分散ガバナンスの重要性

Original article in English here.

ブロックチェーンの盛り上がりは史上最高を記録し、多くの人々が最初の分散アプリケーションが市場に到達し、一般に普及することを待ち望んでいます。DAO(自律分散型組織:Decentralized Autonomous Organization)という用語は、もはや新語ではありません。数多くの有志チームが、分散型のコラボレーションのソーシャルニュース、保険、投資プラットフォーム、数々のコラボレーションスペース、さらには分散型の自律型宇宙機関を建設しています。

上記の例でまだ欠けている共通の要素は、適切な分散型ガバナンスシステムです。集合的な意思決定のための効率的でスケーラブルなエンジンです。何千人も何百万人もの人々が、迅速かつ賢く、一緒に意思決定を行う機能はありません。

これは、分散型ガバナンスシステムに関するブログ連載の最初の記事です。最も基本的な課題とそれを克服するために必要な原則を述べます。次回の記事では、何千ものメンバーを効率的に調整できる新しいガバナンスモデルについて詳しく説明します。3つ目の記事では、私はDAOstackを紹介します。集合知能のための、スケーラブルなオペレーティングシステムと分散型コラボレーションのための必要なツールキットです。そのアーキテクチャとコンポーネントを評価し、イーサリアムのメインネットに投稿しました。別の記事では、DAOの設定と管理を容易にする、DAOStackの最初のインターフェイスであるAlchemyを紹介します。今後のMVPは、オープンソースプロジェクトの分散型予算ツールに焦点を当てます。

ブロックチェーンは分散型ガバナンスシステムである

まず、主題を述べる前に、ブロックチェーン自体が、非常に特殊なものではあるが、分散型ガバナンスシステムであることを説明します。ブロックチェーンは、コンピュータの大規模なネットワークが、トークンのバランス、より一般的には一連のプログラムとその内部状態など、数秒ごとに一定の事柄に継続的に同意することを可能にします。

ブロックチェーンは、誰がいつどのくらい取引したかなどの客観的な現実について合意を達成するため、客観的合意のためのエンジンであると言えます。これと比較して、人間による一般的なガバナンスシステムは、共同プロジェクトへの貢献額、保険支払いの規模、または物品の品質など、主観に基づくコンセンサスに到達できます。したがって、主観主義的合意のためのエンジンであると言えます。¹

しかし、ブロックチェーンは、主観的なコンセンサスエンジンにおいても重要な役割を果たします。ブロックチェーンで、エージェントのインプットや、インプットからアウトプットへの曖昧でない変化ルール(ガバナンスプロトコル)を記録し、トラストレスで実行します。

また、ガバナンスシステムであるため、ブロックチェーンは、以下で説明するような全体的な意思決定の普遍的な課題に直面しており、これを克服する対応する原則はブロックチェーン研究で使用される既知の原則に類似しています。

トレードオフ

コンセンサスエンジンは、「スケーラビリティ問題」と呼ばれる根本的な課題に悩まされています³:

すべての分散型ガバナンスシステムは、レジリアンスとスケーラビリティのトレードオフのような関係に悩まされています。

この文脈では、レジリエンスは、ガバナンスシステムの誤動作に対する耐性や寛容性を意味します。スケーラビリティとは、一定期間に多数の決定を処理するガバナンスシステムの能力を意味し、より多くのエージェントがネットワークに参加するにつれてレートが上がることさえもあります。

この二つを両立させるのが難しいのは自明です。意思決定プロセスの分散化とは、多数の有力な意思決定者または有権者がいることを意味します。レジリエンスは、少数によって決定がハイジャックされないことを望みます。ハイジャックを阻止するために、多くの有権者が、各意思決定を監視する必要があります。そしてスケーラビリティは、あらゆる規模で、多くの決定を下す可能性があることを意味します。

しかし、もしすべての意思決定が大多数の有権者によって監視・検討されるのであれば、組織全体が単一エージェントの帯域を持つ、あるいは、最悪の場合、もっとも遅いエージェントの帯域を利用することになります。短期間で、スケーラブルになることや、多くの良い決定を生み出すことはできません。²この問題は、集合的監視の帯域幅に固有の制限を反映しているため、レジリエンスとスケーラビリティがトレードオフのような関係を生み出します。

基本理念

上記は、物理的にトレードオフな状態です。コンセンサスシステムでは、コンセンサスの閾値を上げるとレジリエンスは向上しまがスケーラビリティは低下し、逆も同様です。プロセスの分散化が進むほど、より多くの情報エージェントが貢献し、潜在的に容量とレジリエンスが向上する可能性があります。しかし効果的な分散化は、システムの一貫性に大きく依存し、そうでなければ両方を減らす可能性があります。

具体的には:

この問題の解決は、多数派が決定する「真実」(レジリエンスを保護する)と強い相関関係にあることが保証されている、少数派の決定(スケーラビリティの改善)を可能にします。

