不可能な大事業

ばらばらに点在した我々を
一箇所に吸い寄せた不可能な大事業こそが、
力を重ねて取り組むべき課題なのでは…

この時代の必然を運命と呼ばず、なんと呼ぼうか。