学歴フィルター

家の近くに就活のイベントをする所があるのか、最近スーツを来た就活生をよく見る。

会社の近くでもいるんだけど、圧倒的に家の近くのほうが多いな。

男性の場合は、青っぽいネクタイ。

女性の場合は黒髪で、前髪ピン留め。

このテンプレだわ。

就活が3月1日から解禁になったからみんな一斉にスタートしたと思うんだけど、実は同じスタートラインから始めることはできない。

そもそも、既に面接をしていたり内定を貰っている人は何人かいる。外資なら既に結果は出ていると思う。

その人達は別だけど、もう一つ、スタートラインから始めることは出来ない理由がある。それが

学歴フィルターだ

企業側は「学歴は関係ないよ」って言うかもしれなけど、余裕で学歴で絞っているからね。

僕が大学の時に、友達がとあるインフラ系の説明会に行こうとしていたんだよね。超大手っちゃ大手で、人気な企業だった。

人気な企業は説明会の募集もすぐに満席になるっていう噂が出回っていたから、友達は説明会の募集が始まる時間ピッタリに応募をしようと待っていたのね。

応募開始の日付が変わる瞬間に申込みをすれば行けるだろうと。おそらく、周りの人もたくさん応募するからタイミングが合わなければむりかもしれないけど、とにかくチャレンジをしたみたい。

時間が23時59分から、0時に変わった瞬間に申込みフォームに行くと、、、

満席の2文字

いやいや、流石にそんなにみんな必死なのか?と。

運ゲーでしか説明会にも参加できないのかと。

ちなみに、説明会に参加できないと選考に進む事はできない会社だったから、その友達はその会社を受けることさえ出来なかった。

で、後日、、、

友達が大阪大学の友達と話していたら、ちょうどそのインフラ系の会社の説明会の話になったみたい。

時間ピッタリに待っていたのに、応募できなかったって話を大阪大学の子に話すと

「え、今でも応募受付中になってるけど?」

って言って、画面を見せてくれたみたい。

僕の友達の大学では「満席」なのに、大阪大学では「申込み受付中」

これが、現実だぜ。

学歴フィルターするなんて卑怯だ!

こんな事をすると、企業に対して「学歴フィルターするなんて卑怯だ!」みたいな話をしてくる学生が居る。

学歴だけで人を判断するな!って意見をする人がいるんだけど、それは間違っていると個人的に思う。

そもそも、大学なんてものは就職の為に入る人がほとんど。だから、大学に入る時点である程度は就職の選択肢が決まることなんてのは分かっていたはず。

それで、学歴で足切りになったなら仕方ないやん。

文句を言っても入れないものは入れない。だから、諦めて違う企業で頑張ろうじゃないか。

たまたま、何かのキッカケでその会社に入れたとしよう。

もし、何かのちからが働いて企業に入れたとしても、学歴フィルターをつけている会社は、会社の中でもそういう見えないフィルターがある。

大学名で仕事ができるできないみたいな判断をする人もいる。

実際に、大手で働いている人で、学歴が低かったら(別に一般的に見れば高いけど、その企業では底辺)、仕事を押し付けられるし派閥みたいなものにも入れない。

学歴がなくて入れたとしても、その会社の中でハメられるってことになるからね。

それが、社会だと思っておいた方がいい。

ただ、こういう学歴フィルターをしている会社は「悪だ!」っていうのではなくて、そもそもなんで企業が学歴でフィルターをかけるのか?ってのを考えてみると良いかもね。

なんで、そうやっていい大学の人しか面接させてくれないのか?とか、なんで、大学名だけで学生を振り分けるのか?学歴がなくてもいい人材はいるはずなのに、その機会損失をしている理由は何か?

そういう視点で色々考えてみると、就活も面白いものになるんじゃないかな。

ちなみに、僕が大学生の時に思っていたことは「低学歴の中から優秀な人材を探すよりも、高学歴の中から優秀な人材を探す方が効率が良いから」って結論付けていた。

他にも理由はあると思うんだけど、おそらくこの結論で間違ってないんじゃないかなと思う。

残念ながら、学歴フィルターはある。

大手であればあるほどある。

学歴が無ければ入れない会社はある。

それは仕方ない。

もしかすると、フィルターされている方が、入ってからお互いにメリットがあるのかもしれないしね。

大事なのは、それを知った上でどうするか?ってことだと思う。

PS.

たぶんだけど、ウチの会社は学歴フィルターはない!

Like what you read? Give 高木仁也 a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.