Corda Tech Meetup 2021年5月開催のイベントレポート

Tainakam
Tainakam
May 31 · 8 min read

SBI R3 Japanが2021年5月14日にオンラインで開催した『Corda Tech Meetup 春の陣』のイベントレポートをお送りします。

今回のイベントでは80名以上の方にご参加いただいた。写真は受付部屋。

『Corda Tech Meetup』は、Corda開発の最前線にいるIT企業から、実ビジネスへのCorda導入に向けた取り組みや課題を学ぶ無料のイベント。Cordaのインフラ、ネットワーク、アプリの構築から性能検証まで盛りだくさんの内容で開催した。講師は日本最先端で活躍される次のIT企業5社が担当。イベントの最後にはオンライン上で、参加者同士で情報交換を行った。

株式会社CAC
株式会社digglue
TIS株式会社
NTTデータ先端技術株式会社
株式会社トリクトラック

(以下株式会社省略)

当日のコンテンツ

0)本イベントは参加者同士でも双方向のコミュニケーションが可能なSpacialChatを用いて行った。はじめてのツールで戸惑う方も多かったが、参加者全員が無事にプレゼンルームに入室することができた。

1)「Cordaロードマップのご紹介」では、2021年4月にリリースされたばかりのCorda4.8の紹介やCorda v4で追加された新機能やインフラ、開発ツールの振り返りが行われた。また、SBI R3 Japanから、今後Corda Docs(公式ドキュメント)を日本語化していく意向が発表された。

「トークンエコノミーにおけるNFTの役割」では、次の2点が強調された。

FT(代替可能トークン)は金融領域でコスト削減に使われる

NFT(代替不可能トークン)は、非金融の世界の差別化戦略 に使われる

ユーザーのニーズからCordaツールが開発されてきた

2)「Cordaインフラの構築」では日本最初のCorda商用化事例「BCPostTradeを開発されたCACの山田様に講演いただいた。講演ではCordaの3つのネットワーク構成が紹介された。各ネットワーク構成において、管理・運用・コントロール・外部ネットワークの接続が必要かがユーザー目線で説明された。特に、ネットワーク管理/運営業務が不要なtCNについては、tCNへの参加手順や稼働状況の確認を、実体験をもとに話された。

Cordaの3つのネットワーク

3)「Corda RPC APIの再接続」では、CACの劉様より説明頂いた。ノードの停止やTCP接続の中断で、RPC接続が切断されることがある。このRPC接続を再接続する方法は、自動的に再接続できるGracefulReconnectと、それ以外の再接続がある。それぞれの方法について、注目すべきパラメーターや機能について紹介した。また、Corda4.6から追加された機能を活用し、client IDからFlowの実行状況(成功・失敗)を確認する方法を説明した。

4)「Cordappの基本理解をする」では、大林組のブロックチェーン技術のPoCを担当されたdigglueの久保様よりお話し頂いた。3大エンタープライズブロックチェーンの比較と大林組がCorda利用に至った経緯が紹介された。Quorumはアプリケーションごと、Hyperledger Fabricはガバナンスごと、Cordaはデータごとに分散管理される。そのため、各ブロックチェーンによって向き・不向きがあることが説明された。大林組のPoCでCorda活用に至った背景に、企業間でリース取引の請求書等を突合する際に、業務システムやデータを他社に依拠できないというニーズがあったことが説明された。

企業間のデータ共有ではプライバシーや信頼性がしばしば問題になる

5)「Cordaの勘所 ~トレーサビリティ編~」では、製造業におけるトレーサビリティについてPoCの経験を複数持つTIS株式会社中地様より講演いただいた。「商流はプライバシーを保ちたい(個社間共有)が、物流は川上から川下まで把握させ(全共有)たい」というニーズをCordaでどのように再現できるか考察された。複数の選択肢の中から、最善の解決策として次のスライドが掲示された。2点目のトレーサビリティのためのステート定義では、モノではなく、製造工程(イベント)にすることで、検査データ等もトランザクションに組み込むことが可能と説明された。

検討している選択肢の多さに驚かされた。

6)「Corda性能ノウハウ検証のご紹介」ではNTTデータ先端技術研究所の木下様にご講演いただいた。Cordaを用いたトークンの発行・転送プラットフォームのシステム基盤としての性能検証の結果が発表された。プロジェクトは基盤チーム、アプリチームそれぞれ5~6人の2チーム体制で行われた。開発はスムーズに進み、設計・構築・検証・レポート作成まで、2.5か月で完了した。基盤チームが行った検証の結果として次の3点が分かった。

単一ノードでの処理と複数ノード間の処理では、パフォーマンスが大きく異なった。

性能のボトルネックは、CordaインスタンスのディスクI/Oとなった。

今回はCordaのチューニング項目の有効性を確認できなかった

7)「Corda NetworkをKubernetesで運用する」では、Corda商用ソリューションの開発経験がある、株式会社トリクトラック澁谷様にご講演いただいた。ビジネスレベルのCordaサービス提供をするためにトリクトラックが行ったアプローチAgile、devOps、Kubernetesの3点が強調した。

アジャイルアプローチによりビジネスからフィードバックを得ながら未知のリスクに対応した

devOpsによって要件の変更や未知の技術へ迅速に対応できるようにした

Kubernetesを採用したことで独立ノードの管理・変更を可能にした

各登壇者講演後には視聴者から温かい拍手がおくられた

8)講演の最後に「Corda開発パートナー制度のご紹介」を行った。Corda開発パートナーになるメリットや、パートナーになるための要件について紹介された。

9)イベントの最後には講演者と参加者、参加者同士をつなぐネットワーキングが行われた。プライベートな話も含め、参加者同士で話が盛り上がり、19時ごろまで情報交換が続けられた。

次回のCorda関連イベントは6月17日「トヨタGのブロックチェーン事例TBLOCK SIGNのご紹介」です。

2021年2月に商用化されたばかりの豊田通商システムズの電子商取引サービス「TBLOCK SIGN」の概要をご紹介します。イベント参加者には最新のホワイトペーパーが提供されますので、奮ってご参加ください。

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。
記事へのご質問、またはブロックチェーンに関してお困りごとがございましたらお気軽にご連絡ください。
ブレインストーミングやアイデアソンも大歓迎です。

お問い合わせ:info-srj@sbir3japan.co.jp
HP: https://sbir3japan.co.jp/
Corda Guide:https://support.sbir3japan.co.jp/hc/ja
Twitter: https://twitter.com/R3Sbi
Facebook: https://www.facebook.com/R3DLTJapan

Corda japan

Cordaで世界を変えよう

Medium is an open platform where 170 million readers come to find insightful and dynamic thinking. Here, expert and undiscovered voices alike dive into the heart of any topic and bring new ideas to the surface. Learn more

Follow the writers, publications, and topics that matter to you, and you’ll see them on your homepage and in your inbox. Explore

If you have a story to tell, knowledge to share, or a perspective to offer — welcome home. It’s easy and free to post your thinking on any topic. Write on Medium

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store