Project ORBアップデート(12月20日/2016)

第一回WILLCOINセールは12月22日日本時間の夜11時で終了となります。現時点ですでに、最大20,000コインのうち13,000WILLCOIN以上を販売しています。今のところユーザーから様々なサポート、好意的な評価をいただき、Book of Orbsの使用も急激に伸びていますが、WILLCOINの取り扱いおよびProject ORBに関してまだ明確になっていない点もあり、過去にユーザーから質問されたことに関して、現時点で答えられる範囲で追加回答、明確化させていただきます。

シーズン1のFoWカードのBurn

シーズン1 FoWカードは、現状ブロックチェーン上でそれぞれ1000枚ずつ発行されており、シーズン1のカード総合計で160,000枚のカードが存在します。しかし、第一回の20,000WILLCOINという販売コイン枚数、シーズン1カードの将来的な希少性の担保など様々な要因を考慮し、FoWチームとProject ORBはシーズン1のカードの一部をBurn(ブロックチェーン上で使用不能にすること)し、カードの希少性を高めることを決めました。Burnの詳細は現在最終調整中ですが、各カードの発行枚数を実質1000枚から500枚に引き下げること、またFoWゲーム内のレア度などに基づき、カードごとに発行枚数を変更することなども検討しています。

Burnに関する詳細が最終決定次第、再度アナウンスし順次カードのBurnを実行予定ですので、続報をお待ちください。

WPSとの連携とWILLCOINへの変換レートについて

すでに告知されている通り、既存のFoWプレイヤーは、FoWの物理カードのブースターパックを購入することで入手可能なWPP(ウィルパワーポイント)をWILLCOINに変換し、シーズン2からORBガチャの使用が可能になります。このWPPとWILLCOINの変換率に関して複数質問をいただきましたが、この変換レートに関してはまだ調整中で、具体的なレートを現時点で発表することは出来ません。

レート次第では早期の参加者に不利に影響する可能性があるとの指摘もいただきましたが、WILLCOINの変換レートに応じてシーズン1のカードの発行枚数の再調整、シーズン1カードの抽選確率の変更などを行い、早期の参加者とシーズン2以降参加するFoWプレイヤー両方にとって公平なバランスを設定する所存です。つまり、WILLCOINの入手が比較的容易な変換レートなどになった場合、シーズン1カードを追加でBurnしたり、シーズン1カードのガチャ抽選確率を引き下げたりする処置をとり、適正なバランスを保つということです。

WPSとの連携については詳細が確定次第、来月に再度アナウンスを予定しています。

残りのWILLCOINの扱いについて

セール終了までに全てのWLLCOINを販売しきれなかった場合、残りのWILLCOINは次回以降のセール用に保管されます。テストや返金用、プロモーションなどに必要な少量のWILLCOINを除き、Project ORB自体がコインの一部を受け取ったり、セール以外で市場で売りに出したりすることはありません。

早期の参加者とコミュニティを盛り上げていくと同時に、FoWの既存コミュニティにとって自然にORBプラットフォームに入りやすくなるような状況を作るため、状況に応じて柔軟に対応できるような慎重なアプローチをとっています。こうすることで早期の参加者と後から入ってくるプレイヤー両方にとって公平なバランスをとることが可能になり、プロジェクト全体の持続的な成長につながると考えていますので、今後とも引き続きご支援、ご協力よろしくお願いいたします。

Project ORBの今後のスケジュール予定

以下はあくまで予定であり、状況次第では大きく日程や内容が変更される可能性があるのであらかじめご了承ください。

12月22日まで(WILLCOINセール終了まで):
ORBガチャ機能の一般公開

12月29日まで:
一括ガチャ機能の実装

17年1月中旬:
WPSとBoOの連携、WILLCOINへの変換などが開始。シーズン2カードがORBガチャで入手可能に

2月前半:
第二回WILLCOINセールスタートの開始