BlockPunk
Published in

BlockPunk

Why Crypto Anime?

(日本語は英語の後です)

Yesterday, we launched the world’s first ever branded Anime collectibles on blockchain with our site https://www.cryptoanime.net/.

We’ve had a fantastic reaction from fans of Tohoku Zunko and Zunda Horizon, the wonderful anime we partnered with to offer unique digital character designs for sale.

As Twitter user fulabo77 says: “I woke up this morning to find that somebody else had bought my Tohoku Kiritan character off me! However, turns out I’m making money from blockchain in the process. The more transactions there are, the more money is generated which is a good scheme I think. Creators and fans can connect directly. I’m looking forward to where this leads.”

In case you missed it, below is the official press release, but let me provide some more context.

Why are we doing this?

For the past 12 years I have wrestled with the concept of digital ownership. In other words, how do you provide enough value for somebody to want to own a film or TV show in a digital format?

In the DVD era, ownership was a common behaviour. In the digital streaming era, it is not. In general, we’d rather subscribe for a fixed monthly fee to stream as much as we want or watch for free with ads.

People still want to own unique, collectible physical merchandise however such as figures and posters. Gamers also spend a lot of money owning virtual items.

What if you could combine the utility of a virtual game item with the collectability of physical merchandise ?

With blockchain technology, we are seeing the signs of a new era of digital ownership based on immutable proof of provenance and proof of ownership. In other words, we can create a permanent, unhackable record of who originally created an item and who currently owns the item. This record provides value to the owner and allows us to create unique, scarce assets ie. crypto-collectibles.

Our hypothesis is that crypto-collectibles will be attractive to fans as extensions of the films and tv they love. We also believe that the utility of the crypto-collectible is important. Some open questions we have:

What do fans feel about crypto-collectibles ?
What kind of utility will have most value ?
Can creators build a meaningful business ?
Can creators build a stronger community with fans ?

We hope you’ll join us on the journey to find out. Please check out https://www.cryptoanime.net/ and give us any and all feedback at hello@blockpunk.net

Cheers, Julian

なぜクリプト・アニメを立ち上げたのか?

昨日、世界初のブロックチェーンによるアニメ・クリプト・アートの売買市場を立ち上げました。サイトURLは https://www.cryptoanime.net

ずんだホライずん』と言う素晴らしいアニメ作品の制作委員会と提携し、今まで未公開であった、希少なデジタル・キャラクター・デザインを販売し始めました。お陰様で人気メイン・キャラクター『東北ずん子』のファンからは、とても良い反響を呼んでいます。発売初日に、ツイッター上でファン同士はブロックチェーン・フィーバーに沸きました。
ツイッター・ユーザー”fulabo77”の以下のツイートをご覧ください:

東北ずん子の公式サイトの窓口はとても丁寧に対応して下さり、ファンの方々からも沢山のポジティブなコメントを頂戴し、大変感謝しております。

プレスリリースを逃した方々のため、念のため以下に公式のプレスリリースを掲載しましたが、その前に改めて、なぜこのサイトを立ち上げたのかという背景を説明させて下さい。

なぜこのような取り組みをしているのか?

過去12年間、私はデジタル・コンテンツの所有権の概念についてずっと悩んできました。 具体的には、デジタル形式での映画やテレビ・シリーズに充分な価値をもたらし、どうすればユーザーが買い切り型で買おうとするのか?ということです。これは、Electronic Sell-Through(EST)、いわゆるダウンロード動画販売の課題とも言えます。

DVDが一般的であった時代、所有権は買い切り型が一般的でした。しかしストリーミング配信が広がった今、そうはいきません。 通常、月額制の見放題ストリーミング配信、もしくは広告付き無料配信がユーザーにとっては好ましい形です。

その一方で、未だファンはフィギアやポスターなど希少かつコレクションしたくなるようなグッズを所有したいと考えています。ゲーマーの方も同様に、仮想アイテムを所有するために多くのお金をゲーム内に掛けています。

もしバーチャルゲームアイテムの実用性と物理的なグッズのコレクション性を組み合わせることができるならば、いかがでしょうか?

