CryptoKudasaiJP
Published in

CryptoKudasaiJP

Pine Protocol× CryptoKudasaiJP AMA内容まとめ

2022/5/9に行われた、Pine ProtocolとのAMA(Ask Me Anything)についてまとめた記事です。

Pine Protocolについて

Pine Protocolは、パーミッションレスのNFT担保型暗号通貨ローンプラットフォームです。借り手と貸し手の両方が使用できるスマートコントラクトを持つPine DeFiプロトコルを搭載しています。「Pine Now Pay Later」などのユニークな機能により、NFTコレクターが住宅ローンを利用するように購入資金を調達することができます。また、Pine Walletにより、NFTをローンの担保として差し入れた場合でも、借り手はNFTのユーティリティを保持することができます。

Pineのチームは、ブロックチェーンエンジニア、クオンツトレーダー、経営コンサルタントなど、多様で相互補完的なバックグラウンドを持つ人々が集まり、完全にオンチェーンで行われる資産担保金融の未来のためのインフラを構築しています。Pineのミッションは、ブロックチェーン技術を活用した効率的なアセットバックト・ファイナンスを実現することです。

AMA概要

AMA本編の内容まとめ

AMA本編の内容について、Q&A方式で記載していきます。

Q: 自己紹介を兼ねて、あなたの経歴やPineのチームについて教えていただけますか?

まず、私はAlexといいます。みなさんこんにちは!

Pineチームは、ブロックチェーンエンジニア、金融の専門家、経営コンサルタント、投資銀行家など、多様で相互補完的なバックグラウンドを持つ人々が集まり、完全にオンチェーンで行われる資産担保金融の貸し借りの未来のためのインフラを構築しています。

私はプロジェクトをリードしています。短い自己紹介をさせてください

私は2013年から暗号通貨のマイニングを始め、2017年からスマートコントラクトの開発者をしています。まだ22歳(本日23歳になる)ですが、ブロックチェーンの経験は9年、スマートコントラクトの開発経験は5年あります。

シャロンは元ウォール街のクレジットおよびFXのトレーダーで、非流動性資産の価格設定と取引に精通しています。ステート・ストリート・バンク、香港金融管理局、ICBCで5年以上の実務経験があります。

Q: Pineを紹介してもらえますか?既存のソリューションが解決できていない問題を解決できるのでしょうか?また競争上の優位点は何ですか?

Pine Protocolは、パーミッションレスのNFTに裏打ちされた暗号通貨ローンプラットフォームです。借り手と貸し手の両方が使用できるPine DeFiプロトコルが搭載されています。

「Pine Now, Pay Later」などのユニークな機能により、NFTコレクターは住宅ローンを利用するように購入資金を調達することができます。Pine Walletにより、借り手はNFTをローンの担保として差し入れても、NFTのユーティリティを保持することができます。

私たちのの技術革新により、私たちは市場で最も豊富なNFTコラテラルのセレクションを提供するレンディングプロトコルです。他のプロトコルが10種類以下であるのに対し、弊社は27種類のコレクションをサポートしています🚀

Pineはこの種のものとしては初の試みです。Pine以前は、NFTの各部分で貸し手と借り手をマッチングしようとする貸し出しプラットフォームしかありませんでした。

Pineは、NFTを担保に、1つの暗号通貨プールから複数のNFT所有者に暗号通貨を貸し付けることを始めました。貸し手側ではまず暗号通貨プールに流動性を確保し、借り手側では即時融資を可能にするという当社の設計は、他のP2Pプラットフォームよりも拡張性が高く、優れたUXを提供します。

貸し手側には、革新的な貸出プールと清算フレームワークがあり、貸し手が効率的に利回りを得て、NFTを割引価格で購入する機会を提供しています。

Q: このプロジェクトのためにチームが構築した技術やプロトコルはありますか? または、チームが適用している注目すべき技術はありますか?

このチームは、デジタル資産、特にNFTの即時貸し借りの標準となるPine Protocolを設計しました(Project Wyvernのようなものですが、融資のためのものです)。

Pine Walletは、Pineのもう一つの標準化活動で、コントラクトに格納されたNFTを安全なフォワーダーサービスを使って利用できるようにするものです。

その他プロジェクトで生まれた技術

  • マーケットプレイスとの連携が可能なフラッシュローンを用いたPine Now Pay Later (Buy-now-pay-later)
  • 繰上返済や一部返済に応じた利息計算の仕組みの高度化(NFTfiより高度化)。
  • レンディングプールへのガスレス/ガス効率的な参加

Q: これまでに達成した主なマイルストーンと、目標とするマイルストーンをスケジュールとともに簡単に説明してください。

一番優先度が高いのはセキュリティです

Pineは、1月にNassecによる最初の監査に続き、Quantstampが実施したスマートコントラクトコードの完全監査を完了したところです。どの資産も危険にはさらされていません。

