赤ちゃんの匂いが持つパワー

この間、いとこの赤ちゃんに初めて会いに行ってきました。

夏に生まれたばかりの男の子。食べようか迷うほど可愛い。

抱っこすると、ふわふわで、むっちむちで、柔らかくて、暖かい・・・

そして、、なんといっても、

赤ちゃん、めちゃくちゃいい匂いがする!!!何処かで嗅いだ匂いとかではなく、”赤ちゃんの匂い”。ミルクのような、日向のような、白いごはんのような・・・なんていうんだろう・・・言葉で表現するのが難しい・・

落ち着くし、幸せを感じるような優しい匂い。

そういえば友達の赤ちゃんを抱っこした時も同じいい匂いがした。

「あーいい匂い///」

友達と赤ちゃんの頭にたかってみんなでクンクン嗅いだ・・・

この赤ちゃんの匂い、共感していただける方が多いと思うのですが(多分)絶対この匂いはただものではない。。と思ったので調べてみました。

すると、確かに赤ちゃんの匂いに隠されたパワーがすごかった。

#赤ちゃんの匂いのパワーを証明した実験があった

なんとカナダのモントリオール大学の研究グループによって、この赤ちゃんの匂いにパワーがあることが解明されていました笑

カナダの研究グループが行ったその研究は、

対象者:新生児のママ15名と子どもがいない女性15名、計30人の女性

内容:赤ちゃんの匂いと干した洗濯物の匂いを嗅いでもらい、好きな方を選んでもらう。また、その時の脳の動きを観察。

結果:対象者30人全員が、赤ちゃんの匂いが好きだと選ぶ。

更に、赤ちゃんの匂いを嗅いだ時の脳の状態を調べると、新生児のママグループの脳には明らかな変化が。

なんとママグループが赤ちゃんの匂いを嗅いだ時には、脳内に快楽物質ドーパミンが放出されて、気分が高揚することが判明。

つまり、赤ちゃんのにおいには、好きな人と笑いあっている時や美味しいご飯を食べた時のように脳を刺激して、幸福感とやる気を起こさせる効果がある。

やっぱり只者ではなかった赤ちゃんの匂い!

#あの匂いはママを助けるため

産後は体調も戻らず、不安だらけの子育てにプラスし、1日中泣き続ける赤ちゃんとの生活。

夜も寝られないことがある母親は肉体的・精神的に疲れ切ってしまうことも。。

そこで働きかけるのが赤ちゃんの匂い。赤ちゃんのにおいが母親の脳を刺激し、ドーパミンを出してくれる事で、母親を癒し、育児を楽しく頑張るための助けや愛情を持って日々赤ちゃんに接するための動機として働くそう。

新生児の赤ちゃんにとっても母親からの世話がなくては生きていけないので、母親に愛してもらえるかどうかは死活問題。

母親と赤ちゃんが愛着関係を築くのにも大きな役割を果たしてくれる赤ちゃんのにおいは、赤ちゃんにとっても必要不可欠なのです。

この研究に携わった学者は、この赤ちゃん特有のにおいを『母親と赤ちゃん双方の進化の産物』だと結論づけているそうです。

#結論

何気なく調べたけど・・・

赤ちゃん、想像を超えるレベルですごかった!!!

愛してもらうためにいい匂いをまとって生まれてくるなんて、素敵すぎる。愛おしい!!!

赤ちゃん、、、産みたい。。

…大学、卒業しよう。。

ー藤田麻里子

採用情報はこちら→https://www.d-publishing.co.jp/

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.