DAOstackを難しい用語抜きで説明してみた

Original article in English here.

概要

DAOstackは、テクノロジーでコラボレーションを未来の形に進化させます。DAOstackは、分散ガバナンスのためのプラットフォームであり、コミュニティが共有した目標や価値を簡単かつ効率的に自己組織化することを可能にします。DAOstackは、集団知能のためのオペレーティングシステム、またはDAO用のWordpressと呼ばれることがあります。

2018年春にローンチするDAOstackプラットフォームには、モジュラースマートコントラクトのフレームワーク、ユーザーフレンドリーなjavascript開発環境、直感的なユーザーインターフェイスが含まれており、技術的知識なしに誰でも分散組織に参加できます。

この記事では、そのようなプラットフォームになぜ価値があるのか​​、スタックのコンポーネント、そして実際のユースケースでどのように動作するのかを解説します。さらに、DAOstackエコシステムのネイティブ仮想通貨トークンであるGENのユーティリティと、DAOstackを使用して最初に構築された分散組織であるGenesis DAOについて触れます。

ニーズ

有史以来、大人数をまとめ、群衆を集団にし、集団行動に指向性を持たせるには、企業、政府、軍隊のように、トップダウンの階層構造システムが使われてきました。

トップダウン階層の主な問題のひとつは、障害点が集中していることです。個別の人間は、影響を受けやすく、誤った行動をしやすく、また誤った判断をしやすいからです。また、権力者の利害と、非権力者の利害が一致せず、この不整合は、意思決定者が全体ではなく、自分たちの利益になる行動をとるインセンティブとなります。

この根本的な解決策として、分散化という興味深い動きがあります。そこでは、ピアネットワークが、中央集権的な構造を持たずに、集団行動をするために自己組織化します。DAO(自律分散型組織:Decentralized Autonomous Organization)は、その形の一つです。

DAOでは、ピアネットワークがブロックチェーンでの意思決定のための自身のプロトコルをコード化しており、スマートコントラクト(通常はイーサリアムネットワーク上で実行される)を使って投票を集計し、人々の意思を実行する仲裁人になります。

DAOは、上司や「仲介人を排除する」こと、そして、ベンチャーキャピタルのような中央集権的な資金調達の仕組みを回避し、クラウドファンディングの味方をしていることから、そのコンセプトが非常に人気を博しています。想像してください。世界規模の問題を解決するために、何千人もの人々が協力し合い、貢献に応じて報酬を受け取り、群衆の知恵によって決定を下す世界を。FacebookやAmazonのような巨大サービスを、ユーザーが所有している世界です。一部の既得権益者を肥やすためでなく、普通の人によって、普通の人のために運営される電力会社などを想像してください。

これまで、DAOは空想上の存在でした。例外的に、一部の人々が実践しているだけでした。そして、分散化の動きは、まだ大規模化されていません。

分散化には、大きな課題が複数あります。

最大の課題は、非効率性です。大勢が声を上げれば、それはご近所の集まりを1000倍にしたような、非常に騒々しいものになります。意思決定力を組織全体に分散すればするほど、意思決定の大海に全員を沈めることになるか、コンセンサスに達するのが難しくなるか、あるいはその両方になる可能性があります。

そのため、群衆の利害を調整するには、提案と投票だけでなく、群衆の注意を管理するテクノロジーも必要です。例えば、誰がどのように提案できるかを決める方法が必要です。どの提案を実際に有権者の注意を喚起すべきかを判断する方法が必要です。つまり、何を投票するのかを決める投票のようなものです。評判や主題の信憑性に応じて、各決定に誰が関与すべきかを決定する方法が必要です。

また、これらの仕組みのどれもが腐敗や汚職に耐性を持つ必要があります。つまり、あなたの投票や影響力が、簡単に売買できない仕組みです。そして、参加者全員が、全体の利益、政治学的に言うと、公共の福祉に合致した行動を取るようにインセンティブを設計する必要があります。そして、これらすべての仕組みが、通信業、燃料、ソーシャルネットワークなどの巨大企業・サービスに代替できるほど、スケーラブルかつ堅牢であることが理想的です。

