CordaCon 2021 CBDC編

Toami
Toami
Nov 17 · 5 min read

はじめに

Cordaの最新機能、最新事例、ロードマップなどの発表を行う年に1度の大イベント「CordaCon」が今年も開催されました。

2021年は9月28日~30日の3日間に渡り、ロンドンとオンラインのハイブリット開催され、Corda 5.0プレビューや、最新事例紹介、秘密計算を実現するConclaveの紹介などが行われました。

本記事では、中央銀行デジタル通貨(CBDC)をテーマにしたセッションについて紹介します。

目次
1.デジタル通貨サンドボックス紹介
2.CBDCの基礎
3.CBDCの処理性能とメンテナンス

1. デジタル通貨サンドボックス紹介 — Intro R3 Sandbox for digital currency

R3社が昨年よりCBDC Working Groupを中央銀行や商業銀行、ITベンダーを集めて開催してまいりました。そこでのディスカッションをベースに作成したのが、デジタル通貨サンドボックスです。このセッションではR3がSandboxを作成した背景や機能の説明、今後の開発スケジュールなどを紹介したあと、実際にSandboxのデモをご覧いただきます。ホールセールCBDCの発行、移転、償還という基本機能や銀行間での債券とCBDCのDVPのデモ、続いて最近追加されたリテールCBDCの取引、流動性の管理などの機能をデモいたします。

2. CBDCの基礎— CBDC 101 to 404

中央銀行デジタル通貨とは何か、何を目的としているのか基本的な概念からR3が各国の中央銀行とやってきたこと、そして最新の状況までをR3のデジタル通貨担当者が語ります。CBDCはビットコインのような暗号資産やでなく、安全な資産に裏打ちされており、いろいろな用途・種類があります。一般利用型CBDCやホールセールCBDC、クロスボーダーCBDCなどがあり、物の売買の決済でなく、新しい決済プラットフォームを提供します。既存決済手段やデジタルマネーとの違いを説明します。

3.CBDCの処理性能とメンテナンス

CBDCの通貨トークンとして代替可能トークン(FT)がいいのか、非代替トークン(NFT)がいいのかをパフォーマンスの点から検証します。発行するトークンの数の違いによってFTとNFTでどのようにパフォーマンスに影響を与えるのかを実証実験のデータを元に検証します。またパフォーマンスに影響を与えるバックチェーンの増加を抑えるにはどうするのか見ていきます。次に取引が連続した場合、パフォーマンスを維持するにはどうしたらよいのか、トークンの再発行の方法を見てきます。Cordaの機能を活用しながらパフォーマンス劣化を防ぐシステムメンテナンス方法を解説します。

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。デモにつきまして日本語字幕をつけたものもご用意しております。是非こちらのサイトにアクセスください。

ホールセールCBDC基本デモ(日本語字幕付き) https://sbir3japan.co.jp/corda/r3-product/corda-cbdc/ 一般利用型CBDC, ダイナミック流動性管理の機能デモ(日本語字幕付き)https://sbir3japan.co.jp/cbdcsandbox-retail/

記事へのご質問やブロックチェーンに関してお困りごとがございましたらお気軽にご連絡下さい。どのようなことでも大歓迎です。
Facebook: https://www.facebook.com/R3DLTJapan
Twitter: https://twitter.com/R3Sbi
HP: https://sbir3japan.co.jp/product.html
お問い合わせ:info-srj@sbir3japan.co.jp

Corda japan

Cordaで世界を変えよう

Corda japan

Cordaで世界を変えよう

Toami

Written by

Toami

Corda japan

Cordaで世界を変えよう