俺、このままじゃダメや

今日、Amazonプライムを見ていて思ったこと。今、Amazonでは、プロサッカー選手の本田圭佑と、対談するって番組?みたいなのがやっている。

それを、見ていたんだけど、「俺、もっと頑張らないとダメだな」って思ったのね。

その対談には、クラシルっていう会社の社長が出ていた。

クラシルって会社は、料理動画をアップしていて、レシピがわかりやすく動画で紹介されている。2017年の時点で、月間の利用者数は6000万人を突破していて、有料会員は193万人くらいいるらしい。

その会社の社長と、本田圭佑の対談を見ていた。

番組の内容は、経営者が対談するって感じの番組で、今どんな事を思っているのか?何を考えているのか?会社をどうしたいのか?とかをざっくばらんに、カフェで話すというもの。

結構面白いから、観てみると良いかも。

話自体は面白かったんだけど、なんで自分が「もっと頑張らないと行けないな」って思ったか?というと、その社長が、自分と同じ歳だったのね。

慶応大学を出ていて、大学4年の時に起業して失敗したらしいんだけど、そこからまた違う事業を立ち上げて、それが今の会社のクラシルって会社みたい。

20代で1000億の企業価値がある会社を作りたい。って言ってた。

それ聞いて、やっぱ格好良いなって。

んで、それを言っているのが、自分と同じ歳の人間なんだなって思って、俺ももっと頑張らないとなって思った。

別に比べているわけじゃないけど、なんかこういう事をしている人って素直に格好良いし、自分と同じ歳の人が活躍しているのを見るのは嫌いじゃない。

けど、自分はそういう所に行きたいし、そうやって大きな目標を立てて仕事をしていく一人の人間として、頑張りたいな。って思った。

まだまだ、自分は小さいんだなと。もっとデカイことをしていかないといけないなと。まだまだ成長しないと、そういう影響力のある人と一緒に世の中を変えていけないな〜と思った。

セミナーに参加していた人で、自分と同じ歳の人が居たけど、その人からもスゲー刺激を受けた。その人は、19歳からビジネスを始めて色々やっていたみたい。

それで、今はセールスライターとして活躍しているみたい。

それを懇親会とかで話するんだけど、話をしていく内に「自分はもっと成長しないとダメだな」って。

満足してしまうと、成長できない。

褒められて、それで終わるとそれ以上は無い。

自分より凄いやつなんて、いくらでも居る。

だから、人生って面白いんだろうな〜。

でっかいことをしようと思っても、そのでっかい事は結局は小さな事の積み重ね。日々の仕事を頑張っていこうと思う。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.