自分に正直に生きる

こないだ、キャリアアップセミナーっていうのを開催した。2時間だけのセミナーだったんだけど、東京から来ている人や、福岡から来ている人など、遠くから足を運んできてくれていました。

セミナーはとても満足してもらえたみたいで、やって良かった。来てくれた人に価値を提供できたかなと思うのと、自分自身の1つの経験をさせて頂いたという点でも非常に良かったと思う。

どんな内容か?というと、転職するときにどうしたらいいの?的な話をしていた。自分で言うのもなんだけど、就活生にも使える内容であることには間違いない。

2時間のセミナーで、ある質問を貰った。

「上司から今の仕事は合っていると言われているけど、自分のやりたい仕事ではないと思っている。自分に合っている仕事とやりたい仕事は違うのか?」という質問。

これは、僕の考えだけど、やりたい仕事っていうのと、合っている仕事っていうのは違うと思う。もちろん、その場でも答えた。

その人は、ある程度やっているだけで数字が出ているから、上司からは「その仕事は合っているよ」と言われているみたいなんだけど、自分の中ではなんか納得行って無さそうな雰囲気だった。

本来やった方が良いのは、合っていると言われている仕事だと思う。だって、周りよりも頑張らなくても成果が出ている仕事だからね。

けど、何故かそれに対して、納得行かないというか、他の事をやりたいって思う気持ちが出てきていたみたい。

ビジネスでは、周りよりも頑張らなくても成果が出る事を、「強み」って表現したりする。

その仕事はきっと、その人にとっての強みなんだよと。んで、その強みっていうのは、自分自身で見つけることはなかなか難しい。なぜなら、出来て当たり前のことだから。

出来ないことがイメージできないというか、自分は出来て当たり前だから、別に特別出来るって思ったことが無い。けど、周りと比べると何故かやっている量が少ないわりに、成果は出ている。みたいな。

そういう強みみたいなのは、周りの人に聞かないとわからない。

けど、重要なのはその強みに対して、自分のやりたい事は何か?って事。

その人は、強みを放棄して違う部署?に行こうとしているみたいな事を言っていたけど、本当にその部署でやりたい事は無いのか?って事。

たぶん、あると思うんだ。ちゃんと考えれば、自分のやりたい事はある程度見つかってくるはず。でも、ほとんどの人は自分を見つめ直すみたいな事はしない。なぜなら、シンドいからね。w

考えるって事はとってもシンドい事。だから、考えなくても良い、他の所に移りたくなるわけ。隣の芝生は青い状態。

けど、既に上手くいっている、成果が出ているって言うのであれば、今の所でもっと成果を出すためにはどうすれば良いのか?とか、今の仕事をやっている意義とか、そのあたりを自分自身で考える必要があると思う。

もちろん、それをするのは上司の仕事でもあると思うんだけど、人のせいにしていたら、いつまでたっても成長は出来ないからね。

周りに向いていると言われたなら、なんで自分はそれが向いているのか?なんで、それが周りよりも得意なのか?って所を分析しないともったいない。

せっかく、周りよりも優れた部分が出てきたんだから、それに対して自分を深掘りしてみるともっと簡単に成果が出てくるんじゃないかな。

でも、そうやって考えても、やりたくないっていうなら、他の仕事に取り組んだほうが良いと思う。

今の上手くいっている事に対して、やる意味を見つけるって事はとても大切なことなんじゃないかな?と僕は思う。

そして、それが見つかるセミナーであった事を、僕は祈る。

#採用情報はこちら→https://www.d-publishing.co.jp/

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.