この複雑な問題を解決するには、洗練され、適応性のあるソリューションが必要です。

アプローチ

DAOのスタックの第一設計思想は、特定のプロトコルや特定のアプリケーションを構築することではなく、エコシステム全体が成長する土壌を構築することでした。 — DAOstack アーキテクト Matan Field

DAOstackの創始者が分散ガバナンスのソリューションを設計しようとしたとき、時間が最適解を生み出すと考えました。これは、特にユースケースによってニーズが異なるため、問題の複雑だからです。

そのため、DAOstackは、分散型ガバナンスの固定されたソリューションを提供することではなく、レゴブロックやWordpressテンプレートのように、各組織が自分たちでパーツを組み合わせて、ガバナンスインフラストラクチャを構築できる継続的な実験のためのサンドボックスとして設計されています。

また、テクノロジーが苦手なテクノフォビアのDAO参加者から、ブロックチェーンガバナンスのプログラマまで、全員のニーズを満たすために、ユーザーがさまざまな方法でシステムを利用するできるようにしました。そして、スタックのバックエンドに基づき、ユーザーが自分たちでカスタマイズしたフロントエンドアプリケーションを構築することを容易にしたかったのは、多くのユースケースで独自のインターフェイスが必要であることがわかったからです。

これらのすべての考慮事項を念頭に置いて、チームは「DAOスタック」を根本的に、モジュールの中核として、オープンソースとして構築しました。

DAOスタック

Arc

Arcと呼ばれるスタックの基本レイヤーは、前述したガバナンスインフラストラクチャの一部で構成されています。これはイーサリアムブロックチェーンに実装されたスマートコントラクトのライブラリであり、それぞれが混合、照合、さらにはDAOの完全なガバナンスプロトコルを作成するために変更できる機能を表しています。

Arcは、分散型ガバナンスの著名な学者たちによる研究によって、(a)問題行動にたいしてレジリエンスがあり、(b)効率的かつスケーラブルである、二つの要素を持ち合わせたシステムとして作られました。

ArcはSolidityコードで書かれているので、このレベルでスタックとやりとりする傾向が最も強いのはプログラマです。実際、DAOstackは、デベロッパーたちが毎日スマートコントラクトを、誰もが使える新しいガバナンスのソリューションにするエコシステムを目指しています。ちょうど、誰もがWordPressテンプレートを作成して、誰もがそれを使えるように。

Arc.js

Arc.jsは、フロントエンド開発者がSolidityやブロックチェーンに精通しなくても、Arcの上にアプリケーションを簡単に構築できるようにするJavaScriptライブラリです。

Arc.jsを使用すると、どの組織や業界でも、独自のユースケースに適したカスタムインタフェースを作成できます。DAOstackはArc.jsにデプロイされた数百または数千のそのようなDapps(分散アプリケーション)を最終的に想定しています。

アプリケーションレイヤ

DAOstackのほとんどのユーザーは、ブロックチェーンの開発者やソフトウェアエンジニアではなく、むしろ分散組織の参加者、場合によってはそれらの作成者です。これらの個人は主にArc.jsとArcで構築されたDappsを介してDAOstackと関わります。

例えば、ファンの集団がチームを所有・運営するスポーツ用DAOのためにDappや、仲介者なく自分の音楽を大勢に届けられる分散型のSpotifyのようなDapp、あるいは商社を通さずに商品を取引する組合などを想像してください。Sapienはソーシャルニュースネットワークを構築するためにDAOstackを使用しており、Menloはブロックチェーンプロジェクトの分散型資金調達のためのプラットフォームを構築しており、Cultu.reは政府の戸籍システムにとってかわる世界的なピアツーピアのアイデンティティと契約システムを計画しています。

