楽天カードに出戻り加入

楽天カードJCBを申し込みました。

学生の頃はバリバリ使ってたんですが、au wallet credit (VISA)メインにしてAMEXとJCBそれぞれプラチナで脇を固め始めてからポイント分散するのが嫌で楽天カードを解約して7年くらい経つ気がします。プラチナってそれなりに年会費取られるので同じブランドで別のカード持つのは基本的には控えたかったのです。

目的はnanacoでの税金支払い

先日、非常に無念ながら固定資産税を払う機会がありました。20万円程度ですから当然4分割してnanacoで払おうとするわけです。不可解なほど所得税払ってどうせろくなことに使われない税金ですから1円でも税金を減らしたい、それが無理なら少しでも取り返したい、ということでnanacoチャージでポイントがつくカードを調べました。いつの間にやら各カードの改悪が進んでいて、nanacoはじめ電子マネーへのチャージがポイント付与対象から外されたカードが続出していました。

各カードのポイント付与率

まず考えたのはセブンカードプラス。7&iグループだし最強かなと思いきや大したことない還元率。年会費は税金支払いに使ってる限り実質タダですが問題はそれほどコンビニで買い物しないこと。

セブン銀行に口座を作ってデビットカードを発行し、一体型もしくは手持ちのnanacoに紐づける形でnanacoポイントを稼ぐ方法もあるんですが、いかんせん、肝心のnanacoチャージでポイントがつきません。

還元率で考えるとどこのサイトでもオススメされてるのがリクルートカード。最近はmaster cardブランドも登場し、手持ちのカードの中でmasterが少ない自分には好都合です。還元率は1.2%で調べた中では確かに優秀です。しかもmaster cardならau wallet(プリペイド)にもチャージ可能。モバイルsuicaにもチャージできます。

これで決めちゃおうかなーと思ったんですが、じぶん銀行に口座持っている自分としてはじぶん銀行がたまにやる思い切ったキャンペーンでチャージする方が得だし、そもそもプリペイドのau walletあまり使わない。。(プリペイドau walletもApplePay対応予定って言ってたのにどうなったんだ)

さらにいくら還元率が良くてもリクルートポイントなんてもらったってPontaポイントに変換してさらにdポイントに変換して何に使うかって話で自分の生活にイマイチ直接的に還元されないんですよね。最近リクルートカードプラスが廃止になったり今後大丈夫なのかなってのもありますし。

楽天カードのポイント付与率

ということで一旦解約したカードだからかなかなか自分の中で候補に上がらなかった楽天カードに至りました。電子マネーチャージと楽天での買い物以外は使わないので当然年会費無料のカードです。nanacoは1%, edyには0.5%ポイント付きでチャージできます。普通に楽天カードで買い物すれば1%還元なのでわざわざedy使う状況がよくわかりません。

たかが1%でも年間20万税金払えば2000円。ちょっとした昼飯くらいにはなります。いいんですよ不公平な税金なんて1円でも帰ってこれば。あとは自動車税やらも払えますしね。

モバイルSuicaのチャージカードとして

副産物的な話ですがモバイルsuicaにもポイント付きチャージができます!現在はApplePayのsuicaのチャージにはbic camera VIEWカードを使っているんですが、オートチャージ機能が優秀とはいえ最近はそんなにJR東日本圏内に行かないしbicよりヨドバシ派だし、何よりよく考えたらオートチャージって何か意味あるんですかね?気づいた時に2万円くらいチャージしとけばしばらくチャージ忘れてても残額足りなくて困ることなんてないでしょう。ここはVIEWカードを解約してカードの増加を相殺します。

ついでにもう1枚カード減らせそう

関東方面にやたらと出かけてた時には有能だったEX-ICも最近は出番がなくJR東海エクスプレスカードがただただ邪魔になってきたので追々解約しようと思っています。9月にはスマートEXが始まるのでiPhoneだけで新幹線乗れるようになりますからね。割引はないようですけど頻繁ではないので問題ないです。

まとめ

結果的にはカード枚数を1枚減らせそうです。あとは楽天カードからのnanacoチャージでポイント付与が廃止されないことを祈るだけです。税金のクレジットカード支払いが進んでいるのはいいことですが、手数料取られちゃ何やってるかわからないので当面はnanacoの重要性は変わらないでしょう。

Like what you read? Give toshixvuk a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.