クイズ「オランダではラーメン1杯いくら?」

(昨日に引き続き、過去に書き溜めた記事を放出中です。)

さて、クイズです。オランダではラーメン一杯いくらでしょう?

チッチッチッチ

チッチッチッチ

チッチッチッチッチッ!

はい、時間になりました。正解は、2000円相当。らしいです。

なぜこんなに高いかといえば、物価というより、初めにオランダでラーメンを始めた人が2000円にしたから。そしたら日本のラーメンは2000円くらいという価格が受け入れられたから、だと聞きました。

日本の食文化は凄まじくレベルが高く、その辺の小さなお店のクオリティがめちゃくちゃ高いのですが、なぜかめちゃくちゃ安いです。例えばアメリカでは、味もサービスもイマイチなお店でランチを食べたら軽く1000円は超えます。ハワイは特に物価が高いし、ご飯のクオリティは日本の片田舎のお店並みかそれ以下。

サービスは別に良くないくせに謎のチップ文化があるので、適当なサラダとハンバーガーとポテトで$10に税金とチップ足して$13(1500円相当)になります。日本はといえば、味もサービスも素晴らしいのにランチは750円くらいが相場ですよね。

さすがに物価が2倍違うわけはないので、これは明らかに安すぎる。まぁ消費者からすると悪い話ではないのですが、安すぎるしわ寄せがどこに来ているかといえば、そりゃ飲食店の人たちです。お互いに単価を下げるので、どうしてもコストカットして、人が少なくて長時間労働で大変なのに儲けは少ない。

詳しくは知りませんが、たいていの飲食店ではお客さんが途絶えることなく来たとしても、儲けの限界値はあまり高くないんじゃないかと思います。

例えば、毎日12時間も休みなく働いて年収が2000万になったとして、それは果たして十分なのか?週休2日で毎日8時間、福利厚生も充実している年収500万と大差ないのではとも思うわけです。

そこそこラーメン好きな僕が一番好きなのは、京都にある家系ラーメン「紫蔵」です。横浜の家系より美味しい。ラーメン750円とご飯と玉子で合計1000円以下。たったの1000円で至福の時間が訪れます。正直言って、3000円の焼肉食べ放題と満足度は同じかそれ以上。

昔、ドイツ、シンガポール、オランダの留学生を連れて行ったら、ドイツの子は「パラダイスにいるみたいだわ(ハート)」と言っていたし、他2人の男たちは週2回以上通って常連になっていました。どの時間帯に行っても30分は待つし、昼と夕方は1時間以上待ちます。

もう少し値上げしてもいいのになー、と思う一方で、常連の大学生にとってラーメンが1000円超えるのは辛いので、悩ましいところではあります。

今日は特にオチはナシ。値付けってとても大事で、商売の根幹の部分なのによくわからないよねーって話でした。オランダではラーメンが2000円相当で受け入れられてよかった。そういえば、カナダでは1000円ちょっとでした。2000円くらいにしても成功したのかなー?どうでしょう。

ー ふくだっくすふんど

PS
あー、紫蔵に行きたくなってきた、、、でも、アクセスが悪いのが玉にキズ。お腹減ってくる。寝よう。