iOS 11からのコントロールセンターからWi-Fiが切れない問題、セキュリティ的に危ない気がする

憶測と勘ではありますが…

iOS11から、コントロールセンターのWi-Fiマークをポチするだけではオフに出来なくなったのは、みなさんご存知だと思います。よくしらないという方は、Engadgetの、

この記事を参考にしてください。

これについては、軽く私もGoogle+で触れています。

しかし問題なのは、ただ単にバッテリーの持ちだけではないことに気が付きました。

セキュリティの観点から、iOSの制限も一役買ってやばい。

世の中にはフリーWi-Fiが溢れています。川越にもKawagoe Wi-Fiだったかな、とかいうものや、西武鉄道もSEIBU FREE Wi-Fiというのがあった気がします。

そして、これらのフリーWi-Fiに自動で接続するのを可能にしてくれる「タウンWiFi」というアプリもあります。

私は外にいるときは基本的にWi-Fiを切断しるのですが、速い回線が必要だったり大容量の通信がしたいときには、フリーのWi-Fiを使わせてもらうことがあります。その際、自分で立てているVPN経由にしているので、安全性は一応保っているつもりです。4G回線ではVPNを使用するのはもったいないので切断しています。

しかしながら、iOS11になって、手軽にwi-fiをオフにできなくなりました。これが何を意味するかというと、自動的に繋いだことのあるフリーWi-Fiに接続されてしまうという可能性があることなのです。

もちろんオンになるには、なにか条件があるようですが、その条件が確実に明示されていない限りオフに出来ないのと同じことです。

えっ、と思われるかもしれませんが、実際、私はすでに、スマホを使おうとしたらなんか様子が変で、なんだろうなぁと思ったらKawagoe Wi-Fiに接続されてしまっていました。もちろん家をでる前にコントロールセンターからWi-Fiはオフにしていたつもりでした。

実はその前にもオフにしているのに勝手にオンになっているげんしょうが度々あって、そのときはさすがにこまったので検索したところ、上記のような記事を見つけて唖然としたわけです。

で。

iOSではOSの制限上、繋いだことのあるWi-Fiの一覧の閲覧、管理、削除ができません。それをするには、そのWi-Fiに接続する必要があるのです。

ふざけてると思いませんか? この仕様はやばいです。セキュリティ上問題がありすぎます。自分の意図しないところで勝手に接続されていて、セキュリティを自分でコントロールできていると思っていたのにできていないわけです。

とりあえず私はタウンWi-Fiのプロファイルを全削除しました。意味があるのかはわかりませんが、すくなくとも自動的につながることは少なくなりました。間違えられると嫌なので断っておきますが、タウンWi-Fiに問題があるのではなく、iOSに100%問題があります。

つまり、iOS11で安全にフリーWi-Fiを使おうと思ったら、

  • 常時VPNをオンにする
  • コントロールセンターではなく毎日家を出る時に設定からWi-Fiをオフにする
  • フリーWi-Fiにつないでも、店を出るときなど使い終わったらその場で削除する

という3つの、恐ろしくどれもやばい選択肢しか無いわけです。めんどくさいか、カネがかかるかのどっちかですが。

あるいは、

  • つかわない。

こんなことで本当に世界でもっとも生産性の高いOSと言ってよいのでしょうか? 私ははっきり、iOS11からの、コントロールセンターからWi-Fiをオフにできない変更は間違いだと思います。これは携帯電話を作っていて、OSを作っていて、プライバシーを売りにしている企業であるAppleにはあってはならないレベルの致命的欠陥です。

これをするならば、Appleは信用のできる常時接続できるVPNをAppleで建ててユーザーに提供すべきです。もっともそれはそれで安心できるとは思えませんしプライバシーごにょごにょからどうなの感がありますが…。

ともかく、この変更は見直されるべきです。せめて3Dタッチでどうにかできるとか、そういう変更は必要です。いくらWi-Fiがインターネット通信以外に必要だと言っても、勝手につながるのは困ります。そうしたらつながらないようにするのが筋というものです。

ただし、これがセキュリティ的に危ないよね、というのはあくまで私の憶測にすぎないので、そこだけはあしからず。(いやまぁしかし危ないとは思うのですが…。)

おわり