FukudaxHund
Jul 22 · 6 min read

もしあなたが、就活に限らず、新しい挑戦に対して不安を感じやすいタイプなら、きっと僕の話が参考になると思うので、社内の若手向けに書いた内容を、少し修正して伝えることにする。(「ですます」調の方が落ち着くけど、今回はあえてこっちのトーンでいく。)

僕は現在31歳。バイト期間も含めると入社8年目くらいで、年商数億円の事業部でブランドマネージャーをやっている。たまたま成果を出して、それなりの評価を受けたから大層な名前の役職になっているが、何か特別なものがあるわけでもなく、自信満々ってわけでもない。

現在、学生や第2新卒の面接をたくさんやっていて、応募者の話を聞くと正直なところ、「若いのにすげーなー」と思うことはよくある。営業で1位になったとか、自力で月ウン十万稼いだとか、海外で新規事業を立ち上げたとかとか、本当にすごい。

じゃあ僕の大学時代、就活はどうだったかといえば、うーん、、、そこそこ高学歴だけど、それ以外は平凡。例えば、

・大学4年間、部活に打ち込み主将もやった。 (けど、同時に麻雀もバイトも普通にやってた)

・バイトは塾講師1年半と日雇い派遣を少し。まぁ普通な感じで。 (けど、塾で大した結果は残していない) (しかも、家電配達のバイトでは運転手のおっちゃんにビビってた)

・大学4年で1ヶ月の海外インターン=募金活動をやった。 (けど、結果は普通。)

・留学にも1年行った。 (けど、まぁ普通に終わった。テストは平均点。英語はペラペラになってない。)

・アフィリとかブログとか挑戦しようとした。 (けど、友達にメアド登録させて1000円の報酬だけ。)

そんなわけで、「自分に営業とかセールスとか、できるんかなぁ、、、。結果出せるんかなぁ、、、。」と自信はなかった。(高校生の時は、自分が社会人としてやっていけるイメージができず、自分ができそうな教師という道を志した。)

実際、人生初の面接では、「頑張ったことは、受験と部活です!! 部活では、えーと、主将を務め、、、一生懸命にやったんですが、最後の試合は、自分の打席で打てず、試合が終わって、えー、本当に悔しくて、、、えーと、、、」と支離滅裂で不合格。

それから数ヶ月、今働いているダイレクト出版(のグループ会社・経営科学出版)の面接では、

「じゃあ明日からこれる?時給どうしよ?いくらがいい?」

と聞かれ、自信なかったので思わず、

「い、いくらでもいいです!学びながら仕事させてもらえるので!じゃ、800円でもいいです!」

と答えた。なかなかのヘタレ。結局、なんとなく850円に決定。(←この頃は採用プロセスが整っていなかった。)(←この時給はのちにちょっと後悔。)

そう、自信なんてなかった。なかったのさ。

でも、自信がなかったからこそ、頑張れたと思う。社員の人はみんな凄い人に見えたし、正直そこそこかなって人でも自分よりやっぱ経験あるし、ライティングもそこそこできるし、あぁ足りないとこだらけだって思って努力を続けられた。

自信がないからこそ、理論武装しようと勉強するし、事前に準備するし、レポートとか書くにしても、時間内で可能な限りいい形に仕上げるようにする。社内の情報発信は見逃さないようにする。

他の人へのフィードバックも自分の事のように吸収しようとした。ライティングの仕事は、今でもそんなに自信ないから、過去の成功例をうまくパクろうとしている。

就活の時には何もなかった僕だけど、そうやってコツコツやってたら、少しずつ結果も自信もついてきた。

さて、ちょっとややこしくなるけど、自信がいらないわけじゃない。

自信には多分2種類あって、このうち1つは必要。

それは、【自分に対する自信】。言い換えるなら【自己効力感】。これは必要。自分ならやれるって気持ちの事を自己効力感と言う。自己効力感は持っているべき。これは、小さな成功体験を積むと培われるはず。

で、なくてもいいのは、【物事に対する自信】。

これは多くの場合、やったことのない何かに対する自信。これは必須じゃない。むしろ、自信のなさを認めることで頑張れるかもしれないし、自信がないことを隠そうと強がったら、現実とのギャップが大きくなってきっと何か問題が起こる。強がりはいらない。

ざっとここまでで言いたいことをまとめると、

1、自信なんてなくても大丈夫だ(むしろ、表面的には自信ないほうが頑張れるかも)

2、でも自己効力感は大事。コツコツ積み上げれば自己効力感は高まる。

ってこと。

最後に、同期のNくんの話をしたい。Nくんはテキトーに見えて、実はすっごく頑張り屋で、すっごく真面目。入社3年目くらいの時、1つのプロモーションで5千万円とかの売上を立てていた。

当時の自分はそんなのできなかったから、純粋に凄いなと思った。他の仕事はやれてたけど、そんな大型プロモはやれる自信がなかった。

そんな時、Nくんとたまたま話す機会があったから、その秘訣を聞いた。そしたら、マーケティングの世界で有名な人の言葉を教えてくれた。それは、

「自分を信じる」

これは響いた。最後は自分を信じるんだ、と。根本のところでは、自分を信じる。すごく大事なことだとおもった。色んな意見・レビューをもらって迷うこともある。が、そういう決意を持っていれば、表面的には自信なくても、きっと上手くやっていけると思った。

だから、これを読んでいる人、特に若い人で自信のない人は、自分を信じてやって欲しい。きっと自分ならできる、って。

それと同時に、自分はまだまだ、と思って研鑽を積んで欲しい。そうすることで、成長し続けられる。自分に限界を作らずに済む。

ちょっと長くなったけど、これで終わり。
読んでくれてありがとう。

君の未来に幸あれ^^

PS
採用はこちら!インターンもやってたりやってなかったり!
https://www.d-publishing.co.jp/careers/

Direct NOW!

ダイレクト出版のメンバーが、日々の仕事についてやいつも考えていることなど、バンバン発信します!

FukudaxHund

Written by

言葉遊び屋さん、時々マーケター。ってかマーケターって何?

Direct NOW!

ダイレクト出版のメンバーが、日々の仕事についてやいつも考えていることなど、バンバン発信します!

Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade