状態異常と耐性

ゲームに登場する状態異常について紹介します。

2019/02/20更新 毒と火傷の効果文言修正

状態異常の種類

沈黙

スキルを封じる。攻撃や回復などの基本アクションは封じることはできない。

ターン開始時に小ダメージを与える。

火傷

行動前に中ダメージを与える。

誘惑

攻撃系サーヴァントなら味方を攻撃し、回復系サーヴァントなら敵を回復する。

氷結

行動を封じる。スキルも攻撃・回復も実行できません。
被ダメージを軽減する。

麻痺

行動を封じる。スキルも攻撃・回復も実行できません。
被ダメージが増加する。

睡眠

行動を封じる。スキルも攻撃・回復も実行できません。
ダメージを受けると睡眠が解けます。

暗闇

50%の確率で行動をミスします。ミスの判定はスクエア単位です。
ミスしたスクエアにはスキルも攻撃・回復も実行できません。

ロックオン

敵から集中的に攻撃を受けます。

呪い

HP以外のステータスが減少する。

耐性

サーヴァントは生まれもって1つの耐性を所持しています。トークンデザインの下部に配置されている宝石によって何の状態異常に対して耐性を持っているかがわかります。※中心の大きい宝石はレアリティ表示

耐性DNAの進化

初期のサーヴァントは単一の状態異常耐性しか保持していません。MIXを実施した時に発生するDNAのミューテーション(突然変異)により2つ以上の状態異常を保持するサーヴァントが誕生する場合があります。

最終的にすべての状態異常に耐性を持つ強力のサーヴァントを生み出せる可能性があります。