ハンコヤドットコムさんに感動。

※ちょいと過去記事から引っ張ってきました。※編集後記を追加してみた

ハンコヤドットコムさんに感動しました。

ちょっとハンコをいいものにしようと思い、今までそこらへんで安いハンコを買ったものを使っていたのだが、ハンコヤドットコムを使って、銀行印と認印を新調してみた。その中でちょっとした残念なこととそれを遥かに凌駕する顧客対応をしていただいたので、お礼も兼ねてこちらで共有したいと思います。

一度購入したら、長年使うであろう、ハンコ。

ハンコって、一度購入したら、当分買わないですよね。だって印影が変わるともともと登録しているものも全部変更かけないといけないわけだし、そんなに一度購入したハンコが劣化するわけでもないですし。だからこそ、人生で1度買うか、それよりちょっと多いくらいだと思うんですよね。

そんな大事なハンコのケースに違和感が。

ハンコヤドットコムはなんとネットで注文したら翌日には発走して翌々日には早いと納品されるというスピード。値段もそれなりに抑えてくれる。いわゆるところのハンコECです。そして実際届いたわけです。中身をあけたときに違和感がありました。ケースに付いている朱肉の台が明らかに傾いた状態で固定されていたのです。ハンコのサイズとケースの掛けあわせで注文しているので、おそらくケースに、ハンコのサイズに合わせた朱肉の台をボンドなんかで固定していたりするのかなと思うのだけど、そのボンドの貼り方に問題があったのかもしれません。

ハンコヤドットコムさんに問合せてみた。

長年使うものだからこそ気になってしまった。何かご対応いただくことはできないだろうか、というような主旨のメッセージを問合せ欄に記入して送信したのです。翌営業日までには遅くとも返答するという主旨が記載されていたので、月曜日くらいに連絡いただけるかなと思っていました。

なんと11:36にメッセージを送って、11:48に電話が来た。

なんとメッセージを送ってから12分後に電話が来た。

「申し訳ない。交換用のケースを明日の午前着で送らせていただく。返信用封筒も同梱するので元のケースはそちらに入れて返送してくれればOK」

という主旨だった。

ものすごいスピード対応と、良心対応。びっくらこいた。

感動しました。問合せて12分後には連絡をもらい、その時点で「交換」というジャッジもできていて、しかも代替品が翌日午前中には届く手配をしてくれるという対応に。ハンコという特性もあるので、1度何かあったときに対応をきちんとしないと、イメージを挽回するチャンスがないという属性はあるかもしれないものの、それを抜きにしても感動的な対応でした。ハンコヤドットコムさん、どうもありがとうございます。

サービスとは何か。

もちろんハンコが欲しくて注文をしたわけだけれど、ハンコヤドットコムというサービスは、この一連のやり取りについても含めてのサービスなので、とても素敵な対応をしていただいたと思います。

ほんと、ハンコヤドットコムさん、ありがとうございました。

※過去記事転載だけじゃつまらないので、編集後記。

確かに素晴らしいサポート体制ではありましたが、やっぱりこれくらいのことはできないと!と自分たちが扱っているサービスに適用する判断を下す前に考えるべきことがあります。例えば、

・我々の扱うサービスは、高単価?低単価?
・我々の扱うサービスは、BtoB?BtoC?CtoC?
・我々の扱うサービスは、購入頻度は高頻度?低頻度?そもそも人生で数会?

この辺りです。ここらへんが全くずれているのに対応だけ真似するときっと痛い目にあいます。。。


Please follow CS journal :Facebook page / Twitter(@journal_cs) / LINE@