Alchemy — 分散組織のための予算ツール

Original article in English here.

Alchemyとは?

Alchemyは、分散組織のための予算編成と予算配分ツールです。何千もの個人がひとつの目標に向かって協力するために、その目標と理念に沿った資金の用途に関するプロポーザルを提出し、調整し、決定するためのインタフェースです。

Alchemyの使用例には、非集中型ベンチャーファンド、チャリティーファンド、イノベーションファンド、予算プロポーザルシステム(Dashなど)、オープンソースプロジェクトの機能の優先順位付けなどがあります。

Alchemyは、DAO(分散型自治組織)の分散型ガバナンスのプラットフォームであるDAOstackの上に構築されたDapp(分散アプリケーション)です。オープンソースで、誰もがソースコードを確認できます。

AlchemyはDAOメンバーが簡単に3つのアクションを実行できるようにします:

  1. DAOが特定の行動をとるようプロポーザルする。プロポーザルはプロジェクトのピッチと同等で、目的、方法、コスト、マイルストーンなどのプロポーザルに関する詳細が含まれます。
  2. プロポーザルが組織によって承認または拒否されるかどうかを予測する。これは、プロポーザルをソートして優先順位を付けることによって、集合的な投票プロセスを運営するのに役立ちます。
  3. プロポーザルを受け入れるべきか拒否するべきかについて投票する。

誰もがプロポーザルや予測できますが、レピュテーション(投票権)を持つ人々だけ投票ができます。

Alchemyは現在Kovanテストネットに掲載されており、6月6日現在、イーサリアムメインネット上でQAテスト中です。

Alchemyを開発した理由

Alchemyは、大規模な組織内でリソースを割り当てる、新たな方法を提供します。今日では、通常、組織内の資金の配分を決めるのは、少人数の組織幹部です。従来の予算編成のアプローチには、Alchemyが克服するいくつかの制限があります:

  1. 遅く柔軟性に欠ける:会議や委員会の組織には費用がかかり、また意思決定の数が少なくなります。組織が大きくなればなるほど、より官僚主義的になります。そのため、意思決定の速度がが低下し、従業員の自主性も低下し、意思決定が遅くなり、最終的にはイノベーションが遅くれます。たとえば、400人の採用担当者を対象にした調査によると、今日の採用意思決定は平均で63日かかり、2010年の42日も21日も増加しています。これが、組織の意思決定能力を低下させるボトルネックとなり、意思決定力がごく少数の人々にしか与えられない、非常に集中的な構造を強制します。
  2. トップダウン:階層的で集中化した意思決定構造の欠点は、今日のビジネス界では非常によく知られています。「フラット」な組織、アジャイルチーム、従業員のエンパワーメントは、今日では少しずつ一般的になっていますが、これらの新しい概念はリソース割り当てプロセスに関しては実装されていないことが多く、また実装が困難で遅い複雑なプロセスを要します。
  3. 腐敗しやすい:大規模プロジェクトの意思決定者が少ない場合、賄賂や利益団体による影響を受けやすくなります。調査によると、巨大な公共事業のもっとも大きな腐敗要因は、プロジェクトの規模であり、複雑さ、透明性の欠如、独自性などは副次的な原因であることが示されています。
Alchemyでは、数百、数千、そしていつかは、何百万人もの資金を配分するための効率的な意思決定プロセスに貢献できます。

これは貢献者に自主性をもたらし、人々が経験、知識、スキルを大規模を活かせるスケーラブルな集団知性をもたらします。

  • 誰でも集団にプロポーザルできる。
  • 誰でも、議論し、フィードバックを提供し、プロポーザルを進化できる。
  • 誰でも組織に貢献し、レピュテーションと金銭的報酬を得られる。

最初のパイロット:Genesis Alpha

Alchemyの最初のリリースでは、DAOstackを使用してデプロイされた最初のパイロットプロジェクトであるGenesis Alphaを使用したテクニカルおよびUXテストに焦点を当てています。Genesis AlphaはGenesis DAOの展開を準備するために設計された一連の実験の中で最初のものです。最終的な目的は、DAOstackエコシステムの開発を支援するために、およそ40,000,000GENと$ 20,000,000の予算を管理することにあります。

Genesis Alphaのパイロット期間中、7 ETHの初期資金は、約40名のスタッフとコミュニティメンバーによって管理され、どのプロポーザルに資金を回すか投票で決めます。

Genesis Alphaの最終段階には、プロポーザルの呼びかけ、追加資金の管理が含まれます。Genesis Alphaによって承認されたプロポーザルを提出する人は、レピュテーションを受け取り、プロポーザルに投票できます。数週間以内に、プロポーザルの呼びかけ要請に多くの情報を公開する予定です。

Genesis Alphaに続いて、より多くの人々が決定権を持つGenesis Betaのパイロットをローンチします。さらに、プロポーザルし、プロポーザルについて予測する機能が、一般一般に公開される予定です。

DAOstackチームは、この段階的なアプローチを使用して、Alchemyのインターフェース、Genesisプロトコル、およびプロポーザルに関する議論の管理方法についてフィードバックを収集し、イテレーションします。

これは、DAOstackがDAOstackのコミュニティと協力して、あらゆるレベルで改善のためのフィードバック、アイデア、プロポーザルを提供する場所です。これには、プロポーザルし、ソリューションを直接実装するための資金を受け取る機会が含まれます。この目的のために特別なコミュニケーションチャネルが開かれ、貢献者は彼らの努力の結果として特別な権利を受けることになります。参加をご希望の方は、DAOstackのウェブサイトに登録して、最新情報をお受け取りください。

Alchemyのレピュテーション配布

Paul CarmonaによるUnsplashの写真

DAOstackのガバナンスプロトコルは、高度にモジュール化されカスタマイズ可能であり、レピュテーション(およびトークン)の配布メカニズムとしても機能します。Genesis Alphaでは、次のパラメータを含むGenesisプロトコルを使用します。

貢献者は、次のようにレピュテーションを高めることができます。

  • DAOが受け入れるプロポーザルを作成する
  • DAOによって受け入れられるプロポーザルを支持する投票
  • DAOが受け入れるプロポーザルを支持する

寄稿者のレピュテーションは以下の理由から低下​​することがあります:

  • DAOによって受け入れられたプロポーザルに従わない
  • DAOが受け入れられないプロポーザルを作成する
  • DAOが受け入れられないプロポーザルに対する投票

レピュテーション配布アルゴリズムの正確な詳細を指定した文書は、Genesis Alphaの公開呼びかけプロポーザルの前に公開される予定です。

ロードマップ

Alchemyは、何千もの人々(またはそれ以上)が共通の目的に向けて調整できる、使いやすいインターフェイスを提供します。これを達成するための私たちの計画は、Genesis DAOの作成まで安全につながるいくつかのパイロットを管理するための主要インターフェースとして、Alchemy自身の試験運用をすることから始めまります。この目標を達成するために、世界中のどのグループでも安全かつ簡単に自分のDAOを作成して管理できる一連の機能をリリースする予定です。Telegram、Slack、その他のコラボレーションツールなど、すでに多くの人が使用しているコラボレーションツールとの連携を追加することで、引き続き、ツールの敷居を下げます。

Alchemyについて、より詳しく知りたい方は、Alchemyを実際に開き、プロポーザルの閲覧や予測をお試しください。パイロットにもっと関わりたい方は、DAOstackのホームページにアクセスし、最新情報を受け取るためにご登録ください。