これが、私たちの一貫性の定義であり、スケーラブルなガバナンスのための必要条件です。

一貫性とスケーラブルなガバナンスを実現するための基本原則は複数あります。この記事では、これらを広く紹介し、このシリーズの次の記事で詳細な例を挙げます。これらの原則のそれぞれは、ブロックチェーン研究における既知の原則に類似しています。

監視のマネタイゼーション

人による監視、特に知能を要する監視作業は、希少資源の消費のようなものであり、希少価値をつける必要があります。言い換えれば、知的エージェントのネットワーク上で集団的注意を集めることは、貴重なトークンによって支払われなければなりません。

これは、ブロックチェーン自体の背後にある基本的な経済モデルであり、具体的にはイーサリアムでのガスの概念です。しかし、分散型ガバナンスシステムでは、ブロックチェーンの取引を検証するためにマイナーに支払うこととは異なる注意を払います。ブロックの成功したマイナーの概念と同様に、ある時点で提案を承認する単一の有権者はいません。

注意をマネタイズすることで、分散化されたより幅広い意思決定プロセスが可能となり、意思決定が濫用から保護され、ネットワークのレジリエンスを維持できます。

構成性

意思決定プロセスは、より複雑な構造のシステムではより効率的になる可能性があります。これを実証するために、アセンブリとコンフェデレーションの2つの投票システムモードの比較を考えてみましょう。アセンブリは、例えば、15人の等しい投票エージェントを有する単一のフラットな投票システムです。多数決は8人の同意を得て達成されます。コンフェデレーションでは、同じ15人のエージェントが5人の等しい投票エージェントからなる3つのグループに組織されます。各当事者は、大規模なシステム内で同等の議決権を持つメタエージェントです。コンフェデレーションがアセンブリより優れている3つの方法があります。

  1. 当事者は、十分な信頼をもって、異なる専門分野のトピックを組織することができ、より大きなグループは、小規模な当事者に局所的な決定を委任できます。
  2. 進行中の決定は、例えば、ローカルに管理するために限られた予算を割り当てるなど、より小さい当事者に委任できます。
  3. コンフェデレーション全体の決定がより効率化されます。グローバルな決定は、2つのグループ(3グループの投票者のうち2グループ)の同意を得て承認することができます。これは、6人の基本エージェント(合計8人ではなく各グループ3人)の同意で達成できます。(ただし、ランダムな6人ではできません。

この原則は、シャーディングCosmosPolkadotなどのブロックチェーンスケーラビリティソリューションをいくらか思い起こさせます。

ホログラフィックコンセンサス

グループ合意とは、契約のルールが何であれ(例えば、トークン保有者の50%またはレピュテーション保持者の60%の同意など)に関わらず、エージェントグループ全体が何かに同意することを意味します。「ホログラフィックコンセンサス」とは、特定の条件のもとで、意思決定グループが任意のサブセット、より小さなパーティーを自ら決定することを可能にすることを意味します。良好なホログラフィックコンセンサスは、高度の一貫性を保証し、したがってサブグループの決定と大多数の意思との強い相関を保証します。

ホログラフィックコンセンサスの要点は、「監査人」が入ってくるプロポーザルの結果を予測できる外部のステークシステムを持っていることです。これは、最近ではブロックチェーンのスケーラビリティを解決するために使用されているオフチェーン計算パラダイムの広範な類推になります。次回の記事では、この新しいホログラフィックコンセンサスモデルを詳細に紹介します。集団の注意が「興味深い提案」にどのように引き込まれ、システムが一貫性を維持し、障害行動からどのように保護されているかを見るでしょう。このシリーズの3回目の記事では、集合知のオペレーティングシステムであるDAOstackを紹介します。これは、ブロックチェーンガバナンスと仮想通貨経済インセンティブシステムの一般的なフレームワークです。

DAOstackは、2018年3月、分散型予算ツールの最初のアプリケーションであるAlchemyをローンチします。Alchemyは、スケーラブルでレジリエンスのあるガバナンスのために設計されたホログラフィックコンセンサスプロトコルを実装しており、大規模なオープンソースプロジェクトの予算管理を可能にしています。

まとめ

分散型ガバナンスは、DAOやDAppにとって重要な要素です。分散コンセンサスの最大の課題は、集合的な注意の効率的なナビゲーションを可能にし、意思決定スペースを効果的に図表化し、それに焦点を当てるための重要な決定を拾うことです。このような仕組みは、効率的に達成するために、特定の事柄に対する集団的関心の過剰なアウトプットと、より良いコンセンサスに必要な他のものに対する集合的な注意が不十分です。2つの目標を同時に達成し、何千もの共同で作業するエージェントが1日に何百もの決定を安全に処理する、真にスケーラブルなガバナンス・システムを形成するためには、注意、複雑さ、一貫性の収益化が不可欠です。


¹ 厳密に言うと、トークンの所有権には主観的な部分があります。しかし、これらの現実に影響を及ぼすイベント自体が客観的です。

² ブロックチェーンの特定のケースでは、エージェント間の通信速度のボトルネックにより、スケーラビリティが大きな問題になります。

³ たとえば、https://github.com/ethereum/wiki/wiki/Sharding-FAQを参照してください。