ブロックチェーン技術のおかげで、出所や所有権の不変の証明に基づくデジタル所有権の新しい時代が開けています。つまり、どのクリエイターの作品であるかということ、そして作品を現在所有する人の証明が、永続的かつ解読不可能な形で記録されます。この記録は所有者に価値をもたらし、クリプト・コレクタブル(Crypto-Collectibles)のように、唯一無比の希少な資産形成を可能にします。

我々の仮説は、愛されている映画やテレビの延長として、クリプト・コレクタブルもファンにとって魅力的であるだろうということです。

それからクリプト・コレクタブルの実用性や機能性も重要だと考えております。

このアニメ・クリプト・アート市場を立ち上げて、特に検証したい事項は下記の通りです:

・ファンの皆様はアニメ・クリプト・アート(クリプト・コレクタブル)をどのように感じますか?

・どういった実用性や機能性に最も価値があると感じますか?

・クリエーターは有意義なビジネスを成り立たせることができますか?

・クリエーターはファンとより強いコミュニティを築けますか?

よかったら是非、この事項を一緒に検証しましょう。

我々は、分散型のビジネス・モデルを活用し、クリエイターとファンの皆様とともにより良い関係を築き、クリプト・コレクタブルの可能性を広げたいと思っています。https://www.cryptoanime.net/をご覧いただき、hello@blockpunk.net までご意見やフィードバックをお待ちしております。

ジュリアン

World’s first ever Anime Blockchain Crypto-collectibles!

CryptoAnime.net launches sale of unique CryptoArt based on popular Japanese anime Zunda Horizon. All platform revenues to be donated to Tohoku Tsunami Relief

TOKYO, SINGAPORE 4th April 2018

CryptoAnime, today announced the world’s first ever sale of digital CryptoArt collectibles based on Japanese anime and powered by blockchain technology. In a unique partnership with Zunda World Partners, rare artwork from the Japanese anime Zunda Horizon is being made available for sale on CryptoAnime.net.

Zunda Horizon was recently voted Japan’s 4th most popular anime at the Tokyo Anime Award Festival 2018 and is set in the Tohoku region of Japan.

For the first time ever, anime fans and cryptocurrency holders around the world can buy and sell unique digital anime artwork in ether, the digital currency of the Blockchain powered by Ethereum. All CryptoAnime platform revenues will be donated to Tohoku Tsunami relief charities.

CryptoArt are unique digital artworks recorded on the blockchain that can be sold and traded like physical goods. Each artwork is stamped with the proof it came from the artist or creator and a record of who owns it. Owners will have the option to list their names on the Studio’s official website and be officially recognised as a CryptoArt owner. Fans can invest in anime artwork for its beauty or long-term value appreciation.

“We are on a mission to bring the benefits of decentralization to the anime industry and filmmakers everywhere.” said Julian Lai-Hung, CEO and Co-founder of BlockPunk the studio behind CryptoAnime. “Crypto Collectibles are a great way to get started as studios can instantly sell digital artwork globally without the need for complex retail deals as in the physical world. We are entering a new era of digital ownership thanks to the scarcity that crypto assets bring. We are thrilled to launch with the beautiful Zunda Horizon and raise as much as we can for Tohoku charities in Japan”

“Zunda Horizon is a combination of Tohoku culture, the finest Japanese animation craft and innovative technology. When we learnt about Blockchain from CryptoAnime there was complete alignment on this ground-breaking concept. We are very excited to bring a new global audience to Tohoku Zunko!” commented Hiroaki Takeuchi, Executive Producer of Zunda Horizon.

About Zunda Horizon and Tohoku:

Zunda Horizon is a 30 minutes Japanese anime story based on the main character, a girl called Tohoku Zunko. Tohoku Zunko was created during the year of the Great East Japan earthquake that happened in the Tohoku region on March 11th, 2011. Companies in the Tohoku region can use the character images commercial license free to help promote their products and services. The key concept is to support Tohoku by using the latest technologies. At CryptoAnime we want to continue this tradition in the Crypto Blockchain world. All platform revenues that CryptoAnime receives will be donated 100% to the Tohoku region through the Japan Platform NGO.

About BlockPunk

CryptoAnime is operated by BlockPunk, a Blockchain entertainment studio incubated at EF and SGinnovate in Singapore. BlockPunk was co-founded by Julian Lai-Hung (CEO, former head of anime at Netflix, ex-VP International Digital Distribution at Warner Bros. Serial entrepreneur and Wharton MBA) and Jatin Shah (CTO, expert in distributed systems with a PhD in Computer Science from Yale. Former product lead at Linkedin pre-IPO. Product leadership positions at Yahoo, Inmobi, Quikr)

Zunda Horizon Team

Zunda World Partners, participating studios: SSS LLC, Studio Live, WAO World, Take-Y

Key Creative Staff:

