Aaron McDonald
Apr 17 · 5 min read

この記事はCentralityのトークンエコノミクスについてのブログシリーズの第二回目です。以前の記事を読まれる方はここをクリック。

CENNZnet トークンエコノミーがローンチされる際にはCentralityエコシステムにおいていくつかのトークンが使用されるようになります。これから、そのいくつかについてご紹介いたします。

まず初めに、Centralityのトークンエコノミーは開発者、またユーザーを考慮して設計されています。この設計の結果、CENNZnet上でアプリケーションを実行するためのコストパフォーマンスは高く、良いアプリケーションが育ちやすくなっております。。ネットワークを利用し、また成長に貢献すれば報奨を受けることができます。私たちはネットワーク上にDAppsを載せること、またユーザーが登録することに対するハードルを下げるために力を注ぎました。ネットワークはCENNZnetにおいて権利を持つ者(すなわちCENNZ保有者)によって管理され、ネットワークの利用者が増えることによって、CENNZに対する価値が認められるようになります。

CENNZnetは次の4種類のトークンが使用されます:ステーキングトークン、消費トークン、リザーブトークン、そしてユーザートークン。

CENNZはステーキングトークン

· CENNZはユーザーがネットワークコンセンサスへの参加を可能にします。

· CENNZnetに承認者として参加し、ネットワークの安全性への貢献、また管理に参加するためにはCENNZが必要です。

· 承認者はブロック報奨として消費トークンであるCentraPayを受け取ります。

CentraPayは消費トークン

· CentraPayはネットワーク上のトランザクション手数料を支払うために利用されます。

· CentraPayは、承認者の報奨としても利用されます。

· 消費トークンは安定性を持ち、CENNZnet上で運営するビジネスおよびユーザーが予測を立てることができるように設計されています。

· 二重トークンモデルを通して、ネットワークを継続的に成長させるために、手数料を安定かつ合理的に維持しながら、CENNZnetはCENNZの価値をネットワークアクティビティに相関関係を持たせることを目指します。

リザーブトークン

· 全てのプロトコル及びDAppが機能するために、トークンを必要とするとは限りません。実際に、これまで生成されてきたトークンの多くは機能性を持っていません。しかし、私たちのプラットフォーム上のコア機能において別のユーティリティトークン(機能性トークン)が必要だと考えられます。

· これらのトークンは、多くの場合、SYLO用のストレージやCERTIを使用したアクセス許可とIDの管理など、汎用コンピューティングのニーズとは別に独自の経済的ニーズを備えた個別の機能を提供します。

· リザーブトークンは、ネットワークおよびAPIへの特別アクセスに対する許可があり、特別な機能を発揮することができます。

· 誰でも新しいリザーブトークン機能及び経済活動を提案することができ、承認者たちがこれをネットワークに取り入れるかどうかについて決定します。

ユーザートークンも登場します

· DAppsは、自らの経済圏を構築し、ユーザートークンを通してコミュニティを構築する機会が与えられます。これは既存するERC20トークンに似ています。

· 誰でもユーザートークンを作ることができます。

· CENNZnetはいくつかの基準トークンモデルをサポートします。

例)非代替性トークン(NFT)やアセットバック型トークンなど

トランザクション手数料は、CENNZX取引所に流動性があるものであれば、どのようなアセットの形でも支払うことができます。CENNZXはシームレスにトランザクション手数料を支払うためにアセットをCentraPayに換えることができます。このシステムはユーザーがCENNZ、またはCentraPayについて新たに学ぶ必要性をなくしたため、ユーザーのオンボーディングプロセスや、お気に入りのアプリにおける体験をより円滑なものとします。

これがCENNZnetトークンを簡単に説明したものです。私たちのネットワークのローンチや、皆様がステーキングをするための準備事項についての情報も近々公開しますので、乞うご期待ください。


Centralityエコシステムの最新情報についてはCentralityTwitterTelegramアナウンスメントチャンネルを随時チェックしてください。また、Centralityの公式TelegramInstagramReddit そしてFacebookもお見逃しなく。

Centrality

Creating a world UNcorporated

Aaron McDonald

Written by

Co-founder and CEO of blockchain venture studio Centrality

Centrality

Creating a world UNcorporated

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade