募金箱から1円玉取っちゃダメですか?

あなたは、募金箱から1円玉を取りたいと思ったことはありますか?(正直に答えてくださいね)

僕は、あります。

***

それはつい先日のこと。会社のビル内にあるコンビニで、砂糖不使用のお菓子を手に取りレジへ。1000円ほど残高のあるクオカードを店員さんに手渡した。

レジの台に募金箱があったので、6円ほど入れた。募金したい気持ちと、小銭を減らしたい不純な気持ちが半々。クオカードを持った店員はなぜか機械とレジの間をいったりきたり、そして僕にこう告げた、

「あのー、読み取れなくて使えないようです。 現金でのお支払いでよろしいでしょうか?162円です。」

まぁいいか。そう思い財布の小銭を数えてみると、えーと、ひゃくろくじゅう…い、いち。。。161円。162円まであと1円足りない!あぁ、さっきの6円を持っていれば。このまま千円札で払うとお釣りがたくさんで、999円分の小銭が溜まってしまう。(小銭が大量にあって財布がこんもりするのが嫌いなタチ。)

しかし、今更どうすることもできない。わなわなと震える手で店員さんに野口英世をそっと差し出し、お返しにジャラジャラと金属の塊を受け取るのであった。

***

後悔先に立たずとはよく言ったもので、人生とは常に「後悔したくなること」の連続です。小銭を減らそうなんて、ひどく自分都合な考えで小銭を募金箱に入れたバチが当たったのか、あるいはそうじゃないのか、僕にはわかりません。わかりませんが、これもまた人生。そもそも、1000回に1回くらいは999円のお釣りがくることになっています。(確率的に。計算が間違っていなければ。)

万事塞翁が馬。人生楽あり苦あり。なんでも起こりうる、くらいの気持ちで日々の出来事に臨むことができれば、今よりもずっと楽に生きることができるんだと、小銭で膨れ上がった財布を睨みつつ思う今日この頃でした。

ー ふくだっくすふんど

PS
最近は真面目な話が続いているので、どうでもいい話を挟んでみました。まる。

#採用情報はこちら→https://www.d-publishing.co.jp/

Like what you read? Give FukudaxHund a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.