任天堂は実際どこまで逆襲にこだわっていたのか?

実は平常運転だった、という可能性

これだけ大きく盛り上がればメディアも食いつくにちがいない、と思っていたら、やはりnewspicksが大きく特集を組んでくれました。今週から始まった「任天堂の逆襲」企画。

wiiUの失敗からニンテンドースイッチの成功、そして夢半ばにして先立ってしまったレジェンド、岩田聡氏の存在は確かに第三者からすればドラマティックなストーリー溢れるゲーム会社の様に思えますが、意外と任天堂内部ではそこまでの展開を期待していなかったのかもしれません。

ゲーム事業は浮き沈みのあるものであるのなら、なおさら自分のペースを他人に合わせている暇などありません。その時代、そのタイミングでいかに最高のパフォーマンスができるかがポイントなのですから、こういったドラマは結果論でしかないからです。

「任天堂のライバルは〜」「スマホ参入は〜」といった話は確かに気になりますが、それも任天堂にとってはどうでも良い話なのでしょう。

むしろ私たちがこのタイミングで注目すべきは、徹底的に自分と向き合い、最高のコンテンツを提供することだけを考え、時代の流れを汲みながらも我を通し続ける姿勢なのではないでしょうか。。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated sato’s story.