Moto Xを買わなくてよかったなと思った話

デザインの美しさだけについては、いまでも唯一iPhone並べるAndroid機だと思っている

随分と昔から私はMoto Xという米motorola社のMoto Xという機種に憧れて来ました。それが一世代、二世代、そしてstyleと言う名の三代目まで来てしまい、毎回結局あきらめるのです。

ちょっとがほしい機能が足りなくて、それでいて毎回ちょびっと高いので、日本で販売していないことも重なり結局買わずじまいでした。

デザインで言えば、Moto Xといえば、何よりカスタマイズ性が売りでしょうが、私にとっては最も魅力だったのは背面のカーブです。背面のカーブからの指置き。使うユーザーを完全に想定しきり持っていてかっこいいと思わせるあの感じはたまりません。

でも私はNexus6を買ったあるユーザーから、絶対買わないで正解だと言われました。彼曰く机に置いてタップするとかたかたするんだと。

いま現在私はNexus 5Xが壊れたのであるスマホを拝借して使っていますが、ようやくその意味がわかりました。それと同時に、現在頼んでいるiPhoneのことも気になりました。なにせカメラが飛び出てからはじめて買うiPhoneなんです。

でも友達のとかを使っていてもあまり気になりませんし、なによりNexus 5Xでもそんなに気になりませんでした。

やはり本体を持ちやすくカーブをつけると言うのはかっこいいですし実用性もありながら、ある種の諦めも含んでいる気がしてしまいます。

デザインは難しいです。