【和訳】DRAMの“Prototype”が心地よい

OutKastの名曲をカバー

別に和訳するほどのものでもないんですが、なんだか頭から離れなかったので記念に。

Prototypeはヒップホップの聖地、アトランタ発祥のOutKastが本家大元。今やトラップの名産地として名高いアトランタですが、OutKastのようなゲームチェンジングなレジェンドを育んだことも忘れてはいけません。

この強烈なMVとかギターサウンドからもわかるように、Tyler the CreatorなんかはかなりOutKastの影響を受けてることが伺えますね。

個人的にはエミネムとNERDインスパイアなイメージの強い彼ですが、こういうチルな感じの部分はOutKastが下支えしている感じを受けます。

ひとまず彼らのことは置いておいて、今回はDRAMカバーのPrototypeのお話に。実はこの曲、割とカバーされている名曲です。

DRAMバージョンはリリックが短くなっていますが、本家のリリックはまた違う機会にでも。

[Intro]
I hope that you’re the one
If not, you are the prototype
We’ll tiptoe to the sun
And do thangs I know you like

君が運命の人だといいな

違うっていうなら、君はプロトタイプだな

太陽に向かってつま先歩きで

それからいいことしようじゃない

[Chorus]
Huh, I think I’m in love again
Baby girl, oooh girl
I think I’m in love again
Hey, baby girl, oooh girl

ああ、また恋しちゃったかな

ねえ、かわい子ちゃん

また恋しちゃったんだな

ねぇ、君のことだよ

[Verse 1]
Today, today must be my lucky day
Baby, you are the prototype
Let’s do somethin’ outta the ordinary
Like catch a matinee
Baby, you are the prototype

今日こそが僕のラッキー・デイに違いない

君がプロトタイプなんだ

いつもとは違うことをしてみよう

昼間から盛り上がっちゃったりね

君はプロトタイプなんだから

運命の人、みたいな意味でプロトタイプという言葉をチョイスしてるのが個人的なお気にいりポイントです。

メカメカしいイメージの強い「プロトタイプ」というワードですが、「既製品の中のオリジナル」という意味で、女性を讃える意味で使われているのはとんでもない感性だなと思います。すごいぞアンドレ。

個人的には映画の「メトロポリス」とか「エクスマキナ」を連想させます。