その仕事に誇りを持てるか?

これから就活する人は、今考えている最中かもしれないんだけど、既に仕事をしている人も考えて欲しい事がある。

それは、「今の仕事に誇りを持てるのか?」って事。

これから仕事をするって人、就職をするって人は「その仕事に対して自分は誇りを持って働く事が出来るのか?」って事を考えて欲しい。

こんな事を言うと「いやいや、良い事ばかり言うなよ」って思っちゃうかもしれないけど、自分の仕事に誇りを持てるか?っていうのはとても大事な事。働くモチベーションになるし、そもそも働いている理由っていうのを与えてくれる。

仕事に誇りを持てない場合は、仕事自体が楽しくなくなることが多い。なんの為に働いているのか?という質問に対しては、常に「お金の為」っていう答えになってしまうんじゃないかなって思う。

もちろん、お金はとても大事だし、生活する上では必要になってくる。その為に働いているって事は悪いってことじゃない。しかし、もし誇りを持たずに働いているのであれば、あなたの時間をただ消費しているだけに過ぎない。

あなたの時間をお金に変えているだけにしか過ぎなくなってしまう。仕事をする理由が「金の為」だけになってしまう。そんな人生は寂しいと思わないか?

金の為だけに一生懸命なるのって、なんだか悲しいと思わない?

あんたの時間はお金でしかない。つまり、金だけ出しておけば何でも良いんだろ?って思われるって寂しくないか?

別に、金持ちになって豪遊するって事を目指しているのなら構わない。いつか金持ちになってやる!って思うことも悪いことじゃない。年収が良い所に入るってのも良いとは思う。けど、お金をいくらもらったとしても、あなたはその人生で良かった。と本当に思うんだろうか?

自分の仕事は「金の為」。そう思って働いた後で、働いている時間を振り返った時に、「もっとこうしておけばよかった」と後悔することは無いだろうか?

自分の仕事に誇りを持てない。って言うのはとてもツライというか、なんか虚しい気分になると思うんだよね。

逆に、自分の仕事に誇りを持てるってなら、お金なんて関係なくて、ただ働いている事自体が自分を表現しているって事になるし、その一員である事に喜びを感じる。だから、お金とかよりも大切なものを手に入れていると思う。

お金では手に入れる事が出来ない仕事への充実感だったり、自分の成長感だったり、なによりも自分の仕事に対して一生懸命になれると思う。

そして、誇りを持って働いている人は格好良い。そういう人と一緒に仕事をしたいって思うし、その人と一緒の時間を過ごしたいと思う。その人と切磋琢磨したいと思うし、その人と成長したいって思う。

企業で働く基準

もし、あなたが企業で働くっていうのなら、こう問いかけてみて欲しい。

「この企業で働いたとして、その仕事に対して自分は誇りを持って働くことが出来るだろうか?」

それを考えてみて欲しい。

そこで、あなたが「誇りを持てない」ってならその企業で働くのは辞めておいた方がいい。なぜなら、あなたが今、企業の事で知っている事はおそらく企業の情報の中でも最もいい情報だから。企業であなたが最高のパフォーマンスを発揮した時に実現できるような情報だと思うから、それであなたが誇りを持てないなら、辞めておいた方がいい。

そして、誇りを持てるのかどうか?というのは、誰に伝えるのか?っていうと、自分自身に対して思うことでもあるんだけど、最高なのはあなたの子供だと思う。自分の子供に対して、素直な心で「自分はこの仕事に誇りを持って働いている」っていえる仕事かどうか?ってのが大事じゃないかなと。

もちろん、まだ学生の人には子供が居ないはずだけど、自分に子供ができたら、自分がこれから就職する所で行う仕事は子供に対して「誇りを持っている」と胸を張っていえるのか?って考えてみて欲しい。

注意してほしいのは、親に対して、「誇りを持って働いている」って伝える必要はあまりない。親に対して仕事に対しての誇りを考えると、大企業とか安定した企業みたいなのになってしまう場合が多い。

そうではなくて、あなた自身が、その仕事をしている時に「誇りを持って働けるか?」って事が大事なんだ。どこで働いているとか、大企業で働いているとか、大きなプロジェクトを任されているとか、そういうのではなくて、あなた自身が、その仕事をすることが、あなたにとっての誇りになるのか?って事を考えてみて欲しい。

そして、その誇りに思えるのか?って事を、企業選びの基準にしてもらえればなと思う。

あなたにとって、誇りに思える仕事とはなんだろうか?

採用情報はこちら→https://www.d-publishing.co.jp/

Like what you read? Give 高木仁也 a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.