納屋セルフ改装の途中経過(着手後1ヶ月)

納屋の改装に着手して早くも一ヶ月が過ぎました。いやぁ、あっという間ですね。キリが良いので、ここまでの途中経過をまとめておきたいと思います。

不要品処分が終わりました!

島の友人たちの多大な協力のおかげで、予想以上のハイペースで納屋に入っていた大量の不要品の処分が完了しました。

長持やら大量の布団や陶器類や畳には大いに悩まされ、来る日も来る日も納屋の解体と不要品の整理に身も心も捧げることになりました。

島のあちこちに声をかけ、もらってもらえるものを沢山の人にもらっていただきました。それらのものがもらい手の元でナイスなセカンドライフを送ることを祈っています。ともあれやっぱりすぐに助けてくれる人達が近くにいるのは素晴らしい環境ですな。

片付け途中の昼ご飯
一仕事終えた頼りになる島のヤングガイズ

それでも余ったものは処分することになり、日々の努力の結果、ようやく築99年の美しい本来の躯体がよみがえってきました。

カーペットや長持や畳がドナドナのように運ばれていく
廃材は男木島図書館や友人宅の薪へと変化
この散らかっていた状態が、、、
なんということでしょう!もはや荷物は土嚢だけ!
角度を変えるとこんな感じ
これも別アングルの一枚。うーん、すっきり!

次は足場組みだよ!

不要品処理が昨日終わったので、今日からは単管を使った足場組みです。もっと手こずるかと思っていましたが、朝から夕方まで作業した結果、8割ぐらいは組み上がりました。この感じでいくと明日中には終わるかしら。ここら辺の作業は一人ではどうしようもないので、本当に皆さんの世話になりっぱなしです。

私達にできることがあったら何でもやるから、また恩返しを楽しみにしといてー!

こうやってみると大したことないかもしれないけど、上に立つと結構怖いんだな、これが。