ボーナスで大切なものを失ってないか?

From 高木 仁也

最近、全然更新していなかったので、久しぶりに更新。理由は簡単で、このブログを読んだことがキッカケでウチに来てくれる優秀な人がいるから。

そして、優秀な人と僕は一緒に働きたいので、そういう人がいたらぜひ、ウチに興味を持って欲しい。

今日は、入社して何年か何ヶ月かわからないけど、もっと自分にチャレンジしたいって人に読んで欲しい。というか、そういう人にしか今までメッセージを書いてないんだけど、読んで欲しい。

というのも、友達が僕にいい話を教えてくれた。

その友達は今は独立してバリバリ稼いでやっているんだけど、当時は大手の商社で勤めていたんだよね。ま、みんなが知っているような会社で有名なところなんだけど、そこに入った理由は「世界で活躍したい」ってところもあったんだけど、「営業のスキルを身に付けたい」ってことだった。

大きな商社に入れば、大型な案件を取り扱ったり、時には海外の人と交渉をしたりと、すごい仕事ができると思ってその会社に入ったらしい。

けど、入ってみると営業することは一切なく。営業ができるのは早くて7年後。実際に営業をしている人は会社の中でも偉いというか、職位としては上の人で、かっこいいんだとか。

でも、実際になれるのは7年後で、それまではズ〜〜っと事務的なことをやり続けるしかないって言ってた。

僕は彼が独立したいってことを知っていたので

早く稼いで会社やめたらいいやん

と無責任ながら彼に伝えた。

彼は1人で稼ぐために副業をやっていて、その収入が今の収入が超えたら会社をやめようと決めていたみたい。

けど、それよりも早くやめたほうがいいよ。って僕は伝えていた。なぜなら、やれば成果出るってのがわかっていたから。

でも、当時の彼はなかなかやめることができなかった。仕事は忙しく、副業になかなか時間が取れずにいたのね。でも、その副業をやれば、それ一本でやれば、ま〜確実に今の収入以上は行くだろうって思ったから「早くやめたほうがいいんじゃないか?」って話をしていた。

で、結局のところ、彼は1年もせずに商社をやめて今は独立してバリバリ働いているわけなんだけど、その商社をやめる時に色々やっぱり言われるんだって。

「お前には無理だろう」

「なんで、わざわざそんなにリスクがあることをするの?」

「別に給与が悪いわけじゃないじゃん」

みたいなことを周りの同期というか、やめる話をするとやっぱり出てくるんだって。

その中でも「どうせやめるならボーナスもらってからやめたら」

っていう奴がいるみたい。ま〜そらそうなんかもしれんけどさ、僕が彼に言ったのは

「そんなんもらってないで、早く辞めろ。お前に今重要なのは金じゃなくて時間。その時間をそんな小さいお金で売ってたらうまく行くわけないで」

って感じの言葉を伝えた。もちろん、彼もボーナスをもらってからやめようなんて思ってなかったので、その次の週くらいに会社をやめたみたい。んで、そこからサバイバルじゃないけど、本気でビジネスに取り組んで今は成果を出しているそう。もちろん、収入はサラリーマン時代の倍は軽く超えているし、サラリーマンの頃よりも充実して、めちゃくちゃ働いている。

ま、何が言いたいか?っていうとね。

時間が一番大事なんだよ。って話。

この時間、若い時のじかん、今この瞬間があなたにとってはとても貴重な時間なわけ。なので、この時間をどこで過ごすのか?ってのは将来に大きな影響を与える。

だから、今の時間の使い方とか、どこで働くとかってのはちゃんと考えたほうがいい。そして、あなたが将来でかいことしたい。ってなら、今を大事に生きないといけない。なぜなら、将来は今の選択の積み重ねだからね。

そして、今のやっている仕事であなたが本気で取り組めてないなら、選択肢は2つある。

1つは、今の仕事に本気で取り組む。限界まで追い込む。そこで必死に仕事をするってことを意識してほしい。別にその会社にずっといる必要はない。でも、その会社で本気を出すってことには意味がある。限界まで追い込んでみると、その次が見つかる。

2つ目は、何か新しいことに本気で取り組む。オススメは自分でお金を稼ぐ経験をもつこと。時間を売ってしかお金をもらえない人は市場価値が低いと思っている。世の中で市場価値が高いのは、成果を出せる人だ。だから、自分で何か成果を出すことができる。そういう人材になることが市場価値を高める唯一の方法なんじゃないかな?って僕は思う。

その会社でしかできないことを磨くのではなく、どの会社でも使えるスキル。自分で稼ぐってことをしないとダメだろうって個人的には思う。時間を売るってのは誰にでもできること。でも、自分で稼ぐってことは誰にでもできない。というか、ほとんどの人ができないし、やろうともしない。

だから、できるだけで貴重な人材になるし、どこに行っても困ることがない。

今の自分は過去の自分が決めた事

もしあなたが、今の自分に満足せずに周りのせいにしているのなら、考えは改めたほうがいい。今の自分を決めたのは過去の自分だ。

仕事を選んだのも、その会社に入ろうと思ったのも、そしてその会社に決めたことも過去の自分が決めたこと。両親が決めたわけでも、友達が決めたわけでも、人事の人が決めたことでもない。

全部、自分で決めたこと。

そして、これから先の選択も自分で決めること。

もし、あなたが昔の自分に「あの時の選択を間違えなかったらよかった」と思うのであれば、今からの選択を変えてみよう。そうするだけで、おそらく、将来の自分がいる場所は変わる。

そして、最も良い選択を出来たと証明するのも自分自身だし、その証明をするためには、どんな時間の使い方をするのが良いのか?を考えてみると良いと思う。

若い時に最も大事なのは、どんな時間を過ごすのか?だと僕は思う。