POW/POS/Masternode とは?

Pow/Pos とは

POW(Proof Of Work、作業証明)

コンピューターが演算を遂行し、ブロック生成及び検証(ネットワーク証明)に寄与した分 、補償を受ける

演算(暗号解読)のためには高性能の装備が必要になり、施設の構築や維持費用が非常に高く、採掘に消耗される電力は、エネルギー浪費として問題になっている。

POS(Proof Of Stake、持分証明)

財布(ノード)に入ってるコインがブロック生成及び検証(ネットワーク証明)に寄与した分、補償を受けること

採掘パワーではなくコインの持分による正当な意識決定が行なわれる

採掘ハッシュパワーによる中央化防止

エネルギーの浪費ないため、経済的で親環境的

持分に比例した公正な補償支給

POS採掘方式を採択したAPIS

APIS COINは’仮想貨幣投資の進入障壁を下げ、ブロックチェーンの底辺拡大’という趣旨に合わせて、公正な補償支給、効率的にエネルギーを使用、採掘パワーによる中央化防止が可能なPOS方式を採択しました。

マスターノードは

マスターノード

マスターノードは、仮想貨幣ネットワークに存在するノード(普通のネットワーク上でトランザクションを検証して転送する役割)と他の特別な機能するノードを意味する。 
 マスターノードの最も著しい特徴は特別な役割(匿名化作業、直ちに前の取引、投票の機能など)を通じ、当該仮想貨幣(利子)受領である。 
 マスターノードを構築した投資者は、当該マスターノードに一定量以上の仮想貨幣を預金しておくことで、別途の取引がなくても銀行の預金のように安定的に追加コインを得ることができる。 
 例えば、代表的マスターノードコインの一つであるDASHを2016年12月1日一個あたりUSD 8.82に1,000個を持っていたとすれば1年ほど経った2017年12月1日基準、DASHの相場はUSD 806.18としてROI(収益率)は約9040%になるだろう。 
 しかし、1年前持っていたDASHでマスターノードを構成したならば、結果が果たしてどのように変わったのだろうか?
 DASHマスターノードを通じた補償によってDASHの改修は1,000個から1,088個に増え、増えたコイン数に合わせてROIも9844%まで上昇したのだ。 
 もしそうコインの相場が持続的に上昇すれば、ROIは確かにもっと大きくなるものであり、たとえコインの相場が下がってもマスターノードで追加的なコイン補償を得るのにリスク管理も可能なシステムだ。
 しかし、マスターノードの短所はマスターノードの構成に必須条件だ。 マスターノードに投資するためには直接サーバーを構築したり、サーバー構築サービス提供者(AWS、グーグルやクラウド、AZUREなど)の助けを借りてサーバーを構築しなければならず、一定数量の仮想貨幣(Dashの場合1,000個約9000千万円)を持っていなければならない。
 つまり、大金(仮想貨幣)とシステムの構築や維持のための専門知識が短所に指摘されている。
 
 要約すると、安定的に仮想貨幣の個数を増やすことができるが、多くの資本と専門的知識が必要なものが’マスターノード’だ。

以上でPow/Pos/Masternodeを調べて見ました。

次のPostingお待ちしてください。

ありがとうございます。

APIS