“We have never thought we couldn’t.”

74歳と85歳の無邪気な夫婦に出逢う

Words by Etsuko Makino. Photography by Neil Hamilton-Ritchie.

街を歩いていると突然目の前に現れた男女

お揃いのザックに、似た配色のウエア
よく見掛ける光景だが、どこか気になる

そんな疑問もつかの間、信号を渡る二人の横顔を見て私は度肝を抜かれた

彼らは30・40代ではなく、明らかに“祖父母世代”
私は声を掛けずにはいられなかった

左:ケイティさん(74歳) 右:モーレスさん(85歳)

彼らの名前はケイティとモリス 
たった今、ハイキングから帰ってきたそう

恐る恐る年齢を聞くとなんと、“74歳”と“85歳”の夫婦だという

その軽快な足取りは、仕事に疲れたサラリーマンよりも活気があり
姿勢や仕草までもが、まるで若者の様だった

話を聞くと、昔からアウトドア好きで以前はヨットも愛用していたとか
そして今はハイキングや旅など時間を見つけては出掛けているという

普通の70・80代であれば、外出する事すら億劫になる
しかし彼らは明らかに違った
なぜそこまでアクティブなのか、そんな疑問に彼らは口を揃えて

「今まで年齢が原因で出来ないと思った事なんて、一度もないわ!何でも出来るわ!」

何だかハッとさせられた瞬間だった

「まだあなた達には50年以上も時間があるんだから、もっと何でも好きな事できるわよ!」

ニコニコ話す彼らは、自らの人生に満足しとても誇らしげな様子だった

…きっといつか、自分もこんな風に歳を重ねたい…
お手本を目の前にした私に、彼らはそう強く思わせてくれた

人生は長い
身体的老化は止める事はできないが、精神的老化は防ぐ事ができる

結局、年齢を重ねても人生を楽しめる人は
こんな当たり前の事を理解し、素直に実行しているだけなのかもしれない