親父の遺産、石の彫刻をこの先どうしたらいいのか?

他界してからすでに数年経過し今回アトリエを処分することになったが、アトリエには親父の作品がまだ数点残っている。

特に大きなものが十数点あるわけだけど、これらをどうしたらいいものか?

息子の僕がいうのもなんだが、石と鉄を組み合わせたモダンアートなものは意外と少ないのでは?と思う。

どこか(誰か)が買ってくれるのが一番理想なんだけど、まさかヤフオクに出すのもどうかと思うし、どうしたらいいのか全くわからない(笑)

美術館等に寄付するにしても、「寄付します」と言って「はい、そうですか」とすぐに決まるものでもない。
実際地元の美術館に声をかけても反応は鈍い。

息子ながらに親父はそんなにマイナーな作家ではなかったと思っているが、一般受けというより玄人受けするタイプなのかもしれない。

どなたか興味のある方がいらしたら是非一声いただければと思います。

よろしくお願いいたします。