プレートスキル

サーヴァントは通常のスキルとは別にプレートスキルを所持している場合があります。

プレートスキルを所持するケース

1、リミテッドサーヴァントである。

2、報酬などで所持が宣言されているトークンを獲得する

3、MIXによって偶発的に出現する。

プレートスキルとはどんなものか?

通常のスキルは行動範囲に対して効果を与えるのに対して、プレートスキルは、場所・所属・ラウンド・ジョブなど別のセグメントに対して効果を発揮します。

基本的に永続で効果を発揮します。解除系スキルの影響を受けません。

位置バフ系プレートスキル

自分が配置されているスクエアの上下左右、同列同行に対して効果を発揮するスキルです。

・ Barrier to Front 永続 : 前方の1スクエアにバリア(10+EVO×1)%UP。

・ Aura to Front永続 : 前方1スクエアにオーラ(10+EVO×1)%UP。

・ Decoy to Front永続 : バトル開始から(20+EVO×2)ターンの間、前方1スクエアに自分のHP20%を消費して、HP20%のデコイを配置する。

・ Front Shield永続 : バトル開始から(20+EVO×2)ターンの間、自分が敵のターゲットにはいった場合、前方1スクエアのターゲットを無効化する。

※Rear、Right、Left、Vertical、Widthなどの判定もあります。

オーダー系プレートスキル

自分のオーダーの前後に対して効果を発揮するスキルです。

・ Barrier to Next永続 : 次のオーダーにバリア(10+EVO×1)%UP。

・ Aura to Next永続 : 次のオーダーにオーラ(10+EVO×1)%UP。

・ Barrier to Previous永続 : 前のオーダーにバリア(10+EVO×1)%UP。

・ Aura to Previous永続 : 前のオーダーにオーラ(10+EVO×1)%UP。

ラウンド系プレートスキル

対象のラウンドのみ効果を発揮するスキルです。

・ Barrier to Round1永続 : Round1に味方全員にバリア(5+EVO×0.5)%UP。

・ Aura to Round1永続 : Round1に味方全員にオーラ(5+EVO×0.5)%UP。

特殊判定系プレートスキル

通常スキルにはない特別なタイミングで発動するスキルです。

・ Healing after Kill永続 : 敵を倒した後 : 自分のHP回復(5+EVO×0.5)%。

・ Counter after Die永続 : 倒された後 : 自分を攻撃した敵に敵の最大HPの(5+EVO×0.5)%のダメージを与える。

・ Healing after Die永続 : 倒された後 : 味方全員のHP(2+EVO×0.2)%回復。

・ Barrier after Die永続 : 倒された後 : 味方全員にバリア(2+EVO×0.2)%UP。

・ Aura after Miss永続 : ミスした後 : 自分の次の行動にオーラ(10+EVO×1)%UP。

・ Barrier after Miss永続 : ミスした後 : 自分の次の行動までバリア(10+EVO×1)%UP。

・ Hide from Attrack永続 : バトル開始から(20+EVO×2)ターンの間、アタッカーのメインターゲットにならない。

・ Extra Turn永続 : 自分のスキルの効果ターンを(1+EVO×0.1)ターンのばす。

・ Destruct Action永続 : 自分にオーラ(50+EVO×5)%UP、行動後に倒れる。

・ Aura to Comb永続 : 同一オーダーに味方がいる時、自分にオーラ(10+EVO×1)%UP。

・ Aura to Solo永続 : 同一オーダーに味方がいない時、自分にオーラ(10+EVO×1)%UP。

グルーピング系プレートバフ

対象の所属やジョブに対して効果を発揮するスキルです。

・ Vitality to LSK永続 : LSK所属サーヴァントのHP(2.5+EVO×0.25)%UP。

・ Aura to Attacker永続 : アタッカーにオーラ(2.5+EVO×0.25)%UP。

・ Barrier to Attacker永続 : アタッカーにバリア(2.5+EVO×0.25)%UP。

MIXでのプレートスキルの出現について

プレートスキルの出現はベースとなるサーヴァントの暗号やステータスの影響を受けません。新しく生成されたサーヴァントのレアリティや暗号からランダムで付与されます。

レアリティの高いサーヴァントの方がプレートスキルが付与される確率が高くなります。