複数内定で企業を決める際にやってはいけないこと

複数内定をもらったけど、どこにしようか?

と迷う大学生は多い。

そもそも、複数内定をもらえる人が一部っていうこともあるから、この話は本当に優秀な人しか関係ない話だと思って聞いて欲しい。

たくさんの内定をもらったけど、最終的にどこにしようか?って迷うことは内定をたくさんもらった人なら絶対に悩む所だと思う。

実際に、働く企業を決めるわけだし、何年かはそこで働くって思って就活もしてきたし、面接もしていると思うんだけど、よくある間違いがある。

この間違いは、正直誰も言ってくれない。

正直言って、入ってからしかわからないというか、ほとんどの人はそんな事を重視してないと思う。

給与とか大企業とか、福利厚生とか、仕事の内容とかで決めている人が多かったり、親が喜ぶとか、誰かに自慢できるとかそういうので決める人もいる。

あとは、安定しているってのが多いのかな。とりあえず大きい所に言っておけば安心だろうみたいな。

でも、正直言ってそんな事はどうでもいいっちゃ良い。

仕事をする上で、そんな事はどこもあんまり変わらない。そんなことより、もっと考えて欲しい事があるのね。

それが何か?っていうと、、、

会社の顧客を考える。

って事。

こんな事は誰も言わない。けど、これめちゃくちゃ大事。僕は、顧客を間違えた経験があるからわかるけど、マジでこれで仕事が好きとか嫌いとかになる。

仕事が楽しい、楽しくないもこれでほぼ決まるんじゃないか?ってくらい重要。

やりがいみたいなもんも、正直、ここから出てくるものしか無いんじゃないか?って思っている。

というのも、あなたが入る会社の顧客が誰か?それを知らずに入ってしまうと、マジで悲惨な事になってしまう。

会社に入れば、その顧客と仕事をすることになる。その顧客に対してサービスを提供するし、商品を販売する。

顧客に喜んで貰えれば嬉しいし、貢献できたり「ありがとう、またよろしく」みたいな事を言ってもらえると「頑張って良かったな!」ってなるわけ。

でも、その顧客がもし、最悪な顧客だったら?

お客さんにしたくない人だったらどうだろう?

あなたは対応したくない人に時間を使って、なんとかお金を使ってもらって、怒られてグチを言われて、文句ばかりの人に対して仕事をする。

その仕事が嫌でも、会社からの決まりって事でやらないといけないことがある。

そうなると、マジで地獄だからね。

仕事が嫌いになるし、そもそも、この仕事やっている意味アンのか?とか、自分は何の為に働いているのか?って事になる。

実際、僕がその経験があるから、言える。

僕の働いていたお客さんは、本当に質が悪かった。というか、治安が悪いので、良いお客さんがめちゃくちゃ少なかった。

お客さんの事を思って仕事をする、顧客に貢献するって事を一生懸命やるんだけど、裏切られるって感じになる。

あるお客さんから「ペットのおやつで試食が欲しい」っていう意見があった。犬によっては、気にいるお菓子もあれば、気に入らないお菓子もある。気に入ったお菓子は一瞬で食べるけど、気に入らないやつは、全く食べない。

だから、間違えたお菓子を選ぶと、まるまるゴミになってしまう。ってわけ。

だから、試食コーナーみたいなのがあると嬉しい。みたいなことを、お客さんから意見をもらったのね。

そうなると、どうやったらいいかな?とか、どのお菓子を試食に出すと売上に繋がるのか?お客さんに喜んでもらえるのか?とかを考えるわけ。

意見を言ってくれる人は、基本的に良いお客さん、そのお店の事を思って言ってくれる人だから、その人の期待に応えたいって思うわけ。

それで、試食をつくろう!ってなって、試食コーナーってので、タッパーに入れるんだけど、たぶんお店にペットを連れてこないだろう。って事で、持って帰れるように、小さな袋をタッパーの隣に置いておいたのね。

「自由にお持ち帰りください。」って書いた紙をラミネートで作って、ワンちゃんの試食です。的なメッセージを書いてたわけ。

少しでもお客さんが喜んでくれると良いなと思ってやった企画なんだけど、その日で中止しました。

なぜなら、1人のお客さん?かどうかわからん人が、その試食で提供していた中身を全部持って帰ったのね。

タッパーに結構な量を入れてたんだけど、その中身を「ご自由にどうぞ」の袋にパンッパンに詰めて、持って帰ってた。

その時、僕はお昼から出勤で、前日の夜12時くらいにセッセとお菓子の試食を作っていたわけよ。

んで、会社に来て、タッパーみたら、全部無いから、「おお!めっちゃ良い感じやん!これで売上あがったらいいな!」って思ってたのに、従業員さんから言われたのが

「あれ、全部1人の人に持ち帰られてたで。。。しかも、朝1番に来た人が全部持って帰っちゃったよ。」

っていう。。。

こういう事あると、マジで「俺何やってんの?」ってなる。

深夜12時に、犬のおやつを破って、中身を小さくちぎってタッパーに詰める仕事だからね?(もちろん、残業代みたいなものはない。そして、この仕事に意味も無かった。)

何の為に働いてるん?ってなる。しかも、これ1回2回の話じゃないからね。同じような事が何回も起こる。

そうなってくると、なんで俺は一生懸命働いてるんやろな〜ってなってしまう。

お客さんの為、お客さんにいい商品を届ける為に色々頑張ろうとするんやけど、お客さんに裏切られたら正直何を信じて頑張ればいいかわからん。

でも、企業に入ったらほとんどの場合、お客さんを選ぶことなんて出来ない。自分で営業して〜とかそういうスタイルなら別やけど、顧客を選ぶことなんて、出来っこない。

だから、顧客を間違えるとほんとに辛い。仕事がつまらなくなる。何の為に働いているのかわからなくなる。自分の努力、価値貢献を評価してくれる人がいなくなる。

そうなると、一生懸命に働くのがアホらしくなってしまうんよね。

お客さんが嫌いになっていく。商品が嫌いになっていく。そうなっている自分がドンドン嫌いになっていく感じ。

僕はその経験があるから、言える。

でも、顧客を選べみたいな話は就活では一切出てこない。企業の仕事の内容をみるよりも、どんなお客さんを相手にしているのか?って事の方が大事だと思う。

良いお客さんに対しては、めちゃくちゃ助けてあげたいと思うし、そのお客さんの事を思って一生懸命仕事することが出来る。すると、お客さんも反応してくれるし、感謝してくれる。

そうやって、仕事が楽しいんだなって感じることが出来るんやけど、顧客を間違ったらそんな事は一切ない。

だから、もし、あなたが企業選びで迷った時は、その企業の顧客は誰か?って事を考えてみて欲しい。

そのお客さんの為にあなたは一生懸命になれるか?それが無理そうなら、その仕事は辞めておいた方が良い気がする。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 高木仁也’s story.