おめでとう

From 高木 仁也

もう、4月だね〜。早いね〜。朝、会社に向かっている途中で、ピチピチのスーツを来て、中年の人に付いていく若い人たちをよく見る。

オフィス街だから、スーツを来ている人が多いんだけど、新人っぽい人がたくさんいるね〜。スーツが綺麗な、これから社会人だぜ!って人をたくさんみる。

これから、社会人として働いていくわけだけど、頑張るんやで〜。

研修をやったり、今までやったこと無い仕事をやったり、知らない取引先の所に挨拶に行ったり、出来ないことが出来るようになったり。

色んなことに取り組んでいくと思うんだけど、頑張るんやで。

理不尽な事があるかもしれないけど、理不尽だな〜と思うことは、なんでそんなことになっているのか?って事を考えてみると良いよ。理不尽になるには、理不尽になっている理由があるからね。

今、新しい会社に入るあなたにとっては右も左もわからない会社でたくさん苦労すると思うんだけど、それも全てポジティブにとらえていこう。どんな事があっても、いずれそれはいい経験になるはずだから、色んな事を経験しておくと良いよ。

即効で辞めるとかは、ちょっともったいないかもしれない。社会的には即効で会社を辞めた僕が言うのもなんだけど、今では色んな経験をさせてくれた前の会社に感謝をしているし、その経験をした自分も一回りくらいはデカくなれた気がする。w

社会に入って、働いてみると「これが社会か」って思うことも多々あると思うんだけど、1つ1つに疑問を持って、「本当にこれでいいのか?」って事を問い続けていくと、その会社に染まらなくて自分自身の力をつけることが出来ると思うよ。

新しい新入社員の人、頑張れ。

PS.

ちなみに、僕は前の会社に入って2日目にブチ切れられた。めっちゃ一生懸命働いているつもりだったんだけど、2日目にして、上司に呼び出されて「お前、なんやその歩き方」って怒られた。

「それが、お客さんの前に立つ人間の歩き方か?」って言われた。

それまで、歩き方なんて注意された事もなかったし、その時は「そんなことで怒る?」って思った事もあったけど、最終的には怒ってくれた人に感謝している。

そういう小さな事も、ビジネスにとっては大事って事をその人は教えてくれたんだと思っている。

どんな環境に行っても、本人次第で受け取り方はなんとでもなるぜ。

Like what you read? Give 高木仁也 a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.