Nikita Anufriev
Oct 5, 2018 · 3 min read

DateCoin CEOのNikita AnufrievはTokyo Blockchain Weekにて発表した。

DateCoinのCEO Nikita Anufriev氏は、東京でブロックチェインの週にスピーチを行い、ICOへの関心を回復する方法や過去数ヶ月の会社活動について語った。

「現在ICO分野への関心は劇的に低下し、仮想通貨プロジェクトに投資する投資家の数は減少しました」とDateCoinのCEOが発表を開始した。 最新統計によると、2018年8月のICOプロジェクトのコストは3億2,600万ドルとなり、2017年5月以来の最低価格になった。2018年の最初の数ヶ月間、ICOプロジェクトは毎月融資されたコストが約30億ドルで、これはほぼ10倍も低い。

Nikita Anufrievによると、投資家の期待を欺いているいわゆる詐欺プロジェクトが数多く存在する理由のひとつだと思われる。このような状況では、チームはロードマップに従ってプロジェクトのプロセスについて利用者、投資家に定期的に最新情報シェアしている。 投資家の質問に答え、現在状態を報告している。

ICOへの関心の低下のもう一つの理由は年間エテリアムの価格が急に1,400ドルから170ドルまでの値下がっていることである。 「ICOへの月間投資の減少とほぼ9倍の低下が見られる」と強調した。 CEOによると、もう1つの理由は 暗号コミュニティのプライバシーを強化することだ。

ICOに新たな命を吹き込む方法は、暗号化愛好家を対象としたものではなく、一般の人々に向けて製品を作る必要があります」とNikita Anufrievが述べた。 DateCoinはトークンのためのトークンではなく、人々のためのトークンという、次のルールに従っている。

MPVがAndroidでトークンを実装して以来、180K +のトークンがアプリ内購入に使用されたことがデータからわかる。 本ツールの必要性があることもわかる。メカニズムとメリットとしてアプリ内購入の最大50%割引が提供されるためである。プロジェクトのおかげで数万人は仮想通貨・トークンについて知られるようになった。

チームは積極的に日本市場でのアプリケーションの使用できるために日本バージョンに取り組んだ。 アプリケーションの設計はすでに準備が整っており、新しい機能が準備され、既存の機能が適応されている。ローカライズされた仮想ギフトが追加された。音声メッセージツールの導入、 異なる国籍のユーザのコミュニケーションを簡単にするために複数の言語への自動翻訳が開発された。 これは事業プロセスの半分である。

結果として日本市場でのアプリケーションの立ち上げだけでなく、DateCoinユーザー数の増加につながり、最終的にはトークンのコストが上昇すること述べた。

DateCoin Japan

世界中のアクティブ・ユーザーに支えられた価格上昇のメカニズムを持った、流動性の高いユーティリティ・トークン

Nikita Anufriev

Written by

Founder & CEO DateCoin / Co-founder of Denim

DateCoin Japan

世界中のアクティブ・ユーザーに支えられた価格上昇のメカニズムを持った、流動性の高いユーティリティ・トークン