Ferrari SF70H

2017年シーズンのニューマシンが発表された。

相変わらず鼻先に伸びるウソップの鼻のようなものがついているのはいただけないが、写真を見る限り攻めのデザインのように見える。

SH70Hで特徴的なのはサイドポンツーン開口部のデザイン。
通常開口部は縦に長く開いているが、SF70Hはサイドポッド上側のみで横方向に長くなっている。
前方からみた写真ではスロントサスペンションアッパーアームの上に開口部が来るようになっているので、何も邪魔するものがない。

そして前面下側に開口部がないのでその部分を大きくえぐってマシン後部への気流を確保している。

開口部周辺のエアロデバイスはクラッシャブルストラクチャーを兼ねているのが想像できる。

さらにサイドポンツーン上面コックピット側にも開口が見える。

開口を分けているのはそれぞれ別のものの冷却に使っているのか、それとも2つの気流によって際客効率を高めているのか、エンジンカウルを外した写真を見ないとわからないが、とても興味深いデザイン。

さらに真上から見るバージボードの処理も興味深い。

複雑な3D形状のボードとボディ外側アンダーパネルとの結合部分の処理、サイドポッド全部のウイング形状のデバイス含め、今シーズンこの部位のエアロデバイスレギュレーションが変更されたことによって、各チームのアプローチが気になるところ。

一説にはSF70Hは何らかの大きなミスが発覚してすでにフェイズ2の開発に移行しているとも言われているが、こればかりはレースが開幕してみないことにはわからない。
ただSF70Hは不細工なマシンではないと思うので、それなりの速さがあるんじゃないかと期待している。