これは、イジメか?

サッカーをやっていた時の話。試合でよく使っていた戦略?というか戦術みたいなのがある。

聞いたら「あ〜それね」みたいな感じになるんだけど、以外とできてない人が多かったってのが事実。

社内のマネジメントレター(ウチの会社は、社長や役員、マネージャーが部門のメンバーに対して情報を発信するメールがある)でもあったんだけど、サッカーの試合で勝つ為にやること、それは、、、

穴を見つけてトコトン叩く

これ、サッカーで勝つためには絶対に避けては通れないというか、やってたらわかるんだけど、強いチームほどこれをやる。

しかも、あからさまに。w

例えば、11人の内で1人だけ、左足が蹴れない人が居るとする。試合をしている最中に「なぜか、アイツは右足でしかボール蹴ってないな」っていうのを見つけると、その右足しか蹴れないやつバッカリにボールを集めるようにして、右で蹴れないように追い込んでいく。

そうやった時に、無理矢理にでも右足で蹴ろうとしているならチャンス。

確実に左足は蹴れないから、嫌でも左足で蹴らせるようにもっていくのね。

こんな事を聞いていると、「お前性格悪いな」って思うかもしれないけど、勝つための手段としてやっていることだからね。

左足で蹴れない、左足で蹴ったらミスをする。って事がわかれば、その人にばかりボールを集めて、そこでボールを奪うように試合を持っていく。

こっちのチームが責めるのも、その人(穴)がいる所から攻めていく。なぜなら、そいつに奪われたとしても、左足が蹴れないから、右足でしかパスが出せないコースを塞いでしまえばこっちのものだからね。

そうやって、相手の弱点からドンドン崩していくわけ。

そうすると、相手も気付く。「チームメイトでボールが蹴れないことがバレたな、、、」って。

そうすると、普段とは違ったサッカーになるから、調子が出ない。

なんか、全然うまくいかない。みたいな事になるわけ。

それで、ミスが重なって、失点する。

こっちは、相手のミスを誘ってボールを奪って得点する。

僕が試合をしている時は、基本的に相手のチームの「穴」を見つける事をしていた。

んで、その穴を見つけたら徹底的に叩く。

僕は声が大きかったので

「おい!そこ穴やぞ!」

って堂々と良い散らかしていた。

すると、相手のチームの穴が「お前うるさいぞ。」って言ってくるんだけど、そうなったらこっちのもの。

感情的になると、どうしても自分よがりのプレーをしたり、普段なら絶対にやらないようなミスをしたりする。

そういうのを狙っていた。

逆に、強いチームはまず、穴が少ない。それを見つける事が難しいし、それを出そうとしない。基本的に強いチームは強い所ばかりで戦ってくる。

エースプレイヤーがいれば、そいつにバッカリパス出して、勢いを付ける。そこから、他の選手がサポートなり、動き回ってチームに勢いを出していくわけ。

そうなってくると、試合のペースが相手のペースになって、やりやすくなるってわけ。

相手の弱い所を見つけてトコトン叩く。ってのは試合で勝つのはとっても大事。

そして、それが出来ない時は、自分たちの強い所で戦うしかなくなってくるってわけ。

もし、あなたがこれを読んで、「この人は性格が悪いな」って思いつつも「なんか、わかる気がする」ってなら、あなたは僕の仲間だ。w

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.