セントラリティマンスリーアップデート — 4月

CEOのアーロン マクドナルドは先月のキーとなる重要な開発を共有しています。セントラリティのエコシステムに関する進捗の最新情報は、TwitterTelegram Announcements channelをフォローしてください。また、私たちのコミュニティーであるCentrality’s Official TelegramInstagramRedditFacebookに参加してください。

PL^G Toolkit Portal及びCentrality Developer Portalのローンチが間近に迫り、TGE以降において開発計画の中でも最もエキサイティングなフェーズに乗り出そうとしています。今月のはじめには、ローンチまでのカウントダウンを発表し、私たちは現在Rooster Spurフェーズの達成に力を入れています。サインアップをして、我々のネットワークがローンチされた時に、使用できる第一人者になりましょう。

最近はベルリンにて業界に関連する企業と会い、より親密に協働できる機会を探しに行きました。次は、ブロックチェーンサービスを求める銀行や金融機関やフィンテック企業と繋がる為、アジア、ヨーロッパ、中東に訪問します。
以下はセントラリティエコシステムにおけるベンチャー企業の最新情報:

Sylo

今月Syloは非公開のベータ版DAppをリリースし、役員より沢山のフィードバックを貰いました。チームはそのフィードバックを編集し、手直しをする重要な部分を見極めました。アップデートしたものを5月上旬に多くのユーザーグループへリリースすることが非常に楽しみです。これが2回目のリリースとなりますが、もしキャンセル待ちでまだ招待リンクを受け取っていない場合は、今回受け取れる可能性があります。(本当に沢山の方々に先行登録をして頂きました!)Syloベータ版リリースについて再度確認したい場合は、こちらをご確認ください。この数か月間で、チームSyloは、ベータフェーズを終える為にDAppの性能とスケーラビリティの検査にフォーカスします。もしNY Blockchain Weekに参加される方がいらっしゃいましたら、Consensus 2019にてチームSyloは、最新のDAppに関して少しだけ披露しますので、お見逃しなく!

TrackBack
TrackBackは本物のマヌカハニーの原産地となるニュージーランドから目的地となる中国の上海まで追跡することに成功しました。サプライチェーンに伴う全事象に加え、マヌカハニーのグレードを認証する為の企業が行う検査の証拠がブロックチェーンに記録されました。つまり、中国の受取人がニュージーランドで詰め込まれたハチミツを確実に受け取っていると確認することができます。今回の成功は、The True Honey Coのマヌカハニーを使用してTrackBack、AsureQuality、NZ Postが一丸となって協力した結果行うことができました。

Iomob
Iomobは現在、8000以上の町や都市とモビリティサービス契約を結んでいます。この1ヶ月間でIomobは、スペイン、ヨーロッパ、さらにはラテンアメリカとの関係を確立するために、さまざまなモビリティサービスの契約を結び、APIを交換しました。Iomobは、ヨーロッパ最大の公共交通機関プロバイダーの1つであるスペインの鉄道会社Renfeと試用版の開発を進めています。一方アメリカでは、 Ford City of Tomorrow Pittsburghプロジェクトの一環として試用版開発も始めました。ロンドンでのWayra Demo Dayで、CEOのBoyd CohenがIomobのTransport Systems Catapultモビリティアクセラレータへの参加について講演しました。

Causality
今月Causalityは、Crypto Sentiment Alertプラットフォームの機能を引き続き強化しています。Cryptosentiment.aiは、ユーザーがコインやトークンに対する市場の動きを監視できるようにするサービスです。現在は新規ユーザーに対して、主要通貨を自動的に検出しアラートテンプレート(早期警告サービス)を生成する機能があります。アーリーアダプターのフィードバックに基づいて、ユーザーが使いこなすために情報ページを追加しました。アラートの設定方法に関するビデオを含み、CausalityのCrypto Sentiment Alertが暗号資産における大幅な価格変動前にどのようにユーザーに警告するかというケーススタディも記載されています。例えば、Litecoin Sentiment Signalは、Litecoinの価格が24時間で40%上昇することを登録者に注意喚起しました。また、Binance Coin Positive Post Volumeアラートは、2ヶ月以内に暗号資産の価格が200%上昇するという警告も出しました。

詳細情報、またはサービス登録はこちらをクリックしてください。我々のAI技術を用いてよりスマートな取引を行いましょう。

Centrality Accelerator

2月のCentrality Accelerator Demo Day以降、チームは分散型の提案を展開するためにさまざまな進歩を遂げました。

CarbonClickのパイプラインには、2020年シリーズAラウンドを含む投資の可能性を持つ投資家のリストを持っています。最初に顧客となる人たちは、CO2の排出量が多い企業です。

Ahauは4月分の文化助成金を獲得し、政府やiwiと直接契約しました。彼らは投資ラウンドの遂行とコア製品の構築へと順調に進んでいます。

Yabbleは市場で破壊的な洞察力を持つ今までになかった製品であり、大企業は続々と参入しています。このチームは、オーストラリアやアジアを含む、国内外の主要ベンチャーキャピタルから関心を引き付けています。Yabbleは現在シンガポールでNZTEと共同で投資ラウンドを進めています。

Pocketful は引き続き支払方法に関する提案の展開、製品の検証を行い、主要なローンチパートナーと協力しています。

CinemaLogicは4月にプロトタイプを持ちラスベガスへ行きました。大手スタジオ会社と会い、製品に関する貴重なフィードバックを受けました。

CentraPassはePay New Zealandと商業提携し、7月にはiSiteを介し製品をリリースする予定です。観光業界の顧客と協力し、6月に全国規模で商品をローンチする予定です。

Arda

ランニング用ARDAコーチングアプリである、PODIUM(ポディウム)は現在アメリカ、ニュージーランドにて使用可能で、日本上陸はもうすぐです。みんなそれぞれのPODIUM『目標』があると思いますが、一人で成し遂げるのは大変です。このランニングアプリはARDAの革新的なAI技術を使用しているので、ランナーは目標に向かってモチベーションを維持し、より簡単に目標を達成することができます。PODIUMを体験してみたい方は、アップルウォッチシリーズ3または4をご用意の上、iPhoneにてユーザーカスタマイズされたトレーニングプログラムをお楽しみいただけます。詳細情報については、PODIUMをフォローしてください。

以上、4月のアップデートです。SNSなどのチャンネルからローンチの進捗情報をお見逃しなく。


セントラリティのエコシステムに関する進捗の最新情報は、TwitterTelegram Announcements channelをフォローしてください。また、私たちのコミュニティーであるCentrality’s Official TelegramInstagramRedditFacebookに参加してください。