TGEとは

2018年1月15日にCTIAとして初のTGEプロジェクト「Centrality」を開始し、6分で完売という幸先のいいスタートを迎えることができました。

ではTGEプロジェクトの「TGE」とはどういうものでしょうか。

Centrality TGE」にて簡単には説明しましたが、もう少し詳しく解説していきます。

TGEとICOと暗号通貨開発

現在はICOやすでに公開されている暗号通貨に対して過去に類をみないほどの投資ブームが来ていると言っても過言ではありません。ビットコインのような暗号通貨は「ブロックチェーン」というテクノロジーが基礎となってできています。

現在、市場には様々な暗号通貨が出回っていますが、そのほぼ全ての暗号通貨がこのブロックチェーンというテクノロジーを元に開発されています。

暗号通貨はフォーク(コピー)バージョンのものであれば比較的、誰でも簡単に開発・発行することができます。また、プラットフォームによっては開発を一切行うことなしにオリジナルの暗号通貨を作ることも可能です。しかし、新しい暗号通貨をきちんと開発・流通させたいと考えた場合に必要となってくるのが斬新なアイデアと開発チーム、そしてそれを実現する資金です。

新しいオリジナルの暗号通貨に対する開発コンセプト・アイデアや理念等があったとしても、資金がなければ開発を行うことはできませんし運営していくことができません。大手の企業や資産家などの場合を除いて暗号通貨の開発グループというのは開発するための資金がありません。せっかく、世の中の劇的に変えるコンセプトや斬新なアイデアを持っていても、開発資金がなければ、そのプロジェクトが日の目をみることはありません。そこで考えられた暗号通貨の開発資金を集めるための仕組みが「ICO」と呼ばれるものです。

ICOとは?

「クラウドファンディング」と言う言葉を聞いたことがありますか?

これは新しく自分のアイデアを商品化したいと考えた人や企業(提案者)が、それらの実現に必要な資金を集めるためにどのようなものを作りたいかウェブサイトなどで公表して出資者に出資してもらうものです。もちろん出資してもらう段階では商品はありません。アイデアがあるだけです。

提案者の提示する出資希望額が集まり、その資金を元に商品開発を行い、出資者は提案された商品を提供してもらえるというものです。出資者はこういう商品があるなら欲しい・使いたいと思って商品アイデアに出資するのです。

開発された商品が手元に届くのには資金が集まってからの開発期間が必要なため時間がかかりますが、その分安く手にすることができることがほとんどです。商品は資金が集まってから開発されますので、提案者は開発のための資金を先に手に入れることができるのです。

仮に誰も魅力を感じない商品を提案したところで資金は集まりません。開発に必要な出資希望額を設定するのですが、その希望額を達成しなければ残念ながらその商品を作ることはできません。その場合は出資した人は資金が返ってきて終了です。商品を受け取ることはできません。しかし出資金を失うこともありません。

これが「クラウドファンディング」と言われる商品開発の仕組みです。現在ではクラウドファンディング専用のサイトなどもあり、誰もが気軽に参加できる仕組みが整いつつあります。。

それではICOはどういうことか本題に戻りましょう。「ICO」とはInitial Coin Offeringの略です。「イニシャルコインオファリング」と読み、暗号通貨プロジェクトがスタートする際にほとんどと言っていいほど使用される資金を調達する手段です。簡単に言うと、開発前に先に「開発される暗号通貨を受け取る権利」のようなものを発行し、それを販売します。そこで集めた資金をもとに暗号通貨の開発を行い、無事に開発できた時に約束していた数量の「開発された暗号通貨」を引き渡すという流れです。

先ほどのクラウドファンディングによく似ていると思いませんか?

実際に、仕組みとしてはほとんど同じです。そのためICOも暗号通貨のクラウドファンディングとも説明されます。暗号通貨の開発者は新しく開発したい暗号通貨のアイデア・コンセプトや理念、利用方法などを紹介した「ホワイトペーパー」というものを作成します。この「ホワイトペーパー」とは暗号通貨の設計書のようなもので、開発したい内容やアイデア、そしてそのアイデアが生み出すものなどが記載されています。