Alchemy

スタック上に構築された最初のアプリケーションは、分散化された組織の予算とリソース割り当てのための直感的なユーザーインターフェイスであるAlchemyです。Alchemyなら、数回のクリックでDAOを作成し、必要に応じてERC20仮想通貨トークンを作成し、意思決定と人材共有のハブに参加する他の人を招待できます。

Alchemyの初期リリース(MVPデモ)では、参加者は提案(プロポーザル)を作成して投票し、プロポーザルが合格すると自動的に資金を送金し、貢献者にトークンと評判(投票権:レピュテーション)の両方を報酬として与えることができます。Alchemyには、投票装置と並行して実行される予測市場機能も含まれており、企業が重要な提案に優先順位を付けるのに役立ちます。予測機能に関する詳細は後ほど述べます。

Alchemyの今後のロードマップには、カスタマイズ性の向上、他の一般的なコラボレーションツールとの統合、モバイルサポート、バウンティシステムなどがあります。

ArcHives

ArcHivesは、ArcとArc.jsを利用するDAOとDappsの間の相互運用性を高めるために設計された一連の共有レジストリです。

  • Hiveは、DAOstackエコシステム全体における人材とリソースの共有を強化するために使用されるオファーとリクエストのレジストリです
  • Compendiumは、DAOstack開発者コミュニティによって作成され、キュレーションされたArc互換のガバナンスモジュールのレジストリです。
  • Mosaic is a registry of DAOs in the ecosystem, curated by the community.
    Mosaicは、コミュニティによってキュレーションされた、エコシステムにおけるDAOのレジストリです。

DAOstackのユースケース

極論になりますが、DAOstackは、大規模なグループを調整して一括して意思決定を行う必要があるときはいつでも役に立ちます。そのため、グループが行う意思決定をカテゴリ分けすれば、ユースケースのカテゴリを想像できます。

1. 成果を生み出すコラボレーション(「仕事」)

大まかに言えば、分散型の「企業」で、製品やサービスを開発したり提供したりすることが目標である場合、個々の貢献を評価する方法や、プロジェクトやその他の購入の予算をどのようにするかが重要です。どのプロジェクトに資金を供給すべきか。Jamesが記事の執筆料としていくら受け取るべきか、あるいはSalllyがソフトウェアのアップグレードにたいしていくら受け取るべきか。仕事を確認して評価するプロセスはどうあるべきか。オフィスを借りるべきか、弁護士を雇うべきか、またはPR会社に投資する必要があるか。

例には次のものがあります。

  • 1,000人のアーティストによる映画プロジェクト
  • 10,000人の開発者によるオープンソースソフトウェアプロジェクト
  • 5万人の科学者の気候イニシアチブ
  • 100,000人のジャーナリストによる共同のニュースネットワーク

まもなく、これらの組織は、Alchemyを使用して、トークンとレピュテーションをまとめて配布し、共同作業者を探し出し、プロフェッショナルに奨励金を提供することができるようになります。また、必要に応じてカスタムDappをスタックに構築することもできます。

2. アセットマネジメント

この種の集団は、主に資産の管理と資金の配分に関する決定を下します。この会社、またはその資産に投資すべきか。この債権を買い取るべきか。この資産を売却すべきか。

例には、以下の分散型バージョンを示します。

  • ベンチャーファンド
  • 保険ネットワーク
  • チャリティーファンド
  • 年金基金
  • 不動産投資団体

3. キュレーション

キュレーションネットワークは、対象の主観的品質をランク付けするために群衆の知恵を活用します。フィード、またはニュースレターにはどのようなコンテンツが掲載されるべきか。この会社はどの程度信頼できるか。このレストランの品質はどうか。

例には、以下の分散型バージョンを示します。

  • 食べログやTripAdvisorのような、レストランやホテルガイド
  • ソーシャルニュースフィードやNaverのような、記事や動画フィード、
  • ソーシャルがキュレーションしたGoogle検索のような、ウェブサイトのリスト