借り手と貸し手の両方の安全性をさらに確保するために、すべての改善作業を完了することが最優先です。初期のユーザーの皆様からのご支援に感謝し、「Pine Pieces Genesis」というNFTをエアドロップしています。

2022 Q2

  • TGE (5月)
  • Pine Pieces Generation 2 Drop (5月)
  • コードネームBristlecone(5月)。LTVベースの清算、ローンのロールオーバーなど、借り手のエクスペリエンスを向上させるための機能を満載したリリース。
  • コードネームPinyon (7月): ソラナベースNFT担保ローン

LTV: Liquidation Loan-to-Value

Q: これまでのプロジェクトで苦労したことはありますか?それをどのように解決しましたか?

最初に直面した壁は、顧客を見つけることです。私たちは、ユーザーを惹きつけるために、早期に大量のトークンを配布するような戦略を信じていませんでした。最終的には、Cyberbrokersのようなニッチだが価値の高いコレクションのためのレンディングプールを開くことで、プロダクト・マーケット・フィットを達成しました。現在、私たちはCyberbrokersのトップ50のホルダーになっています。

2つ目の課題は、私たちと一緒に働いてくれる適切な候補者を見つけることです。例えば、Solanaの構築を手伝ってくれる経験豊富なRust開発者を採用するのはかなり困難です。

そこで、私たちのチームは、Solana Singapore Hacker Houseなど、さまざまなクリプトネイティブのイベントに参加し、ピッチを行い、リーチを広げました。また、人材派遣会社にもアクセスし、潜在的な候補者と面接を行いました。

Q: Pineトークンのトークノミクスと、有用性について教えてください

  • ブロックチェーンネットワーク ETH
  • トークンの供給 $200M
  • プロジェクト評価額: $40M
  • 初期トークン流通量: 2.55%
  • 初期時価総額: 1.275M
  • プラットフォームレイズ:バイビット / ソラニウム / ゲート
  • リスティング価格: $0.25
  • TGEマーケットキャップ: 1.275M
  • TGE正味評価額: $50M

Q: スマートコントラクトはオープンソースになるのですか?

はい。誰でもPine Protocolを構築することができます。開発者、ビルダー、セキュリティの専門家など、誰でも歓迎します。

Q: マーケティング戦略を教えてください。最初のユーザーをどのように獲得しようと考えていますか?

市場参入の戦略としては、まず、融資プールを埋めるための機関投資家を確保しました。NFTファンド、NFTスタジオ、ゲームガイドなど、貸し出す資金が豊富なところをターゲットにしました。現在、プラットフォームには1MドルのTVLがあります。

その後、NFT DAOやNFTマーケットプレイスなどのB2B2Cパートナーシップや、ダイレクトマーケティングによって借り手を獲得していきます。クリプトネイティブな方法と、伝統的な方法の両方で行います。

そして、私たちのクリプトネイティブのマーケットへの行き方について詳しく説明したいと思います。NFTのエアドロップでは、すでに「Pine Pieces」という独自のNFTコレクションを展開しています。私たちは、特定の高価値のNFTウォレットホルダーやコレクターをターゲットにして、NFTをエアドロップしたいと考えています。

Pine Pieces NFTと$PINEの両方は、私たちのプラットフォームをサポートし、拡張するために特別に設計されたユーティリティを備えています。さらに、Pine Piecesと$PINEの保有者には、このプラットフォームを利用し、より多くのPine Piecesと$PINEを蓄積するインセンティブとなるような特典が用意されています。

Q: 運営を維持するための収入源はどのように確保していますか?

Pineに課される2つの主要な手数料からです。

a) ローンオリジネーションフィー(2つの要素があります)

1. 融資額に対する0.35%のパーセンテージ手数料

2. 1件あたり30ドル固定手数料

b) 清算手数料(債務不履行の場合のみ請求):融資額の10%。

Q: 最近、ハッキングの事件が多発しています。セキュリティ対策はどうなっていますか?

プラットフォームの安全性を確保するため、2回の監査を実施しました。近日中にバグバウンティプログラムを開始する予定です。

Q: 現在の投資家はどのような方々ですか?

シードラウンドのリードは、Sino Global、Amber Group、Spartan Capital、Gate Ventures、Alameda Research、Impossible Finance、Shima Capitalです。

プライベートラウンドのリードは、Amber Group、Republic Capitalです。

Q: 企業やプロジェクト、著名な開発者などとの契約はありますか?

  • NFTBank: NFTコレクションに機械学習ベースの価格を提供します。
  • Quantstamp: スマートコントラクトの監査

Q: Pineに関するニュースや最新情報で、私たちに伝えたいことはありますか?

