PVモンスターを触ってみる#2:長文記事か、短文か。

中堅webライターたちのゴールドラッシュを引き起こすかもしれないPVモンスター。

まだまだ未開拓な鉱脈なだけに、使いあぐねているライターの方も多いのではないでしょうか。

そういう自分も使い始めて一ヶ月くらいしか経っていないもので、色々と使い方を検討しながら記事の作成につとめているもので、なかなか不安が拭えないところも多かったり。

そもそも登録している人が少ない状況でこういった記事に需要があるのかどうかわかりませんが、ともかく自分の備忘録も兼ねて、

報酬アップのためにPVモンスターでできること、やったこと、やってみたいことを記録していきます。

数打ちゃ当たるで攻めるのか、一点集中半永久不滅コンテンツを目指すのか

最近気になっているのは、やはり記事一本あたりの文字数はどれくらいで書くべきか問題。

PVモンスターが推奨している文字数は1500文字以上ということですが、あくまでもコンテンツとしての最低ラインということで、

書きたければいくらでもどうぞというのがPVモンスター側の基本的なスタンスです。

2017年2月現在ではそこまでクライアントさんの方でも詳細に文章量などの指定を希望されている人は少なそうなので、

自分が「これなら儲かる」という書き方でやってくれ、という完全にライター任せな環境が今のPVモンスターです。

PVモンスターでの案件は完全成果報酬なので、要はビューの取れる記事、商材の販売につなげられる記事を書くことができなければ、

どれだけ時間をかけても一銭にもならないという可能性を秘めているところが最大の不安要素なんですよね。

逆を言えば適当なコンテンツでもバズってしまえば大きく儲けられるということでもあるのですが、

そんなギャンブルをやりにPVモンスターにライター登録しているわけでもないので、願わくば打率を上げて確実にアガリを出していきたいわけです。

ぼくは今のところ2000字前後の記事を何本か作成してみたのですが、もちろん反応を得られるのは4月以降とかなので、

果たしてどういう書き方がいいのかというフィードバックを得られるのもだいぶ先になってしまうため、

今のうちにいろいろなやり方を試しておかなければなりません。

打率を上げるためにできることとし一つ考えられるのは、記事一本あたりのコンテンツやボリュームをできるだけ拡充すること。

つまり圧倒的文字数で攻めてみるという作戦です。

今僕がやっているのはコンテンツの数打ちゃ当たるというやり方ですが、思い切って一つのコンテンツで5000~1万字(あるいはもっと?)くらい書いちゃうことで、

長い間読んでもらうことのできる記事→廃れないクオリティ→半永久的な収入の確保→不労所得

ここまでうまくいくとは思っていませんが、ともかく一つのコンテンツを長く読んでもらうことで、結果的に継続的な収入につながるコンテンツにしてしまおうという作戦です。

2000文字をできるだけ多く!というのも良いのですが、これぐらいのコンテンツだとあくまでも文字単価でお金をもらいながら量産する記事であって、

成果報酬型の案件には合っていないような気もしてきています。

SEO的にも文字数は多い方が良いとも言われていますので、しばらくは超長文型で案件をこなしていこうかなと思います。

なにぶんまだ収入をPVモンスターから得ていないため、「これだ!」というやり方をここで書くことはできませんが、

何か動きがありしだいリライトで現状報告や情報訂正に繋げていきますね。

それでは。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated sato’s story.