留学・ワーホリで必ずお世話になる、ずんぐりむっくりビアボトル。オーストラリアのビクトリアビター。

Australia — Victoria Bitter (ビクトリア・ビター)

Photo by Hideya Hamano (CC)

ボトルの形を見てみれば、一目瞭然ですが、なんだか、ちびっとした感じで、ずんどうなボトルですがこれが、ビクトリアビターの代名詞ともいえるデザイン、ショートネックと呼ばれるボトルなのです。

日本では、“スタイニーボトル”と言ったら少しはイメージが浮かぶかもしれませんが、オーストラリア英語では、このボトルのビールの子達を、“スタビー”(Stubbie)と可愛らしい愛称で呼んでおります。

ちびボトルのわりには、たっぷりの375mlのビクトリアビターは、冷蔵庫にも並べやすく、持ち運びが便利なので、私も好きなオーストラリアビールです。

メルボルンのアボッツフォード生まれの、ビクトリアビターは、VictoriaのVとBitterのBをとり、VB(ヴィービー)と呼ばれるオーストラリアでも見ない地域はないといえる、メジャービールのひとつです。

日本でいえば、アサヒやキリン、サッポロなどの感覚で、最も一般的で庶民に優しいビール。他にも様々なビールがオーストラリアにはあるのですが、庶民ビールの中でも特にラガーが飲みやすく、そしてしっかりとビールの味を感じる事が出来る、ビターなラガービールです。

オーナーカンパニーのフォスターズグループは、日本のアサヒにも出資をしているので、オーストラリアのアサヒ的ポジションと言ってもいいかもしれませんね。

VBはオーストラリアだけでなく、ニュージーランドやインドネシア、イギリスにも販売地域を広げる、ちびボトルがかわいい、グリーンラベルのビールです。

Photo by Fraser Mummery (CC)

[Victoria Bitter | ビクトリア・ビター]

メルボルン生まれのビクトリアビターは、親会社フォスターズグループの看板ビールであり、まさに永遠の定番ビール。

◇ さっぱりビールの多い暑い国でも、存在感たっぷりのビターテイスト
◆ ショートネックといわれる、ちびボトルが可愛くて、素敵!
◇ オーストラリアの冬が寒い地域で出来ているビールなので季節を問わない味。
◆ どこでも手に入り、割とセールで安くなりがちな優しいビール!
◇ ビアガーデンのデザインが、グリーンで可愛らしい。
◆ やはり、タップで飲むのが(生ビール)一番、しっかりとしたのどごし。
◇ アルコール度数はオーストラリア標準の4.6%

■◇◆まとめ◆◇■

アメリカのバドワイザーやクアーズなどの、軽いビールが多く、むしろ水の代わりの飲むようなビールが多いのがオーストラリアのビールですが、あっさり系のビールじゃ、ちょっと物足りない。というビール好きな方は、好きなほうではないでしょうか?オーストラリアでも、VB派、カールトン派、フォーエックス派など様々だと思いますが、私VB派です!という方はどんどんTweetしてください。

そして、VBといえば、素晴らしいテレビコマーシャル!どうぞご遠慮なく感動してください!ちなみに、ビクトリアビターの姉妹ビールには、メルボルンビターもあります。

数あるビールの中で、トップレベルのシェアの売上を誇っているビクトリアビター。とりあえず、安定・安心の一本なので、オーストラリアに行く事になったら、是非試してみるべしビールです。

Originally published at ameblo.jp.

Like what you read? Give A Four Leaf NPO-Kodai a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.