『昭和元禄落語心中(10)』(雲田はるこ)

2017年からアニメの二期がスタートしているが、コミックは10巻で完結している。

大々的に盛り上がって終演、という感じではなく、しんみりと舞台が変わり、世代が引き継がれていく幕引きだった。ほんのりと、淋しさが残る。

それはつまり、魂の物語だということだろう。

雲田はるこ [講談社 2016]


Originally published at honkure.net on January 12, 2017.

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 倉下 忠憲’s story.