また、「ロードマップ」並行して作成される場合が多いです。「ロードマップ」とは開発する暗号通貨の開発の流れや達成していく目標を時系列などで表しいるものです。いつまでにどのような仕組みのものをどのような流れで開発していくかを表したもので、ユーザーはそれをもとに開発プロジェクトの進捗状況を確認できます。ICOの時点では、そのプロジェクトが無理のない計画なのかを判断する材料の一つとなります。

「ホワイトペーパー」「ロードマップ」に内容をきっちり盛り込むことで様々な人に開発したい暗号通貨の魅力を知ってもらうことができます。この「ホワイトペーパー」があいまいなものだったり、アイデア・コンセプトや理念がユーザーに受け入れられなかったりすると、開発したい暗号通貨に出資してくれる人が少なくなります。当然ですね。投資したいと魅力を感じるものでなければ出資者が集まるわけはありません。

逆に、しっかりとした内容で先見性があり、将来性が高いと評価される暗号通貨のホワイトペーパーはとても魅力的です。誰もが出資したいと考えるでしょう。そういった暗号通貨のICOはとても人気があり、ICOが開始になると短期間で開発希望額が集まり終了となります。

これが暗号通貨におけるクラウドファンディング = 「ICO」です。

ではこの「ICO」で提示された「ホワイトペーパー」「アイデア」「開発チーム」などは本当に存在して本当に暗号通貨の開発が進むのでしょうか?

・もしホワイトペーパーが嘘だったら?

・立ち上げの会社が実在しなかったら?

・お金だけ集めて開発せずに逃げたら?

実は、このようなリスクが非常に高いのもICOなのです。開発は約束通り一応行うものの、使い物にならないような暗号通貨を出資者に配り、開発という名目で集めた大半のお金は開発者が持ち逃げする。といったこともあります。冒頭にも記載しましたが、現在は暗号通貨への投資ブームです。さらに言えばかなりのICOブームとも言えます。何かしら「暗号通貨のICOを行う」と言えばお金を集めやすい時期でもあります。そういったブームに乗って、ICOという名をかたった詐欺が頻発している事実もあります。

このような行為が頻発している地域や国では、このICO自体を禁止と法律で定めています。本当にしっかりとした基盤をもって開発している暗号通貨は少ししかないのです。では本当にいいアイデアや基盤を持った信頼性の高い暗号通貨のICOを見極めるにはどうすればいいのでしょうか。そういった出資者の不安を少しでも解消するために開始した信頼性の高いICO。それを「TGE」と呼びます。

TGEとは?

では「TGE」とはどのようなものでしょうか。TGEとは「Token Generating Event」の略です。この言葉には非常に重要な意味が含まれます。行うことは「ICO」も「TGE」もほとんど同じです。ホワイトペーパーなどで暗号通貨の情報を伝え、クラウドファンディングで資金を募り、暗号通貨の開発を行い公開する。この流れは同じです。

大きく違うのが「信頼性」です。

デューデリジェンス(精査)

TGEではプロジェクトに対してデューデリジェンス(情報の精査)を行います。プロジェクトのアイデアに始まり、集めた資金の使用目的、流通の仕組みや暗号通貨の利用方法、法的問題などです。CTIAでは投資銀行の長年の経験をもつパートナー調査機関が精査を行い、公開しても問題はないと判断された暗号通貨に対して「ICO」ではなく「TGE」として資金調達を行います。

このパートナー企業では精査を行った結果、TGEとしては扱えないと判断された暗号通貨に対しては、開発企業に対し修正点などのアドバイスを行います。この精査に関して、妥協は一切しません。企業とユーザーの全てが安心して取り組める仕組みのために設けられた基準を満たすまではTGEにはならないのです。ICOの中で、どのプロジェクトが可能性が高く期待できるのか。どのプロジェクトが詐欺なのかを見極めるのは一般ユーザーからは非常に困難です。その結果、大事な資産を失ってしまうことにもなりかねません。

KYC/AML(本人確認手順/資金洗浄防止)

また、開発者の立場で考えた場合のリスクとして、いいものを開発したにもかかわらず悪用されてしまうなど、理念に反する使われ方をされないか?というものがあります。このように開発者の意図した使われ方をされなかったらということを考えなくてはいけません。

CTIAのTGEは「KYC」(Know Your Customer:本人確認手順)と、「AML」(Anti-Money Laundering:資金洗浄防止)を行うことで、開発者にとってもユーザーにとっても双方のリスクを極力減らしていくことのできる信頼性の高いICO、クラウドファンディングなのです。