Director: Hiroshi Takeuchi

Blade & Soul (Director), Bodacious Space Pirates (Character Design, Chief Animation Director)

Idolmaster: Xenoglossia (Character Design), Machine Robo Rescue (Character Design, Chief Animation Director), TIGER & BUNNY (Storyboards, Technical Director, Key Animation Director)

Script: Michiko Yokote

Cowboy Bebop, Valkyria on the battlefield, NARUTO, BLEACH, Ranma 1/2

Producer: Shoji Murahama

HELLSING, The LAST EXILE, Royal Space Force: The Wings of Honneamise, SPEED GRAPHER, SAMURAI 7

Key Advisor: Hiroshi Koujina

HUNTER x HUNTER (Director), KIBA (Director), Area 88 (Character Design, Chief Animation Director), Hajime no Ippo (Chief Animation Director), Pluster World (Character Design)

What is Blockchain ?

A blockchain, originally block chain, is a continuously growing list of records, called blocks, which are linked and secured using cryptography. Each block typically contains a cryptographic hash of the previous block, a timestamp and transaction data. By design, a blockchain is inherently resistant to modification of the data. It is “an open, distributed ledger that can record transactions between two parties efficiently and in a verifiable and permanent way”. For use as a distributed ledger, a blockchain is typically managed by a peer-to-peer network collectively adhering to a protocol for inter-node communication and validating new blocks. Once recorded, the data in any given block cannot be altered retroactively without the alteration of all subsequent blocks, which requires collusion of the network majority. Blockchains are secure by design and exemplify a distributed computing system with high Byzantine fault tolerance. Decentralized consensus has therefore been achieved with a blockchain.This makes blockchains potentially suitable for the recording of events, medical records, and other records management activities, such as identity management, transaction processing, documenting provenance, traceability or voting. (Source: Wikipedia)

Media Contacts:

BlockPunk/CryptoAnime: hello@cryptoanime.net
Zunda Horizon: zundahorizon@waoworld.com

世界初のブロックチェーンによる
アニメ・クリプト・アート販売!

アニメ「ずんだホライずん」とキャラクター「東北ずん子」のデジタルアート作品販売による、

「クリプト・アニメ」の収益が東北地方の復興支援として寄付されます。

東京, シンガポール 2018年4月4日

「クリプト・アニメ」 は本日、日本のアニメを使用し、最新のブロックチェーン技術を使用した「デジタルクリプト・アート」を世界で初めて販売することを発表します。今回「ずんだワールドパートナーズ」との画期的な提携により、日本のアニメ「ずんだホライずん」、ならびに「東北ずん子」の希少なアニメ、キャラクターアート作品が CryptoAnime.net で販売されることになりました。

アニメ「ずんだホライずん」は昨年実施されたTokyo Anime Award Festival 2018 アニメファン賞において、2017年度に日本で公開された全アニメ作品の中で、4番目の人気作品として選ばれました。

今回、史上初めて、世界中のアニメファンと仮想通貨保有者の皆様が、「イーサリアム」のブロックチェーン技術によるデジタル通貨「イーサ」で、このデジタルアニメのアート作品を売買することができます。また「クリプト・アニメ」の収益の一部が、東北復興支援として寄付されます。

「クリプト・アート」はブロックチェーンに記録された希少なデジタルアート作品で、現実の商品のように売買が可能です。各作品には、アーティストやクリエーターの制作によるものであるという証明と、所有者の記録が刻印されます。また、スタジオの公式ウェブサイト上で所有者の名前が掲載されるオプションもあり、正式に「クリプト・アート」の所有者として認められます。ファンの皆様は、アニメアート作品の美しさや長期的な価値に投資することができます。

「クリプト・アニメ」を運営する「ブロックパンク・スタジオ」のCEOで共同設立者のジュリアン・ライハンは以下のように述べています。

「私たちは、アニメや映画テレビ業界において分散型の技術によるメリットを業界にもたらす使命があります。ブロックチェーンによる「クリプト・アート」は、マーチャンダイズ業界における複雑な小売取引を必要とせず、世界中のデジタルアート作品の販売を即座に始めることができる効率的な方法です。ブロックチェーンがもたらす希少性のおかげで、デジタル・コンテンツの新たな時代を迎えています。美しい『ずんだホライずん』『東北ずん子』デジタルアートを立ち上げ、東北復興支援のために多くの資金を募れることを期待しています。」