私たちは正式にプロジェクトをローンチし、現在、Akutars、Cyberbrokers、Moonbirds、OthersideのためのOtherdeedなど、27のアクティブなレンディングプールが利用可能になっています。

さらに、Generation II NFT AirdropとTGEも間もなく登場する予定です。

Q: これは因みに私の個人的な質問ですが、NFT LendingはOracleを悪用した攻撃なども考えられますが、そこらへんはどう考えますか?

第一に、オラクルは複数の価格ソースを用いて確保されます。

第二に、オラクルのソースがあれば、オンチェーンプライシングを使用して検証します。

3つ目は、ブロックごとに制限をかけることでリスクを軽減する対策です。オラクル攻撃は通常ブロック内で完結するためです。

コミュニティ質問の内容まとめ

CryptoKudasaiJPのAMAでは、毎回かなりの数のコミュニティ質問がされます。全てを紹介することはできないので、いくつかピックアップして紹介したいと思います。

Q. エアドロップにワクワクしていますが、どうすれば参加できますか?ホワイトリストに登録する必要がありますか?コミュニティのために他にどのようなイベントがありますか?

エアドロップは実際のユーザーに報酬が支払われれます!私たちのディスコードに参加して詳細を確認してください!

Q. あなたのプロジェクトの最も野心的な目標は何ですか?あなたのプロジェクトが暗号通貨市場で達成しようとしている究極のビジョンは何ですか?今後のアップデートを教えていただければ幸いです。

究極のビジョンは、PineがNFTだけでなく、住宅や個人向けなど、あらゆる資産を担保にした融資プラットフォームになることです。

Q. あなたのプロジェクトを3単語で表すと?

パーミッションレス、簡単、公正

Q. PINEの語源はどこから来ていますか?

リスが松ぼっくりを集めるように、NFTコレクターがNFTを集めるように!

Q. 私もPine Protocolをつかってみたいが、高額NFTをもっていないです、他に方法がありますか?

対応しているNFTの中には、ちょうど0.2ETH程度のものもあります。持っていない場合は、Pine Now Pay Laterを試してみてはいかがでしょうか。

Q: KudasaiNFTも担保に出来ますか?

紹介ありがとうございます!チェックします

Q. Pine Walletについて詳しく教えてください。それはブラウザの拡張機能として使うものですか?またそれはメタマスク などのように秘密鍵やシードフレーズを伴うウォレットでしょうか?

自分のシードフレーズで所有するスマートコントラクトウォレットです。色々な面をコントロールできます! ただ、任意のアドレスに自分の担保を転送することはできません(でもステーキングは✅)

Q. あなたが初めて手に入れたNFTを教えてください。

BAYCなんです。しかし、私はそれを7ETHで売って他のNFTを買いました…🥲だから私は二度とNFTを売る必要がないように、PINEを作りました。

Q. 担保にできるNFTの新規上場は誰が決定するのですか?

自分で決められます!プールは誰でも開けます

Q. この場合、貸し手はどのように保険をかけられるべきであり、担保の金利について他の選択肢はありますか?彼らはどのようなサービスを提供しており、リソースユーザーにとってNFTローンとプール購入のメリットは何ですか?

まず第一に、すべてのローンは過剰に担保されています。あらゆる種類のレンディングと同様に、貸し手は市場リスクを取る必要がある。

パインが違うのは、分離されたプール構造です。そのため、貸し手は不要なリスクを負う必要がありません。

Q. 何故NFTを割引で買えるのでしょうか

もしあなたが貸し手なら、誰かがローンを滞納したら、そのNFTを差し押さえることができます。

Q. チームには何人いますか?将来の成長のために新しい人を雇うことを計画していますか?

現在、チームには7人います。新しい開発者を1人採用して8人になったところです(彼は日本人の開発者です!)

私たちは様々なチャネルで採用活動を行っています。

Q: 最後に日本コミュニティ向けにコメントを貰えますか?

AMAを開催していただき、ありがとうございます。日本のコミュニティの情熱には驚かされます。私たちのプロダクトを気に入っていただけると幸いです!

Pine Protocolソーシャルリンク

CryptoKudasaiJPについて

CryptoKudasaiJPは、日本のブロックチェーンKOLコミュニティおよび投資グループです。

本AMAは、ブロックチェーンスタートアップが業界での成長と露出を加速するのを支援する活動の一つとして実施したものです。

--

--

--

CryptoKudasaiJP is a Japanese Blockchain KOLs community and Investment group dedicated to helping mainly blockchain startups accelerate their growth and exposure in the industry. We have been helping projects penetrate into Japanese marketing.

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store
Crypto KudasaiJP

Crypto KudasaiJP

https://t.me/KudasaiJP

More from Medium

AnyDAO x CrazyMeta Strategic Partnership

Eterland’s Update 22/03/2022

Welcome to r/Coinbase | Support: support.coinbase.com

DeFine Platform 1 Year Anniversary Carnival