イヤイヤ期のお出かけ

はるお(仮)、Sea Lionを食べるの図

妻が多忙につき、はるお(仮)を連れ出し父子で動物園へ。

イヤイヤ期が始まったと思しき子供との外出はイラっとすることの連続で、むしろイラっとしてない時の方が少ないくらい。右に行こうとすれば左が良いと騒ぎ、座ろうとすれば立てと騒ぎ、止まって動物を観ようとすれば動けと騒ぐ。さらには、楽しい?と聞けばNo!と返ってくる。楽しんでもらおうと色々やっても水泡に帰すこの感じ、父子の温度差は、東京ドーム23個分のこの巨大な動物園で僕を途方に暮れさせる。

父子の温度差。。。

それでも1日の終わりに、妻が楽しかった?と聞くと、うん!と満面の笑みで答えるはるお(仮)。その答えが、妻を安心させたいだけなのか、本当に楽しかったのかは定かでは無い。しかしその後、終始ご機嫌だったことを考えると、今日1日が無駄では無かったかもと思わせてくれる。

この半端ないツンデレ感が、また次のお出かけのモチベーションとなるのだろう。

このままずっとイヤイヤ期が続くのも嫌だけど、すぐ大きくなっちゃうのもちょっと寂しい。そう思えてるってことは、子育てを楽しめてるってことなんだと思う。

今回もお読み頂きありがとうございました。次回もお楽しみに!

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.