やったことない。だからやりたい

From 高木 仁也

今日は久しぶりに自分の想いというかね、考えを書いていこうと思う。

昨日、弟と一緒に東京から新幹線に乗って帰ってきたんだけど(一緒の職場で働いてる。弟は現在バイト)、その時に話してた内容にちょっと近い。

なんか、弟から

「仁兄、リフレッシュってか、息抜きすることとかあるん?」って聞かれたのね。

仕事が趣味みたいな状態になってるから、寝ても冷めても仕事の事をばっかり考えて、休みの日は奥さんとゆっくりしてるけど、それ以外はずっと仕事。

大丈夫?

的な事を聞かれた。で、このブログで書いている内容とか、発信しているメッセージを読むと、「この人、めちゃくちゃ厳しいんじゃないか」って思う人もいるらしい。

ま〜ね、全然大丈夫。

なんかね、そういう話じゃないんだよな〜って。体の事とか、働きすぎじゃないか?って思われたりするんだけど、別に自分では思ってないというか、それが普通だからな〜と。

でも、こんな僕でも息抜きする。

夜遅くに、お笑いの誘惑に負けてしまうこともよくある。

YouTubeみたり、Amazonプライムをみたりする。

でね、その時にめちゃくちゃ良い動画があったのね。個人的にはめちゃくちゃ好きな動画で、自己啓発的な感じになると思うんだけど、凄く共感できる話。

YouTubeで「DJ社長」って調べれば出てくると思う。40分くらいの話しなんだけど、めちゃくちゃオモロイし、共感するし、勇気づけられる。ここにURLを貼っても良いかなと思ったけど、発信している「DJ社長」って人の他の動画は下品なものも多いので、みたくない人もいると思って、自分で調べてね。

その動画では、その人の経験というか、社長になるまでの経緯だったり、なんでDJをやっているのか?みたいな話があるのね。40分の動画なんだけど、ほんとうに一瞬で時間が過ぎたって感じた。

僕がそれを見たのは、夜の寝る前にふと見つけたから見たんだけど、なんかテンションがあがって、もう一回みてしもた(しかも、深夜の2時くらい)。

何が良いか?っていうのは、実際に見てもらうとわかるんだけど、1番刺さった事があるのね。

それが

出来ないから、やりたいんやん。

みたいな話。

なんて、言ってたかは方言も混じってたから忘れた。何回も見てるけど忘れたわ。

でね、この出来ないからやりたい。って言葉がスゲー好きなんよ。やっても出来ない自分が居て、でも実現したいっていう思いもある。だから、周りから何を言われようが、否定されようが、無理だと罵声を浴びせられようが、やりたいと。自分がやりたい事をやるんだって。

やったことがない。出来たことがない。今まで誰もやったことない事。

だから、やりたいんやん。って話をしていたのね。

それってさ、めちゃくちゃ共感できるってか、俺も一緒だなって。出来ないことだからやりたいって思うわけ。自分の出来ることばっかりやってるのって、なんかさ〜、しょうもないやん。

出来ることをずっと続けるってこともいいかもしれんけど、それで人生おわっちゃうわけやん?それだけで終わるってなんか寂しいやん。

どうせなら、自分のやりたい事に挑戦したいし、自分の理想としている姿を実現したい。やったことない事をやりたいって思うわけよ。

DJ社長って人は、昔イベントを開いて稼いでいたらしいんだけど、最初は、イベント開いても人が来ないとかあったんだと。

動画の中では、300人の会場を借りて、100人しか集客できなかった。だから、赤字。周りの人からは「どうせできない。やっても無駄」みたいな事を言われてたらしいんだけど、続けていくうちに、どんどん人が増えていって、2000人の会場をパンパンに出来たりしたみたい。

その後に、1万人が入る会場を借りて、もう死ぬほど頑張ったけど、4000人しかはいらんかったと。

めちゃくちゃ赤字になっている。と。

1万人入るところに、4000人ってもう半分はガラガラな状態だし、だいたい1万人を集められるかどうか?ってことくらいわかるやん。結果として4000人だったんだから、普通に考えればわかると。

でもね、やりたいんだと。

やったことないから、それだけ集めてやってみたいんや。って言ってた。

だから、今でもいろいろ頑張って行動してるみたいな話をしてた。

あと1ヶ月きった、、、

で、なんでこの話をしたのか?っていうと、僕も来月にやったことが無いことがあるのね。

僕自身がこれまでに開催したことの無い規模で、めちゃくちゃ凄い人が集まって、めちゃくちゃウチの事を好きなお客さんが700人くらい集まるイベントがある。

それをね、成功させたいわけよ。

来てもらうからには、成功させたい。来てくれた人が「ダイレクト出版は凄い会社ですね」って言ってもらえるようにしたい。

来た人全員に「この会社に出会えて良かったです」って言ってもらえるようにしたい。

来た人全員に「こんな最高なイベント初めてです」って言ってもらえるようにしたい。

普段から、僕らの商品を購入して、一緒に学んでいる人達と素晴らしいイベントを創り上げたいって思っている。

ハッキリ言ってね、来た人が全員「めちゃくちゃ良かったです!」っていうイベントなんて無いと思うのね。中には必ず「あ〜、しょうもない」って思う人も中にはいると思う。

でも、そういう人も「最高だったわ!」って言える、そんなイベントにしたいと思っている。

こんな事を言ってるけど、僕自身に700人の人がくるイベントを運営したこともなければ、全員が「最高でした!」って言っているイベントを聞いたこともない。

やった事なんて、ないわけよ。僕自身がやったことない。

でもね、やりたいやん?

来てくれた人、みんなが「最高でした!また、来ます!」って言ってくれたらめちゃくちゃ嬉しいやん。

そういう瞬間の為に、僕らは働いているわけやん。

そう言ってもらう瞬間が、本気で仕事をやってて良かったって思う瞬間なんだと思う。

やった事なんてないよ。

全員が「最高でした!」っていうのも出来るかどうかもわからない。

でも、それが出来たら最高やん?

そうなったら、めちゃくちゃ嬉しいやん?

だから、働くねん。

だから、一生懸命できるねん。

やったことないから、ワクワクするんでしょ。

Like what you read? Give 高木仁也 a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.