用できません。
  3. 両方向スワップを介して出金する前に、正確に[ERC-20 APIS Token] // [APIS Mainnet Coin / APIS]形式を選択したか確認してください。
  4. 絶対に取引所とイサリウム系財布からAPIS Platform(https://apis.mn/)を経由せずに、APIS COREをはじめとする、[APIS Mainnet Coin / APIS]財布に[ERC-20 APIS Token]を送信しないでください。
  5. 絶対にAPIS COREをはじめとし、[APIS Mainnet Coin / APIS]系列財布でAPIS Platform(https://apis.mn/)を経ずに、取引所とイサリウム系財布に[APIS Mainnet Coin / APIS]を送信しないでください。
  6. 個人的に取引する際にも、[ERC-20 APIS Token] // [APIS Mainnet Coin / APIS]の形式を正しく確認して慎重に取引してください。
  7. [ERC-20 APIS Token] // [APIS Mainnet Coin / APIS]の送信する際に、ユーザー本人の不注意による全ての損害責任は、ユーザー本人にあります。
  8. APIS Teamが案内していない方法で両方向スワップをしようとしたり、スワップ中のユーザーの不注意が原因で発生する損害についてAPIS Teamは責任を負いません。

サポーターの皆さんの多くの声援と関心に感謝し、ブロックチェーン市場の代表的な常用技術リーダーに成長できるように努力するAPIS Teamになります。

*チームの運営上の理由でお知らせが区分されて出ることご了承ください。