4 上記のすべて

実際には、多くのDAOには複数のカテゴリの意思決定が含まれます。オープンソースのソフトウェアプロジェクトは、貢献者に報酬を与える(1)、各リリースにどのコードを含めるかを決める(3)、ニュースレターに何を掲載するかを決める(3)があります。逆に、ソーシャルネットワークは、コンテンツを管理すること(3)に加えて、開発者、マーケター、法務担当者などに支払う必要があります(1)。いずれの組織も、その活動から得た収益を他のベンチャーに投資したいと考えるかもしれません(2)。

ホログラフィックコンセンサスとGENトークン

「スケーラビリティ、意思決定の数、腐敗や汚職への耐性、レジリエンスは、本源的にトレードオフの関係である。私たちは、ホログラフィックコンセンサスと呼ばれる新たな集団的意思決定プロセスを用いてそのトレードオフを解決します。小規模グループが大多数を代表して決定を下し、両者の間の完全なアライメントを保証します」 — DAOstackのアーキテクト Matan Field

ガバナンスにおけるDAOstackのイノベーションについて説明します。ここでは簡単な説明だけにとどめます。より詳しく知りたい人は、記事末尾のリンクをご利用ください。

ガバナンスシステムには、問題行動や悪影響にたいするレジリエンス(抵抗力と回復力)が必要であると先ほど説明しました。そのため、所有しているDAOトークンの数など、金銭的な豊かさと議決権を分離することが重要です。トークンが売買され、トークンが議決権の強弱を決める場合、票が販売され、小数のお金持ちが、大勢の貧乏人を搾取しコントロールする金権政治を生み出します。(Vitalik Buterin、イーサリアムの発明者は最近、ブロックチェーンプロジェクにおける金権政治の増加と「コイン所有者による投票」の危険性について書いています)

DAOstackのガバナンステンプレートは、レジリエンスを確保するために、トークン所有権と投票権を2つの異なる通貨に分けています。DAOstackは、各用語を次のように定義します。まず、代替と譲渡可能なトークンという金銭、つまり、単純なトークンや、特定のトークンについて話している場合はGENトークン。第二に、投票権は、レピュテーション(評判)と呼ばれます。レピュテーションは、ピアツーピアで直接転送することはできませんが、レピュテーションを割り当てる提案を渡すか、または後にレピュテーションが自動的に転送されるプロトコルを採用することによって配布されます。例えば、良い評価を受けた仕事に対してレピュテーションを配布するプロトコルなどがありえます。

規模を拡大するためには、ガバナンスシステムを効率的にする、つまり集団の注意を管理するための仕組みを持つことが必要です。最も重要な提案が注目を集め、それらの提案が正しいサブグループから注目され、サブグループが公共の利益のために行動する傾向があることを確実にする必要があります。

ここで、GENトークンが搭乗します。GENはDAOstackエコシステム内のアテンション(注意喚起)トークンとして機能します。GENでは、議決権を買うことも、投票することもできませんが、提案が集団や有権者(レピュテーション保持者)の歓心を得るべきかどうかステーク(投票)できます。レピュテーション保持者が合格した提案にステークすると、より多くのGENを報酬として受け取ります。あなたが落選した提案にステークした場合、あなたはGENを失います。

このステーキングシステムは、投票装置と並行して実行される予測市場に効果的であり、イテレーションとスケーラビリティの問題に対するDAOstackのソリューションであるホログラフィックコンセンサスの中心にあります。「ホログラフィック(Holographic)」の語源は、ギリシア語の「holos(全体)」と「graphic」を組み合わせたものです。ホログラムは、各断片、例えば、レーザーを反射した粒子が、画像全体の一部となります。ホログラフィックコンセンサスも同様に、各投票者が、全体の一部として、全体の利益のために、存在します。

ホログラフィックコンセンサスについては、リードアーキテクトMatan Fieldのキーノートスピーチをご覧ください。またはこのAsk-Me-Anythingインタビュービデオをご覧ください。