「ずんだホライずん」のプロデユーサーである竹内宏彰氏のコメント

「『ずんだホライずん』『東北ずん子』は、東北復興支援の為に立ち上げられたソーシャル連動型プロジェクトです。日本のアニメーション技術と革新的なソーシャル技術を融合させたものです。今回我々は「クリプト・アニメ」からブロックチェーンについて教わりました。ブロックチェーンと『ずんだホライずん』の概念は親和性が高く、この画期的な計画に参加できることは素晴らしいです。『東北ずん子』が新たな世界中の視聴者に迎え入れられることに期待で胸がいっぱいです。」

「ずんだホライずん」と「東北ずん子」について

「東北ずん子」のアニメ「ずんだホライずん」は文化庁の「あにめたまご2017」というプロジェクトで制作した30分のアニメです。このアニメは世界初の『ボーカルシンセサイザーを使ったミュージカル』の商業アニメです。ボーカロイドやUTAUといった「歌う合成音声」を使ったミュージカルアニメなっています。東北ずん子プロジェクトは2011年の東日本大震災をきっかけに始まったプロジェクトです。キャラクターの力を使って東北を活性化したい、そんな気持ちで始まりました。東北ずん子の原作イラストについては、東北地方の企業であれば無償で商用利用することが可能です。東北ずん子が流行れば流行るほど、東北企業のためになって、東北の経済が活性化する、そんな未来を作るのが東北ずん子プロジェクトです。「クリプト・アニメ」では、この概念をブロックチェーンを使い、世界に広げてゆきます。

©SSS/STL/WAO

■「ブロックパンク」について

「ブロックパンク」は、 EFSGinnovateで企画されたブロックチェーン・エンターテイメント・スタジオです。「クリプト・アニメ」はブロックパンクによって運営されています。「ブロックパンク」は、CEOの「ジュリアン・ライハン( Julian Lai-Hung)」(元「ネットフリックス」のアニメ責任者、前「ワーナー・ブラザース」の国際配信事業のバイスプレジデント、その他豊富なベンチャー企業の立ち上げ経験、ペンシルバニア大学ウォートンMBA)とCTOの「ジャティン・シャー (Jatin Shah)」(イェール大学コンピュータ・サイエンス博士号にて分散システムの専門家。上場する前にリンクトイン社でプラットフォームの会員獲得担当、その他にYahoo、Inmobi、Quikrのプラットフォームの指導者経験を持つ)によって共同設立されました。

「ずんだワールドパートナーズ」参加企業

「SSS LLC」:「東北ずん子」制作、「ずんだホライズン」製作委員会

「㈱ワオワールド」:「ずんだホライズン」製作委員会

「㈱スタジオライブ」:「ずんだホライズン」製作委員会

「㈱テイク・ワイ」:「ずんだホライズン」スーパーバイザー

アニメ「ずんだホライずん」主な制作スタッフ:

監督: 竹内 浩志

【ブレイドアンドソウル】(監督)

【モーレツ宇宙海賊】(キャラクターデザイン、総作画監督)

【アイドルマスターXENOGLOSSIA】(キャラクターデザイン)

【出撃!マシンロボレスキュー】(キャラクターデザイン、総作画監督)

【TIGER & BUNNY】(絵コンテ・演出・作画監督)

脚本: 横手 美智子

【カウボーイビバップ】

【戦場のヴァルキュリア】

【NARUTO】

【BLEACH】

【らんま1/2】

育成担当:神志那 弘志 代表作

【HUNTER × HUNTER】(監督)

【牙-KIBA-】(監督)

【エリア88】(キャラクターデザイン、総作画監督)

【はじめの一歩】(総作画監督)

【冒険遊記 プラスターワールド】(キャラクターデザイン)

プロデューサー:村濱 章司

【HELLSING】

【LAST EXILE】

【王立宇宙軍 オネアミスの翼】

【SPEED GRAPHER】

【SAMURAI 7】

■「ブロックチェーン」とは?

「分散型台帳技術」、もしくは「分散型ネットワーク」と呼ばれる。「ビットコイン」の中核技術(「サトシ・ナカモト」が開発)を原型とするデータベースである。ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ。各ブロックには、タイムスタンプと前のブロックへのリンクが含まれている。理論上、一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に変更することはできない。ブロックチェーンデータベースは、「Peer to Peerネットワーク」と「分散型タイムスタンプサーバー」の使用により、自律的に管理される。(出典:Wikipedia)

■連絡先

「ブロックパンク」「クリプト・アニメ」に関して: hello@cryptoanime.net

「ずんだワールド」に関して: zundahorizon@waoworld.com

--

--

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store