仕事では1チーム何人以内がいいのか?

From:ふくだっくすふんど

はい、いきなり質問です。(これを読んでいるのが大学生なら、きっと実感のないテーマだけど、きっと将来的に必要になる話。)

「仕事では1チーム何人以内がいいでしょうか?」

チッチッチッチッ…

チッチッチッチッ…

時間になりました。さて、何人と答えたでしょうか?

サッカー経験者なら11人、野球経験者なら9人、カバディ経験者(!?)なら7人と答えたかな?

アマゾンでプロジェクトチームの人数は「2枚のピザルール」によって決めていて、

『2枚のピザをちょうど食べられる人数』

がいいらしい。ピザ2枚って何人かワカンネーーーー!と思ったあなた、その感覚は正しいw!!僕もピザ食べないから分からなかったけど、要するに7人くらい。

ダイレクト出版の名著「スケーリング・アップ」によると、1人のリーダーが管理できるのは7人から10人と計算され、組織内に自然にグループが形成されていき、

・社員1-3人(多くの個人ビジネス)
・社員8-12人(リーダー1人とアシスタント集団の効率的な企業)
・社員40–70人(5-7人のリーダーが、それぞれ7-10人のチームを率いる。まだ全員が社内全員の名前を知っている。)
・社員350–500人(7人のリーダーそれぞれに7人の中間管理職がつき、その下に7-10人のチームがいる。非常に効率的なチーム)
・社員2500–3500人(7-10人のチームがもっと多くなる)

となっていくと。

じゃあ、何で15人や20人のチームが良くないかといえば、1つにはコミュニケーションの複雑さがある。

次の図を見て欲しい。

コミュニケーションの経路の数。倍プッシュだ!!

2人だとコミュニケーションの経路は2通りしかない。しかし3人目が加わると一気に3倍の6通りになり、4人目が加わるとさらに4倍の24通りになる(!?)

3人→4人への拡大は人数だと33%増加に過ぎないが、複雑さは400%増すことになる。3人から6人は人数が倍になっただけだが、複雑さはなんと12,000%(120倍)増す。。。

15人や20人と考えていくと、もうジンバブエの年間インフレ率2億3100万%に及ぶ数字になるんじゃないかと。ま、どうでもいいんだけど。

実際、カナダの社員数2000人超の金融サービス会社を率いたCEOは、20年の実体験から、複雑さの脅威を肌で感じている。

企業が2人から10人体制に成長すると、そこで最初の”死の谷”に到達すると考えている。そこでプロセスを変える必要が生じるからだ。おそらく、マネジャーの補佐役を1人増やさなければならない。
「もう自分1人では会社を動かせない。だから経営方針を変化させる必要があるのだが、中にはそれを乗り越えられない経営者もいる」。
社員数25人になると、また新たな変更を迫られる。たとえば、財務を担当してくれる人材を雇わなければならない。社員数100人ほどになると、
「内部の意思伝達システムが必要になる。もう全員を集めた会議は開けないからだ」。

、、、と書きつつ、最近、新卒社員や学生バイトが一気に増えて他人事じゃないので、気が向いたらピザを2枚注文して、何人で食べられるのか試してみようと思います。

ー ふくだっくすふんど

— -✂ — -

採用情報はこちら→https://www.d-publishing.co.jp/