GENは、例えばArcHivesに関連して、プラットフォーム上で他の有用性を持つ可能性が高いでしょう。また、GENは、DAOstackエコシステム自体の構築のための主要な通貨になります。GENは、プラットフォームへの貢献者への報酬、が寄付されたスタックに組み込まれたプロジェクトへの投資などに使われます。この用途は、Genesis DAOの総意によって決まります。

Genesis DAO

Genesis DAOは、DAOstackプロジェクトの最もエキサイティングな側面の1つです。2018年の春に導入予定で、DAOstackを使用して作成された最初のDAOになり、すぐに資金をまとめて管理するためのAlchemyのパイロットになります。

その使命は、DAOstackプロジェクトとエコシステムを推進することであり、主にいくつかのタイプの提案に投資する予定です。

  1. ArcとArc.jsを含むDAOstackのコンポーネントのビルドアウト
  2. DAOstackに統合されるコラボレーションアプリケーション(dApp)のサポート/投資
  3. DAOstack上に構築された組織のサポート/投資

最終的には、Genesis DAOは、GENトークンの販売によって生み出されると予想される資金の大半を配分する責任があります。資金は、安定性と安全性の向上につれて、徐々にDAOに転送されます。Genesis DAOは、最終的には、最初の販売後に追加のGENトークンを作成する能力も保持します。

Genesis DAOには、誰でも参加できます。誰でもプロポーザルを作成したり、提案を増やすためにGENをステークできます。もちろん、誰もが提案(プロポーザル)に投票できるわけではありません。Genesis DAOでのレピュテーションが必要です。

コラボレーション経済

「私たちは、人生のあらゆる側面に、私たちは間違ったことをするインセンティブを持っています。私たち全員が正しいことをするためのインセンティブを持っていれば、まったく新しい、自他共に幸福を得られる社会を手に入れるでしょう」 — DAOstackアーキテクトMatan Field

Genesis DAOとAlchemyは、その序章です。DAOstackは、近い将来に、何千もの組織やスタックを利用しているDappsを想定しています。その意図は、個々のユースケースを個別に提供することだけではありません。 分散化されたガバナンスのためのスケーラブルなソリューションを使用することで、意思決定が集団内だけでなく集団間でもより摩擦が小さくなるでしょう。

これが、DAOstackの大きなビジョンです。このプラットフォームは、相互運用可能なDAOのコミュニティであり、人材、アイデア、学習を互いに共有できる、分散化された組織のエコシステム全体を支えるように設計されています。複数のDAOが、他のDAOのメンバーになることもあります。これにより、「DAOメッシュ」や「仕事のインターネット(internet of work)」を実現し、集団の集団が当然となり、個人が数十の異なるDAOに参加できるようになります。

想像してください。何十万人も何億人もの人々がこのようなコラボレーション経済に参加すれば、何が実現可能か。誰も不平等な権力を行使せず、すべてが貢献する価値に比例して報酬を与えられ、全体の利益と合致しているコラボレーション経済です。

これは空想上の存在ではなく、私たちが実際に必要とする物です。多くの未来学者が、世界規模の課題(気候、貧困、テロ、原子力リスクなど)の解決策は、大規模な分散型コラボレーションだけでなく、勝ち負けからの勝ち勝ち(Win-Win)への移行にたいする経済的インセンティブ構造が必要であると述べています。

(反競争的な経済とDAOstackの潜在的可能性については、DAOstackのアドバイザー、Jordan Greenhallとのインタビューをお勧めします)。

DAOstackプロジェクトは本質的に、仮想通貨経済などのテクノロジーを活用して、わたしが日々直面する小さな意思決定に対して、小さなインセンティブを与え、それが日々の蓄積により大きくなり、マクロ経済環境に影響を与え、そして、今まで存在したありとあらゆるシステムよりも、人々が元気に、そして効率的に協力し合う世界を生み出すことです。


DAOstackの詳細、または参加をご希望の方は、以下をご覧ください。